こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、ЯK、Tourbillon、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2017年03月01日

RK vs H.Hayama『人間失格』@Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

マウントレーニアホール渋谷☆ということで!
びよん10周年ライブ以来、1年半ぶりに当日午後休→新幹線移動→ライブ見る→夜バスで帰る→出社、という弾丸突撃をかまして参りましたよ……!!
なにしろ資金とか有休とか有休とか(苦笑)がほんと間に合ってない入社2年目なので、普段なら平日は基本的にスルーするように心がけているんですが、やっぱり人間失格とか無理……_(:3 」∠)_
特に古の炎とうたかたが好きなんだ……(謎の主張w

とか言いつつも、実はチケット当たるとか夢にも思ってなかったのは秘密。
おれのチケ運とかいうやつが本当に謎である。


そんな訳で、せっかく京都から乗るんだしと下鴨茶寮のおやさい弁当とほろよい梅(昼間だからこころもち自重したw)をお供に新幹線に飛び乗り、ごはん食べたら早々に寝てしまったよね……昨日安定の準備出来ないマンで3時間しか寝れなかったし、当然と言えば当然か……。

そして東京着いたら着いたでそのまんま大丸に行ってN.Y.C.sandに並ぶという、相変わらずなにをしに行っているのか分からない具合でどうもスミマセンw
わざわざ入場券買ってまでグランスタの鳴門金時本舗 栗尾商店にも行ったし、だから目的とは……/(^o^)\

その後は帰りの夜バスに備えて(?)ラウンジに荷物預けに行き、帰宅ラッシュが始まる前に急いで渋谷に移動。
正直申し上げまして、毎日電車通勤の大阪人だけど東京の電車の混みっぷりにはビビるしかなかったです。。。
東京駅で座れてほんと良かった……品川からなにがあったのかと思うほど人が乗って来てどうしようかと(笑)


ではでは、以下はようやくgdgdな感想文など。

先に申し上げておきますが、いつも以上に全くもってなにも『レポート』など出来ていません。
ほとんど自分語りなのでなにを言っているのか分からないかと思いますが、如何せん書いている本人がいちばんよく分かっていないので(苦笑)、お読みになる方は諦めの境地で生ぬるく見守って頂ければ幸いです。
本日の会場、マウントレーニアホール渋谷はマルキューの隣のユニクロの上にありました。
お友達を待ってる間、向かいのエクセルシオールで休憩してたら、急に雨が降って来てほんとりゅういちさん勘弁して貰えますかね……てなりましたよ。。。
なんで傘を東京駅に置いて来た私……。゚( ゚^∀^゚) ゚。


こちらは元々映画館だったそうで、椅子がそのまま映画館の椅子でした(笑)
でも、そのおかげでカップホルダーがあったのは有り難かったです!
ドリンクの種類もいろいろあったし、なんで私モヒート飲みながらRYU見てるんだろっていうね……最高かよ(^q^)←

ステージは結構狭め?キーボードいるバンドとかだと結構窮屈になりそうな感じでした。
その割には照明はそこそこ派手で、ストロボライトとかもありました。

今日は2人なので、下手側に葉山っちのキーボード?電子ピアノ??細かいことは分からないけど(すみません)とりあえずそれが1つと、真ん中にRYUのマイクとお水置きがあるだけだったので、ガランとして見えました。
あとなんか下手の隅っこにくまモンのおもちゃのピアノみたいなのが置いてあったんですが、あれはなんだったの??
見る限り一度も使わなかったので、お昼に使ったのかな?普通にかわいかったんですけど……??


――開演はキッチリ定刻でした。

最初に出て来た葉山っちは、白シャツに黒のノースリのコートみたいな形の長いジレ?ベスト??と黒の細身のパンツ、黒のショートブーツで、とにかく細い!(苦笑)
髪も少し短くしたのかな?きつめのパーマがかかってて色も暗め(ちょっとグリーンがかって見えた)になってました。

RYUは白シャツ黒ベストに短いシフォン?のリボンタイ??と変なところにタグが付いてる(笑)いつものダメージジーンズに黒のエナメルの靴。
髪はちょっと伸びたのかな?動くと97年の夏くらいのボブなんだかなんなんだかみたいな感じに見えたりしてかわいかったです。
でもあれ、上半身ガッチリしすぎててちょっとどうかなと……昔の逆三角形すぎる頃に近くなりつつあるような……お洋服が美しくなくなるから、あんまり大きくならないトレーニングして欲しいな……(ワガママすぎる。


以下、セトリに沿って覚え書き。
本当にレポじゃなくてただの感想文なので、なにも期待しないで下さいね……?


01. So Deep

同期使うって言ってたから分かってたのにもうごめん、最初の音聞いただけで震えたから無理すぎる((((;゚Д゚)))))))
あの衝撃の初日京都を思い出したよ……正直椅子いらん!(笑)
にしてもサビで手を伸ばすのとか、手振り込みでめっちゃ格好いいやんなにこれ!?
よく考えたら70曲の時も100曲の時も中盤以降にやってたから、こんなどアタマから全力なSo Deepとか心臓に悪すぎる……。

* MC

「こんばんは、河村隆一です」
「人間失格です。 ……ぼくじゃないですよ?アルバムがですよ?w」

……いや、うん。なにも言わないでおくね……。←

「今年はライフを使い切ることを考えてやっている」
「少しはみ出した人間失格を届けられると思います」

02. かけがえのない人

さっきの勢いから一転、優しく柔らかく始まった歌が大変心地よかったです。
とは言っても、盛り上がるところでは急に出力上がってうわあああああ!ってなるんですけどね……。
早速語彙力迷子。今日は多分ずっと日本語分からないんだろうなと悟った(ぉぃ。

03. 愛欲のまなざし

歌い出しだけで息が止まるやつ!!
途中、マイク離しすぎでもはやノーマイク状態だった……スピーカーと生声の謎サラウンドとかほんとやめてもらっていいですかね……贅沢すぎる(笑)

04. 古の炎

この曲の時だけ歌い方が変な感じになってて、ちょっと残念だったな……(´・ω・`)
キーが全体的に高いからなのかもしれないけど、それこそモノマネの人がやる、悪い意味での一般的な『河村隆一の歌い方』みたいで正直気持ち悪いとしか←ひどい。
後半はストレートな感じに戻っていたけど、大好きな曲だけに悔しい。。。

05. liar's hymn

マイクスタンドを立てて、その前で伸びやかに。
タイトルに違わず、賛美歌合唱とかそんな雰囲気でした。
それにしてもあらためてじっくり聞くと歌詞恐いw
なんで当時のツアーではやらなかったのかな……?

06. うたかた

だから座っている場合ではないと(ry
同期を一生懸命聞いているっぽいのに、サビの入りがgdgdになるあたりさすがのりゅういちさんクオリティwww/(^o^)\
歌い方はかなりロック調に寄せているのに、AメロBメロが本当に心地よくてほんともう好き!!ってなりました。好き。←2回言ったw

* MC

「ここからは葉山っちに書いて貰った曲を6曲やります」という説明からの流れで、葉山っちを相棒(と、RYUが言っていた)に選んだ理由とかを少し。

「葉山っちとは書く曲の種類が違うから一緒に音楽を作りたいと思った」
「音楽性が同じ人とはもちろんひとつになれるけれど、そればっかりになっちゃう(ニュアンス)」
「違っていたらガッチリ固まるか空中分解するかだけど、だから面白い」

それって全力るなしーですよね分かりました!www

そして私は、この会場のどこかにいるはずの某Hさん(←)にこの言葉が是非とも響いて欲しいな……と心から願っていました。
ツインボーカルの相方(笑)に対して「(音楽の)共通点がなさ過ぎてなんでおんなじバンドやってたのか分からない(ニュアンス)」とか言ってる場合ではないのですよ!?だから面白いんじゃないかー!!

――この話は本気で脱線してしまうやつなので、次行きますね。

07. Landscape

「2007年のORANGEというアルバムから」って紹介された時点で変な声を上げた私、もうイントロだけで涙が出て来て本当に大変だった……2007年のツアーはほんといろいろありすぎたし……今3月だし……もうやだ……(´;ω;`)
当時のように踊りたかったな……いつかORANGEのライブが開催されるなら、絶対立って見たい!(そしてYOUさんを呼んでくれなきゃ泣く。←関係ないw
そしてRYUはうたかた以上に入りが分からなくなり、♪りょうてー広げて青い空を〜♪が何回も♪……ぅてぇ広げてー♪みたいになっていたwww/(^o^)\
葉山っち……怒ってもええんやで?←

* MC

「2011年のFantasiaというアルバムから2曲聞いてください」
↑これ以外が全然思い出せない件……。

08. こもれび

あああああああFantasiaのツアー思い出すううううう!!
楽しかった思い出が溢れ返って、目の前の歌と相まって満たされていく感じ。
それにしても慶くんのことばっかり思い浮かんだのは一体なんだったんだろうか……??

09. 想いそのままに

このあたりまで来ると、少し声が掠れて来ていたような……(´・ω・`)
ライフを使い切るっていう挑戦は分かるんだけど、それと無理することってイコールなのかな??
どっかで「喉も使って鍛えてかないと」みたいにな話もしてたけど、うーん……。

* MC

「当時ライターさんに『失恋してますか?リアリティが大事ですよ!?』と言われた」
「失恋くらいするよね?」
「なんで喧嘩売られなきゃならないんだと思ったw」←おいこらwww

10. Missing you

イントロからして葉山っちのピアノがとっても優しくって逆に違和感。とか思ってたら、RYUの歌も柔らかくてますます違和感が(笑)
なんかこの曲ってものすごい負の毒気を放ってた記憶しかないのに、そんな優しく包まれましても……なんて意味不明な困惑さえ覚える始末。
しかも、最後のサビで歌の長音の裏に入ってる叩くようなピアノのメロディ(伝わるかなこれ……)が大好きなのに、それすらも優しい音階になってたのはほんとビックリでした。

* MC

「今日歌ったREALなんかもそう、みんな心の中に冷たい雨が降っていて」
「Cold Rain、そしてBrainと2曲続けて行きます」

え!?今なんつった??(゚Д゚)
は?ぶれいんって聞こえたの気のせいじゃないよね??
ってなってるうちに曲が始まってしまった……。

11. Cold Rain -冷たい雨-

サビの♪誰もが同じ重さの魂を♪ってとこで、心臓を手のひらで支えてる(持ってる??)ような仕草がとっても印象的でした。
歌メロもさることながら、ピアノメロが本当に美しくて至福でした……葉山っち、本当にありがとうね。

12. Brain

いや待ってほんとにBrainだったんだけどこれなんで座ってなきゃいけないの意味わかんないんだけど!!!
立たせろ!跳ばせろ!!踊らせろ!!!てなりましたよ……座ったままRYUのシャウト聞いてる意味が分からんすぎました。
ある意味罰ゲームのレベルなんだけどまじで!。゚( ゚^∀^゚) ゚。

それにしてもまさかのFantasiaから3曲目とか……私がFantasia厨と知ってのおもてなしですか……好きすぎて生きるのが辛いし座ってるのも辛いwww
いつかFantasiaのライブが開催されるなら、もうオールスタンディングでもいいよ……(言いすぎ。

* MC

ここではピカレスクの話をいろいろと。
一部大問題発言ぶちかましてました(内容は書きませんw)が、東京都民なんだったらちょっとくらい言ってもいいかなとか思ったのは秘密。都民かどうかは知らんけど。←

「映画に出なかったらこのアルバムは出来なかった」
「原作者の猪瀬直樹さんは太宰他殺説を推している方」
「玉川上水にも下駄が引きずられた跡があったとかなかったとか」
「本当はどうだったのかは太宰にしか分からないですけどね」
「良い経験をさせて頂いたと思ってる」

あんな季節に川に入ったせいで城ホのライブが大惨事だったことは未だに恨んでるけど(こらこら)、あの映画は私達にもいろんな意味でたくさんのモノを投げ込んでくれたなと思います。。。

「この曲はスタッフにも人気のある曲です」

だからいつも客出しSEなのかな?
人気あるならもっと軽率に歌っていいんだよ……??

13. Stop the time forever

生で聞くのが最早いつぶりか分からないんですけど……JACK IN THE BOXのユースト配信で号泣したのは鮮明に覚えてるんだけど、真面目に思い出せない……。
そう言えば初披露って大阪のリベンジ厚年だったな……って何年前だよ……(((・・;)

それにしても入って来る『気』が全力で重い……感動とかそういうんじゃない……。
サビももちろんなんですけど、Aメロとかの方がなんかぐぐっと胸の奥になにかが詰まる感じがしました。
おかげさまで、曲終わりでRYUと葉山っちがはけてくのにもなにも対応出来ないくらい呼吸が苦しくて大変でした。
リアルに動機息切れが激しくて訳が分からないんですけどどうしたら……(大丈夫じゃなさすぎる。


* Encore *

程なくして2人で登場。
特にお着替えとかはしてなくて、葉山っちをまた紹介。
何故か今日は「はやまひろあきさんです」っていうのがなんかよそよそしくて面白いw
それから葉山っち、スタッフさんと拍手した流れで、ずっと同期を出してくれていたマニュピレーターの方を紹介。

「くまちゃん?」
「くまちゃーん」
「あれ?くまちゃんどこ??」

くまちゃんさんすごい探すやんwwwと思って振り返ってみたら、PAさんのトコにいた若いお兄さんが両手で×してて笑ってしまいました。
そうこうしてると、下手側後ろのドアからくまちゃんさん登場w

「あ、いた!くまちゃんです!!」

手を上げて反応して下さるくまちゃんさん。

「いつもはドラムのところにいて〜(この間忘れた←)〜職種を広げて頑張ってもらいました」
「しょくしゅ、って言ってもこっちの(左腕を頭の辺りでひょろひょろっとする)触手じゃないよ?」

え?ごめんなさい全力で間違えててwww/(^o^)\
あとからフォロワさんが「触手じゃなくて触覚かもしれない」とおっしゃっていて、あ……てなりました。
そのようなアレな触手しか思い浮かばなかった私は心が荒んでいるのかな……(トオイメ。←

「葉山っちのピアノだけでもいいんだけどねー」←ここで会場拍手。
「え?それもいいかな?」

……うんうんうんうんうん(エンドレスヘドバン同意w

「まぁ、ここからは2人だけなんだけどw」
「彼があそこにいるってことは、ここからは音は出ませんwww」

EN.1 Once Again

タイトルコール、「わんす……」と言い切らないうちから変な声を上げた私とお友達がOnce Again芸人すぎて本当にすまなかった/(^o^)\←
もうこの頃になると、ありとあらゆる生気を抜かれてただただボーゼンとステージを眺めている自分がいました……。
Landscapeやった日にOnce Againとか思い出が溢れすぎてもう駄目だ……。・゜・(ノД`)・゜・。

* MC

「最後はこの曲にしました。聞いて下さい」

ここに鬱曲持って来るりゅういちさんのセンスがもう←
先日TLでも盛り上がったけど、ほんとバニラの病み方ヤバい。
人間失格はコンセプトとしてそうあるべきだからいいんだけどまじバニラ……(´-ω-`)

EN.2 おやすみ

ってことで優しく歌っておられますが、高音多めなので少し固い声に聞こえる部分もあったり……(´・ω・`)
最近、最後に「おやすみ」って囁かないよな……と思っていたら、曲終わりで「おやすみなさい。おやすみー!」って言って帰って行ったのはちょっと笑ってしまいました(笑)

……が。

いろんな曲の毒気(←)に中てられたのか、全部終わってもしばらく立ち上がれなくなる大事件。
魂抜けてるとかじゃなくて変に息苦しくってしょうがない。
正直、この感じは今までLSのライブでも陥ったことのないやつだったので、リアルに恐かったです。
まじでなにを発してんだろうかあの人は。。。


とにもかくにも、今日は本当にありがとうございました。
ゴリ押しで無茶をしてまで東京に来て本当に良かったです。


去年の深愛ライブの時もRYU自身が「久しぶりにアルバムを聞くと思い出すこともある」と言っていたけど、コッチ側からしたらむしろそれ以上に思い出すことしかないわ!と思いました。
「あの時あの場所では隣に誰々がいてくれて」から始まって、本当にたくさんの思い出が一気に溢れ出て来るっていうか……。

だからこそやっぱりちゃんとレコ発(って今は言わないのかな?)ツアーはやるべきだと思う。
悲しいことに、私にはNever fearに関する思い出がほとんどと言っていいほどない(´;ω;`)

逆にORANGEとかはほんと無理かもしれない……YOUさんの夏に降る雪……(待て。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲