こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2016年02月20日

SIAM SHADE 20th Anniversary year 2015-2016『The Ultimate Fight Series』@Zepp Namba

SIAM大阪!\(^o^)/ついにこの日がやって来てしまいました……。

ツアーが始まってから此処まで、早く見たいけど来て欲しくないっていうのが本音で……前日の夕方くらいから緊張のあまり吐き気に襲われていたとかいうどうしようもない有様でした。

ほんとに好きなんだよ……。
堂々と『唯一無二にして永遠の2番手』とか公言しているから、2番目の癖に!と思われるかもしれませんが、自分の中のこの地位は他のなににも代えられないんだ……。
この子たち以外に有り得ないんです……ライブ中、ある意味LSよりいろんなものが吹っ飛んでるのってこの時だけなんだよ……。゚(゚´Д`゚)゚。

などと、完全に闇堕ちモードで迎えた当日。
お昼済ませて13時ごろ会場着いたら、まさかのどしゃ降り&傘が曲がりそうな突風とかいう超悪天候に見舞われまして……逆に元気が出ました(ぇ。

……いやほんとにね。
そんなところまで隊長様に倣わなくていいんだよ?栄喜。←

/(^o^)\

でも物販は思った以上に並んでなくて、30分程度で頼まれものも含め必要なモノを無事げっとん。
Tシャツがシルバーの箔押しみたいな仕様だった+何故か2013年ツアーの売れ残り(こら!)のキーホルダーくれるとか言うから、うっかり大阪限定色のを買ってしまいましたが反省はしてません(笑)
勿体ないので、LSの城ホTシャツと共に永久保存したいと思います。←


ではでは、以下はいよいよそんな日の思い出綴りなど。
なにしろ書いてる人がSIAMにおいては『ツインボーカル至上主義でKAZUMAファン』とかいう謎スペックの持ち主なので、あっちこっちいろんなものがだだ漏れになってます(あ、腐的な意味ではありませんのでメンズもご安心下さいw←)が生ぬるく見守って頂ければ幸いです。。。
本日の整番は1200番台。
……まぁ、私に至っては外してますがなにか?

_ノ乙(、ン、)_←

実はなにげにものすごーーーくチケ相性の悪いSIAM、私個人では2013年から大阪3戦2敗という大惨事でございまして、本当この呼ばれてない感は一体。
いいんですけどね!中に入れればなんでも!!

ということで、寒いし雨だし真ん中より後ろだし、ゆっくりめでいいんじゃないかな……と思い、オープン15分後くらいに会場戻ったら……既に1500番くらいを呼んでいたなどwww

ちょ、早すぎだろ!!/(^o^)\

びっくりしつつもとりあえず上着をロッカーに入れ、慌てて中へ。←この時点で呼び出しは1700を超えていたw
その割には呑気にトイレに行ってから適当に場所を見繕っていると、4〜5ブロック目くらいが比較的空いていたので、その辺りのブロックの最後尾なっちん前くらいに待機。

開演はほぼ定刻に影アナ→SE変更→客電落ちる、の流れに5分もかかってなかったと思います。
影アナからの展開早いわー(笑)


てか客電落ちたらいきなり両サイドから人がなだれ込んで来てワロタw
隣に来た女の子がメガネ落としてびっくりしたけど、無事な姿で回収出来たみたいで良かったです。

Opening SEはやっぱりJUMPING JUNKIEのあれ!!
そして最初に出て来たKAZUMAの姿を見た途端、さっきまでの鬱モードが吹っ飛んだとか……ほんと私ってばゲンキンな奴だわ……/(^o^)\

そんなKAZUMAは全身黒コーデで、髪がめっちゃ伸びてました。なのにプリンじゃないのは一体。
淳士くんは短くなったオレンジ髪が鮮やかで、メガネはなし。
なっちん先生は安定のノースリで、DAITAくんはワインレッドのシャツ。
そして最後に出て来た栄喜がなんか謎のファーを装備してて、また変な格好してる!ってなりました……なのに格好いいのは体格マジックなのかな?(笑)

さて1曲目!!
当然ながらJUMPING JUNKIEで、もう本当にアガりすぎてモッシュ始めたくなる勢いでしたヤバい……!
しかもまわりが歌いまくり跳びまくりだったので、私も遠慮なく声出しまくっていきなり喉が。←
普段LSライブとかで初っ端から全力で歌うとかほぼないからな……。

ちなみにこの時点で既にメンズの壁に阻まれ、DAITAくんが視界に入ってなかったなど。゚( ゚^∀^゚) ゚。
大体KAZUMAとNATCHIN、時々淳士くんと栄喜、みたいな感じ。
いやいやおまえが上手見すぎなんやろ!?というツッコミはお受け出来ません。事実なので。←

で、2曲目がNo!Marionetteで、イントロの数音だけでリアル絶叫しました。まわりの皆様、うるさくって本当にすみませ……ん……_ノ乙(、ン、)_

でもだって!嬉しすぎたから!いつになったらこのみち(歌詞表記は『首都高』だけど、大阪人的には阪神高速かなw)料金要らなくなるんだー?って叫び歌うよね!どんな歌詞だよwww
でもその後の♪頑丈なブレスレット!(表記は『手錠』だったりするお察し下さい←)でクロスやってる人いなさすぎて悲しみ……もっと言えば♪大粒の雨に打たれて〜で手を広げる人もほぼ見当たらなかった。何故。。。

あと多分この曲で、2013年のZepp DiverCityのRAINみたいな「あ、前スミマセンw」コント(笑)が上手で繰り広げられていた件!
今日は栄喜がNATCHINとKAZUMAの前を身体低くして横切ったら、KAZUMAが栄喜の顔を覗き込んで2人で笑ってました……ヤバいなにこれ早速かわいすぎかよ……(*´д`*)

此処で最初のMC。
「大阪久しぶり!待った?」とか言ってたと思う。
「大阪らしく盛り上がって行こうぜ!」とも。
また来てくれてうれしい反面、また最後かもしれない寂しさもあって、MC聞くとちょっと落ちる……(´・ω・`)

でもでも、次がLOVESICK〜You don't know〜だったので、まぁ最初っから大合唱ですよねw
てかさすが上手側……まわりKAZUMAパート歌いすぎ(笑)みんなほんとはKAZUMAのこと大好きなんだろ!?素直になれよ??てなりました(なに言ってんだ。
今日はマイク音量も2人の息もぴったりで、なんならフロアのハモリも完璧で(笑)気持ちよく熱唱してました……2人がっていうよりかはむしろ客が。←
この曲のこの展開って、ある意味SIAMライブの醍醐味かもしれません……笑。

続けてはたまアリでもびっくりした1999来たあああああ!!
1音ずつ歌うとこもサビも完璧なツインボーカルでほんまに幸せすぎた……終わってからお友達と話してたけど、当時はなんか首振り人形みたいに2人ともマイクから自力(笑)で1回ずつ口離してたのに、今日はずっと前向いてたからすごいなーと。
あと♪まるで話にならんぜ〜!ってトコだけフロアのテンションMAXになってるの面白すぎた……すごい分かる……。
個人的には、ラスサビ終わりの掛け合いのところのKAZUMAの伸ばす音の歌い方が好きです(*´ω`*)←出たな変態。

そしたら次曲がブランコで、リアルに変な声が出たなどw
やるの知ってたけど、いざ目の前で始まったらなにが起こってるのかよく分からなすぎてしばし固まったレベル……。
ギタメロが印象的でなんか濃い青色のイメージなんだよな……と音と歌に浸ってました。名曲。

その後のMCでは、栄喜が喋りながら自分の青いマイクスタンド見て、「これ曲がってるね?俺ハルク?(←誰?なんの人??)かな?」とか言ってました。
栄喜のマイクスタンドって自作なのに曲がっちゃって残念ね……(´・ω・`)

曲はBLACK。
このセクションでKAZUMAのアクリル透明ワーロックキタコレwww
あの形、ただでさえ重いのに(弟がワーロックのベース持ってた)アクリル板で作るとかほんまにアレですよねさすがかづまさん!(褒めてるつもり←
音は他のに比べてノイジーな気がしたんですけどそういうモンなの?
さっきのMC中に音楽用耳栓入れたら急に音の分解能が良くなって、DAITAくんとKAZUMAのギタメロがすっきり聞き分けられるようになったんだけどこれなに効果なのかな……?

なんて思ってたら次がNEVER ENDで、あまりにも聞きたかったすぎてちょっと泣きそうになりました。
今やったら絶対格好いいと思ったんだよー!
昔に比べて大人の色気(?)上乗せで、歌も音も本当に素敵だった……堪らん好き(*´艸`)

続けてはグレイシャルLOVE。
え?ここで!?って言うのが正直な感想だったけど、毎度隣のドナルドおじさんが大変聞きたがっていたので良かったなーと。
フロアも安定の大合唱で本当に楽しかったです。というか後ろの柵にいたお兄さんたちが、歌うところと聞くところをきちんと線引きしてるっぽくて、なんて素敵な人達なんだよ……と勝手に思ってました。
おかげさまで楽しい時間を過ごせました。知らんし!だろうけど、本当にありがとうございました。

あと、KAZUMAが透明ワーロックに変えてからことあるごとにストラップをいじっていたので、やっぱり重いんだろそれ……と心の中でツッコんでいたのは秘密。←

そこからIMITATION LOVEで、これをバラード的な扱いの部分に持ってきたのにはびっくりでした。
最初のAメロ、ギターパートないのかピック持ったままマイク支えてたKAZUMAが妙な色気振り撒いてて、あの子なんなんだろ……と真顔になりました。←
マイクに近づく口元だけでエロい(変態)歌いながら身体捻ってるのもひたすらエロい(やっぱり変態。
大変ご馳走様でした……ほんとにもう……ナニゴトかと……(*´д`*)

その後はSIAMライブの真骨頂(?)のひとつ、インストパート!
DAITAくん曰く、『TUFS』だっけ?
Triptychから始まって、いくつか別の曲のイントロとかギタソロとか繋いでいくやつだったんですけど、コレ全然あってる気がしないので勘弁して下さい!

覚えてるのは、
・DAITAくんのギターが青色で、KAZUMAはシルバーラメサンバーストにふちパープルのやつ
・最初の方にLOVE IS POWER
・I am Iで盛大にとっ散らかってたKAZUMA/(^o^)\むしろこの曲歌ってくれ頼む
・BLUE FANGのイントロとギタソロ
・CUM WITH MEのギタソロのDAITAくんの音が綺麗すぎた
・どこか忘れたけどNATCHIN先生の見せ場があった
・MOONの歌メロをDAITAくんが弾いてた
・淳士くんドラムソロ、手拍子のトコ極端に早くしたりゆっくりにしたりしてた(笑)
・ビジョンもないのに自分カメラで髪の毛なおす淳士くんかわいすぎか(n*´ω`*n)
・てかドラミング止める時の仕草が本当に真ちゃんとそっくり!
・DAITAくん「盛り上がって行こうぜー!」とか叫んでた。
・Triptychに戻ってのかづまソロ?パート以降、KAZUMAがボディに仕込んだLED光らしてて爆笑wさすがです!

此処で栄喜が戻って来たら、マイクスタンドが青から赤に変わってました。

曲はアドレナリン。
Aメロの♪手を掲げて自由を〜♪のとこで手を前にかざしてたKAZUMA格好良すぎた!のに、♪不確かなもんで〜♪の後に聞こえるコーラスの〜Monday♪がどうしても♪もんでぇ〜♪に聞こえてしまって笑っててごめん……。
てかこんなに目まぐるしく展開の変わる曲だったっけ……と結構忘れ去っていた(こらこら)のもあって普通にびっくりした。
途中ラップだのシャウトだのやりたい放題で、そりゃあこんなのシングルで出してたら売れるワケないわな……っていう(言うな。

この後、「15年以上も前の曲なのにこんな盛り上がってくれて……」ってMCから「格好いいから仕方ねぇか」とか「まぁ15年前だよなって曲もあるけど」なんて愉しそうに茶化してたけど、そうじゃないだろ……って思わずにはいられませんでした。
こうやって5人でまた音出してるのに、なんで新しい曲作ろうって思えないんだろう……栄喜まえに自分で言ってたじゃない、「1人では歌えない曲とか作った」って。
きっとなにか事情があるんだろうけど、どうにも悔しくて思わず「じゃあ新曲作れよ!」って声に出してしまいました……本当にやりきれない!。゚(゚´Д`゚)゚。

などと落ち込んでいる場合ではないぞ?と言われてるかのように(笑)次はPRIDE。
まさかのたまアリでやらなかったから、すっごい久しぶりな気がするw
そう言えばギタソロ後のサビで『どんるっばっ!』の後に自分も『Don't Look Back!』て1回叫んでた栄喜は、間違えたのかワザとなのか……十中八九間違えたんだろうな、と思ってしまった私を許しておくれ。。。←

続けてはFly High。
栄喜、ちょっと高音キツそうかな?って感じだったけど頑張ってました。
あと、この曲でNATCHIN先生とKAZUMA(と、たまに淳士くんも)がやたらアイコンタクト取っては笑いあってて、はいもうこれチームB3(かづまさん命名)最高かよ!ってなりました……かわいすぎる……(*´ω`*)

そこから急に1/3の純情な感情が始まってまたびっくり!
今回わりとセトリに組み込んで来る曲の『位置』が今までと違う感じだなと思いました。
あと、近くにいた若い男の子達がとっても喜んでて、やっぱりヒット曲ってか代表曲ってすごいよね……と思ってしまったォバンギャですどうも。
サビ前3回目も2拍打ってる人とかいると、ほらご新規様いらしてるよ!最後とか言ってないでちゃんとやろう??って思うんですけどどうですか!!ほんとに!!!(必死。

続けてはRAIN。
たまアリで予想の斜め上すぎることに聞けなかったので(笑)最初のギター数音でアガりまくってたのに、どアタマの栄喜のシャウトのトコでKAZUMAがギター持ったまま開脚ジャンプキメてて、あまりの格好良さに死ぬかと思ったよね!なんだよあれ!!好き!\(^o^)/

どちらかというとボーカリストとして好きだとは言ってるけど、こういうの見ちゃうとロックギタリストKAZUMAもやっぱ好きだなーって思う。
あの芸術的に美しくてパワフルなヘドバンは一見の価値ありだと思うし、なんであんなに頭振りながら弾けるのか謎だし、そもそも踊りながら弾くってなんなのって話だし、ああもう好き!(落ち着け。

あと、何回目かのサビで栄喜がマイクスタンドごとマイクをフロアに伸ばしてたのかわいかったし、とっても楽しそうな笑顔でほんと良かった……(n*´ω`*n)

その後は声出し煽ってD.Z.I!
はいはいはいはいもう全く前が見えてませんがなにかー!?
NATCHIN先生とDAITAくんの男っぽいシャウトが響く中、KAZUMAはマイクには見向きもせずにあちこち煽っては頭振りまくってて大変通常営業でした(笑)
片足でくるくる回りまくってたのもこの曲かな……?
気付いたらKAZUMAのマイクはNATCHIN先生が占領してましたよねw
あと、意味不明な動きしながらでも不思議なくらいちゃんと弾いてるKAZUMAにはほんまにびっくりする……だからどうなってんのあの子……(((・・;)

本編ラストはGET A LIFE。
此処でようやくDAITAくんがセンター辺りにやって来てなんとなく顔が見えたよヤッター!\(^o^)/←かわいそう。

そして最後のBメロ終わりのキメ部分(♪love and hope!のとこ)で、上手側の自分のモニターに足掛けた栄喜と、それにちょっと腰落として背中からもたれかかるようにしてたKAZUMAが、ブレイクに合わせて同時に正面向いてポーズ決めたのまじ戦隊ものかよってくらい完璧で私は!ほんとに!!しぬかと!思いました!!!\(^o^)/

いやほんとあの画は構図的にも非の打ちどころがなく最高だった……タッパある栄喜と少し屈んだKAZUMAの身長差とか、ギターと2人の腕の位置とかもほんとに……瞼にシャッター欲しいと本気で思った!(笑)
どなたか……あの瞬間見てた神絵師様とかおられませぬか……画像としてお見せしたいよ格好良すぎたよ……(*´д`*)


……正直なところ、本編のみで既に燃え尽きそうです……あっちこっち爆弾投下されすぎや……てかのど痛い……_ノ乙(、ン、)_←完全に叫び過ぎ。


それでも当然、アンコールも頑張ります!(笑)

みんなそれぞれツアTにお着替えしてたんですけど、なにはさておき栄喜が裸パーカーで笑うしかなかった件www←
なんで?どうした??
しかも真ん中くらいまで開けてアクセつけてたから余計になんか……なのに残念ながらあんまりえろくないのは……(ぇ。

KAZUMAは赤のツアTにパーカーまで着てたけど、終わるころにはパーカー脱いでました。いつの間に??
DAITAくんは赤のツアTに黄色リスバン。
NATCHIN先生は赤のツアTをノースリに。近くのメンズが「ナッチン袖ないwww」って何回も言っててワロタw
淳士くんはSIAMロゴTシャツの襟切ったやつに黒ぶちメガネ装着してました。

それから栄喜が大阪限定タオルを「阪神タイガース色ね」とか言い出して、やっぱりか……ってなりました。
その流れで、栄喜が笑いながら「DAITA的に大丈夫なのかなって」とDAITAくんに話振ったなと思ったら……「DAITA結構似合うんじゃないかなー」とか言い始めて、DAITAくんの肩にあのタオルかけちゃった……!(゚Д゚)
栄喜は「なかなかこの色合いのDAITA見れないよw」って笑ってたけど、DAITAくんが素直に嫌そうというかほんとなんとも言えない表情浮かべてて爆笑でしたwww止めて差し上げろwwwww
その後、タオルを回収した栄喜は何故か六甲おろしの♪はーんしーんたいがーす♪のとこだけ歌ってました……なんだあれかわいすぎか……_(:3 」∠)_

アンコール1曲目はStill We Goでした。
♪これが最後で構わないから〜♪の部分でうっかり涙腺崩壊しかけたよね……。
最後とかまじ認めないから……いつとか決めなくても、思い出した頃にまたやってくれたらいいから……お別れとか聞きたくないよ……私にとっても『たったひとつのSIAM SHADE』なんだから……!。・゜・(ノД`)・゜・。

続けては、曇りのち晴れ。
実は個人的にめっちゃ思い入れのある曲なので、久しぶりにやって貰えて嬉しかったです。
KAZUMAパートもよく聞こえたし、フロアの大合唱も勝手にパート分けされててみんなすごいな……っていう(笑)

その後、「あと数曲……」ってMCにフロア中から大ブーイングが起こって、
栄喜「そんなのずっとやってらんねーだろ!1週間とかやんのかよ!」
客  \うおおおおおー!/
栄喜「いやいやいや無理だろ!」

……待って。なんでそんな飛躍した?
極端すぎるだろ……栄喜らしいと言えば栄喜らしいけど(笑)

「あと数曲、盛り上がって行こうか!」って煽られて、いよいよ終わりが近いことを実感したのもつかの間。
始まった曲がまさかのCAN'T FORGET YOUで一瞬にしてアタマぱーん!\(^o^)/しました(笑)

なのに、此処でさらに(私に←)追い打ちをかけるかのような大事件が!

Cメロ前のトコでKAZUMAが栄喜を呼ぶ
  ↓
栄喜が近づいてったら「一緒に歌う?」みたいにジェスチャーした癖に、栄喜だけじゃなくて何故かKAZUMAも照れ笑い
  ↓
その流れで目線合わせたまま歌おうとして、恥ずかしかったのか栄喜の声が思いっきりひっくり返る
  ↓
フロアからえー!とかツッコミが入る&爆笑される
  ↓
KAZUMAも「間違えてやんのー!」と言いたげに栄喜を指差して爆笑
  ↓
その癖自分パートはしっかり歌うKAZUMAwww←あの子この辺ちゃっかりしてるなと思うw

……ごめんちょっともう意味が分からなすぎてリアルに天に召されるかと思った……ニホンゴ喋れないしまぢ無理。。。O(:3 )〜 ('、3_ヽ)_
ぶっちゃけ栄喜とKAZUMAが目を合わせただけで喜んでた時期もあった(しかも萌え云々とかじゃなくてわりと笑えなry←)のに、これは夢か……ツインボーカリスツどうした……。

(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)

とまぁいろんな意味ですっかり瀕死な私ですが、どんてる前の声出し煽りの最後に今度は栄喜がKAZUMAにマイク差し出して、KAZUMAが「来い来い来い来い!」叫んだのにはもう興奮とかなんとかとかまで全部吹っ飛んでリアルに気が遠くなりました……。

なにこれ……まじ白昼夢かよ……そんなバカな……_ノ乙(*、ン、)_←

おかげさまで大ラスのDon't Tell Lies、テンション振り切れ過ぎてかいつもにも増して本気で頭を振ってしまい、ほっとんど記憶がアリマセンw

いつの間にかNATCHIN先生が脱いでた
ギタソロでDAITAくんがセンター超えてNATCHINの立ち位置くらいまで来てくれた
相変わらず芸術的に美しいヘドバン&ダンサブルな動きを披露するKAZUMA
Aメロで立ち上がる淳士くん
あと栄喜のデスボイス……

以上です(ぉぃw←


最後はもちろん、記念撮影と恒例のアレ。

写真撮る時、DAITAくんが「せーの、さん、にー、いち……」ってマイクで言ってたのがかわいかった(笑)
そしてUPされた写真のツインボーカリスツが2人違う意味でアレなことになってて腹筋崩壊した……まじで勘弁してくれってか愛しい。。。←大丈夫か。

それから締めのご発声を頂きまして、この時下手側に並んでたDAITAくん、淳士くん、KAZUMAが手繋いでてかわいかったー。
というかなんでかづまさん真ん中にいるの(笑)


その後はメンバーを見送りつつ(この時、NATCHIN先生がSUGIちゃん並のペットボトル遠投を披露していたw)、Dear...の大合唱……。


私はやっぱりこの空間が好きです。大好きなんです。
5人が作る音も、景色も、空気も、全部が全部他にはない『たったひとつのSIAM SHADE』だから……。

お願い。
最後だなんて言わないで。
例えほんとに最後だったとしても。
いつかまた、同じ瞬間を時代を過ごせる奇跡に巡り合える希望が欲しい。

「みんな、生きて下さい」

2007年の日武でそう言ったのは他でもないあなた達だから。
SIAM SHADEも、SIAM SHADEとして、生かしておいて下さい。


……わたし的には残りあと2本。
全力で行かせて頂きます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲