こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、ЯK、Tourbillon、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2014年09月07日

LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE TOUR『THE LUNATIC -A Liberated Will-』@静岡市民文化会館(2日目)

ついにやって来てしまいました、自分的ツアー前半戦ファイナル。
なんか……大学生の頃以来に『ツアーを回る』ってことをやったからか、本当にさみしくて始まって欲しくない気さえしてしまいます。

さわやか♪そんな日のお昼は、いのうえさまのツイで奴隷内で一躍有名になった?さわやかでハンバーグをいただきました☆
まんまるいボールみたいなハンバーグを店員さんが目の前で2つに割ってくれて、鉄板にぎゅうぎゅう押し付けて焼いてくれるんですけど、ヤバいこれめっちゃ美味しいよ!!
正直、11時過ぎからハンバーグとか重すぎるかな……とも思っていたのですが、おいしさのあまりあっさり完食してしまいました(笑)
てかごはんとスープと飲み物までついて1000円とかおかしくないですか?
ハンバーグもビーフ100%ですよ?(しかも小さい方でも200g)まじ静岡ヤバいな!(Jさん風。←

ななや♪その後はお友達が物販行ってる間にお土産とか見て、再合流してから今度は抹茶ジェラートのお店へ。
私は抹茶のNo.4と玄米茶のジェラートにしました。
4ばんくらいだとちょっと渋みがきついかな?くらいで美味しく頂けました。7とか、色がすごいことになってたもん。。。
玄米茶のもめっちゃおいしかったです。玄米茶独特の香ばしさが思った以上にガツンと来るというか……個人的にめっちゃ好きな感じの味でした。
あーしあわせ

……えっと。
そろそろお気づきかとは思いますが、完全に目的を見失いつつあります(笑)

最後はお寿司!更にはライブ後は静岡駅のお寿司屋さんでお寿司テイクアウトして帰るとかね……もうほんとただのグルメ旅状態。
しかも帰りのこだまがN700A(後から調べてみたら、改造型と呼ばれる方だった模様。)で、わたし鉄ヲタでもなんでもないけど妙にテンション上がりました。
だからなにしに来たんだよ。。。←


ではでは、以下はやっとこ(苦笑)自分的ツアー前半戦ラストの感想文など。
もはや注釈不要かとは思いますが、今回も生ぬるく見守って頂ければ幸いです。
本日のお席は18列目のドセン。
多分ですけど、前後の位置も結構な真ん中なんじゃないかと……まさに会館の中心で愛を叫ぶ(なんなの)状態でございます。
とはいえ段差もソコソコあって思った以上に見やすいし、座席スペースが狭めなせいか体感距離も十分近かったです。

こっ、こんな良席(RYUスレ的に)で最終日とか……ほんとお友達に大感謝です。←またしても自分で取ってない人(笑)


ちなみに今日はまだ伊藤さんがスタンバイされてない時から手拍子始まってて、やっぱ今日最終日の人多いのかなーと思いました。

そうして昨日よりちょっと遅めだったかな?おそらく10分押しくらいで客電が落ちました。

お衣装、RYUのインナーがこないだまでアンコールで着てた紫×黒のシャツになってたー。
そしてSUGIちゃんのギターがキングギドラギターじゃない(´・ω・`)
まさかLOVELESS始まりの方がレアとか、倉敷の時は思いもしなかったわ……。


ということで1曲目はDejavu。
今日でしばらく打ち止めなんで、遠慮なくヘドバンいかせて頂きます!(笑)
ってか相変わらず空調効いてない暑い!。゚( ゚^∀^゚) ゚。
昨日と違ってそこまで照明がダイレクトに当たる訳じゃないから随分マシだけど、なんでこの会場こんな暑いの??

そして2曲目のPRECIOUS...の特効に全然慣れないんですけどどうしたらいいんですかね……こんな離れてんのに毎度毎度めっちゃびっくりしてしまう。。。
♪第三の言葉♪で手で3するのは慣れて来て、笑うどころかむしろあてつけかのように真似してやってるのに(やめなさい。

此処で最初のMC。
昨日に引き続き、最初はちゃんとしたご挨拶と「昨日より盛り上がっていこうかー!」的なやつでした。

曲はDESIRE。
初っ端からすぎりゅちゃんのターンでした。
DESIREはREWのイメージのせいかココが絡んでないともはや違和感すら覚える件(笑)

その後は久しぶり?(個人的に)なTRUE BLUE。
今日はBメロでRYUがそんなに荒ぶってなくて安心して見れました。青い照明がとってもキレイ。

そこからFACE TO FACEキタ――(゚∀゚)――!!
今日はお席がドセンだったので、前方でドヤってベース弾くJくんと首取れそうなヘドバンしてるSUGIちゃんが両方ともよく見えました☆
そしてRYUの手振りがやっぱり好みで(*´Д`*)ってなる……あの顔の前に手を持ってくるポーズ、ほんまテッパンやわ……。
歌声もえろいしってか低音(*´Д`*)'`ァ'`ァやしほんと……ありがとうございますごちそうさまです←

次のMCではLUNA SEA25周年の話から、「25年前に音を出し始めた時に、この5人ならうかてる、残れると思った」的なことを言っていて、『うかてる』??ってなってたら『浮かべる』だったんですね……『勝てる』を噛んだのかと思ったよ……ごめんRYU。。。
あと、いつも「初めて来た人ー?」ってRYUが聞く時に「ずっと見てくれてる人ー?」とも聞いてくれるんですけど、自分が『ずっと見ている人』に入るのかいつも悩む……私の年代で96年からのSLAVEってどちらかというと珍しい部類(MOTHER期からの人が多い)なんですよね。。。どうなの??←

その後は「アルバムから送ります」みたいなことを前置いてから、銀ノ月を。
えっと……銀ノ月って序盤はレア曲扱いじゃなかったでしたっけ?
私何故かこの曲に当たりまくってるんですけどなんなんですかね……いや好きだからいいんですけど……てかMARIA……_ノ乙(、ン、)_
でもあの白いライトがゆるやかにステージを撫でていく景色をなかなかの特等席で見れたのは良かったです。
曲と相まって、本当に月の光に照らされてるみたいな感じでした……なんていうか、RYUがやたらと美しく見える(大丈夫か。

それから代々木や倉敷の時と比べると随分コンパクトになった印象のあるSUGIちゃんソロタイム(?)を挟んでGlowingへ。
今日はこれまででいちばん音のバランスが最高な席だからか、さっきから1曲やる度にその世界に吸い込まれて行くような心地がしてヤバい……特にA WILLのアルバムの曲は自分の中でもまだ咀嚼中なだけあって連れてかれる感がハンパなく気持ちイイです(●´ω`●)
後半戦でも1公演くらいは会館の中心(笑)当たらないかなー。この心地良さはアリーナクラスでは味わえない感覚な気さえするもの。

なんて、本日も上手が2人して大変えろーいんぐなGlowingに浸っていた訳ですが、一旦照明が落ちた後にあのパラパラパラパラ……っていうヘリコプターの羽根の音と、不気味に光る赤くてまるい光が……。

ひえええええこんな音響的良席でFALL OUTとかマジか……!!!

名古屋の時は上からだったのでよく分からなかったけど、こうして真正面から見ると非常ベルとかに似た濁った赤色の光がステージ上にある照明セットの間から見えるのがめっちゃ恐い!
しかもセットが骨組みだけみたいな感じだからか、そのシルエットと影がスクリーンの赤と重なるのがまたものすごい無機物感で、なんかRPGに出て来る随分前に滅んで見捨てられた街……あんまり伝わらないかもしれないけど、FF6の世界崩壊後(しかもまだ誰とも出逢ってなくてBGMが風の音だけみたいな時)とか、北斗の拳の世界とか、そんな感じで本当恐いんですけど!!

Aメロの2フレーズ目で、RYUがわざとオクターブ上げてシャウト気味に歌うのも恐くて。
全体的に暗い音の運びなのに、ギタソロのメロディだけが妙にあたたかくてゆるやかに聞こえるのも逆に恐くて。
極めつけにはRYUの歌が後半もう歌とかいうレベルじゃなくて絶叫?とかそんなやつで、あまりのことに終わった後もしばらく手が震えてました。

なんなのなんなのなんなの。
曲が精神的にグロいとかいうアレで恐いとかもう意味が分からない。

会場全体として見ても、今日はバラード系終わった後は結構曲ごとにちゃんと拍手する感じの雰囲気だったのに、この時ばかりはみんなボーゼンとしてたのか、次にSUGIちゃんがバイオリン弾き始めるまで妙な間が空いていました(苦笑)

そしたら次曲がUNTIL THE DAY I DIEってどういうことなの!!!!!

SUGIちゃんソロからこの曲のイントロが始まった時のザワザワ感たるや、ある意味異様なくらいでした。
それはきっと曲並びの為だけでなく、14年前に此処にいらした方々のACTIIの記憶なんかも相まってのことだろうけど、今までとはちょっと違った雰囲気になってました。
そして私も心の準備というか切り替えというかが全く出来てないんですけど、どうしたらいいんですかねこれ。。。

なのにRYUの歌はびっくりするほど穏やかだったし、ギターとバイオリンの響きも優しくて(今日SUGIちゃんほとんどミュート音使ってないような……)、さっきまでの恐怖とのギャップがえげつないことに。
加えて、最後の♪かなたへ〜♪のところの長音を歌いながら、何故かRYUがマイクスタンドから一歩二歩と遠ざかって行くものだから、静かな会場にやわらかな生の声が広がって、もはやなにがなんだか。

正直申し上げまして、あまりの急展開っぷりに完全に脳の処理能力が追い付いてません。
曲終わりに深々と礼をしてステージを後にするRYUに声をかけることも出来ず、ただただぼんやりと見送るだけで精一杯でした。

このパート……見る度に無茶苦茶になってる気がする。
後半戦とかほんとどうなるの?ねぇ??

その後は気を取り直して真ちゃんのドラムソロ。
これがまた本当すごかったの!

だってだって、「真矢ー!」って声出し煽ってる時もずっとバスドラ踏みっぱなしですよ!?
なにあれ格好良すぎるんだけど!
RYUじゃないけどほんと地響きみたいだった……!!
最初のキャノンタムという名前らしいあのスケルトンの筒みたいなやつ(ひどい説明ですみません←)の優しい音色との落差なんなの。
ほんと意味わかんない。なんかもう軽いパニック状態だわ。。。

ドラムソロあけはFATEから。
とりあえず歌詞の分からない最後のところを歌わせようとするの、やめてもらっていいですかね……?/(^o^)\

次のMCでの真ちゃんの紹介の時には、RYUが嬉しそうに「ヤバい神様が降りて来たのかと思ったー」て言ってて「なんだよそれw」と思ったけど、確かに今日のはすごかったー!
「ツーバス?」とかってゆるく聞いて来るRYUにいちいち笑顔で「うんうん」ってうなづいて答えてあげる真ちゃんもかわいすぎたし、だからさっきまでとのギャップな!!(笑)

続いてはThoughts。
今日はタイトルコールもちゃんと「そーつ」と聞こえました(ひどい。
出鼻のバタつき加減はまだまだ気になるレベルではあるけれど、Rougeも降臨ツアーの時ガタガタだったし(苦笑)これからの成長に期待!ってところですかね。
曲がすごい好きなだけに、早くバシッとキマったこの曲を聞きたいなーと思う所存でございます。

そこからはJくんのベースソロ。
今日も「しじゅおかー!」みたいになってて、いい加減ワザとやってんじゃないかとさえ思えるのが逆に愛しい(n*´ω`*n)←歪みすぎてる。

その後はまたしてもデスボ調のタイトルコールからThe End of the Dreamへ。
Cメロに入る前の一瞬暗くなるところで下手側からものすごい絶叫が響いて来て、ナニゴトかと思って明るくなってからそっちを見ると、花道にいたはずのいのうえさんがいなかった(笑)
降りたの??え???ってなったよね……結局のところどうだったのかは私の席からはよく分からなかったんですが、そのせいで姉妹サンドやらなかったのは残念でした(´・ω・`)
っていうか杉ちゃんも上手花道にいたし、おい隣のじぇーさん今ならボーカル独り占めだぜ?みたいな(なにが。

続けてはTIME IS DEAD。
2ばんのBメロで真ん中に集まる時の並びが久々に立ち位置順で、バラける時に最後までこくてつコンビが残ってましたね可愛かったね!(低燃費。

ラストはROSIER。
ギタソロを上手花道で弾いてた杉ちゃんが、ロングトーンバトルのために猛ダッシュでRYUのところに戻って来たのはある意味本日のハイライトでした(笑)
そしてなんかRYUの方がSUGIちゃんを跪かせてるみたいになってて、RYUICHI様恐ぇ!ってなりましたが、その後は安定のラブラブっぷりでしたありがとうございました(*´д`*)←
かがんだまま超絶至近距離とかなんなの。上手クラスタじゃなくても死ぬわ!←←


アンコールは今日はabsorbのコーラス部分を合唱。
2日で1セットになるような曲選びをされていたように思ったので、両日共に綺麗な歌声でメンバーを迎えることが出来て私は幸せでした。
企画者様、私と同じくご賛同の皆様、素敵な思い出をありがとうございました。


アンコール1曲目はTONIGHTでした……が。
ぎゃああああああこんやこくてつ復活きたー!!!\(^o^)/

もうどうしよう、久しぶりすぎてなんかいろいろ出たよねこれね。
しかもその後また♪キミだけの夜に〜♪ってデュエットしてたんですけど、RYUがJくんにかぶりつくんじゃないかってくらい(笑)ぐいぐい近付いて行くのに、身体反り返るほど逃げ腰なじぇーさんは一体どういうことなんですか!!
えっなんなの?背筋強すぎじゃない??とか思ったら腹筋崩壊しましたwww
なにこの2人愛しすぎるwwwww(ぇ。←

それからは前半戦最後の「ガガッデゴーイ!」を頂いてからWISHへ。
席が真ん中だったからか、銀テープの幕がステージにかかっているかのような景色が本当に綺麗に見えて、感無量でした。
コーラス部分のみんなの歌声聞いて、嬉しそうに笑うメンバーの表情もとりあえずは今日で見納めか……とか思うと、自然と視界が滲みます(´;ω;`)

……なんだよぉ。
さみしいじゃないか……!

その後は相変わらず無茶ぶり感満載の(爆)メンバー紹介へ。
「まず俺。ボーカルー!」とかいきなりテンションゆるゆるで始まったしもうどうしていいか。
なんでこの人こんななんだろ……かわいすぎて困るわぁ(*´▽`*)←大丈夫か。

で、最初にコールされたINORANが「まぁいろいろありますが……静岡大好きだぜー!」とか言ったのが引き金になり、ここからますますえらいことに(笑)
続くSUGIちゃんも「いろいろありますが、……静岡最高だー!」って言ったせいで、おそらく次だろうJくんがもう照れる照れる( 〃▽〃)

ってかRYUが「Jもひとこと」って言ったのに、本当あのみーちんぐの質問者様神!!ってなったよね。ありがとうございますありがとうございます。゚(゚´Д`゚)゚。

そしていよいよINOのマイク前に立ったJくん……口元に手を当ててニヤニヤニヤニヤ。
「い……いろいろありますが……」で会場大騒ぎ。
からのー、「大好きだぜこのヤロー!!」頂きましたぁー!!

……かっ、かわいすぎるしぬ!!!

なのに最後の真ちゃんったら。
またRYUのマイクスタンド斜めにして、すごい格好つけた声で「いろいろありますが……」と言い始め……何故かそのタイミングでステージ両端からスモークがぶわーぶわー出て来る件www
なんでやねんwwwww

そしてなにを思ったのかそれをぴょんぴょんジャンプしながらかき消そうとするRYUが無駄に子供みたいでかわいすぎた……真面目に瀕死です(*´д`*)←

なのになのに、更に畳み掛けて来た「富士山は日本一の山だ! ……俺の苗字は山田!!」であっさりと致死量を超えました。

くそうくそう、なんだよこの破壊力抜群のメンバー紹介はよ!
昨日に引き続き萌え殺す気か!!

_ノ乙(*、ン、)_るなしーおぢさんまじかわいすぎしぬ。。。

その上、真ちゃんの準備待ちの間に「こういうの、いつもありがとね」って優しく言いながら横断幕を見ていたRYUが、真ん中らへんに描かれていたあるキャラクターを見つけて「これなに?カバ?」と……。

ええ、それこそがあの『パンパカパンツ』ってブタさんみたいなキャラでございます。

それに前方のジモッチな皆様がキャラ名を答えたっぽかったんですが、よく聞こえなかったのか「ん?なあにー?」って超ゆるゆるの口調で聞き返してて、おいRYUICHI様モード完全にオフってるだろ!とツッコむことしばし。
その間も「えっなに?ぱんぱか?? ……ぱんつ!?」みたいになってて、ちょっと待って、今あの人の口から『ぱんつ』とかいう単語が発せられてるんだけど!とか取り乱してました。(私が←
「へー、静岡のゆるキャラなんだ?勉強しまーす!」とかって相変わらず雑なんだけど、もうほんとかわいすぎる!!
けれどもこの後始末どうすんだってばよ!

/(^o^)\/(^o^)\/(^o^)\←

ということで、訳の分からないテンションを持て余したままオーラスのGraceへ。
音源で聞いてから此処まで、すごく優しい歌だなって思ってたんですが、今日はとても力強くてあたたかくて、終わった後もしばらくは消えていく音の余韻に浸り切ってしまってました。
曲中にステージを照らし続ける白い照明も眩しくて、今こうしてこの人達が活動しているのが現実なんだな……とか今更ながらに再確認し始めたりして、逆に今日は泣いている場合じゃない!ってなりました。

なので、今回ばかりは全力でアンコール!
それに嬉しそうな表情で顔を見合わせたメンバーが選んでくれた曲はSHINEでした。

倉敷の日に聞いたこの曲が本当に眩しくて。
ツアー中のいろいろなことを思い出して泣けて来たんですが、此処でまたしてもそんな涙も吹っ飛ぶような大事件が!!

じぇっ、じぇーさんが自主的にINORANとふーふーし始めた!!((((;゚Д゚)))))))

……ぎゃあああああ個人的ラストにしてこんなのズルい!
なんなのなんなのわたししぬの!!?←

とまぁかなり危ない発言が目立ちますが、本当びっくりしたんですよね……。
わたし別に下手クラスタでもなんでもないんですが、ぶっちゃけ夢か幻か!?くらいには取り乱しましたよ……どうなってるのこれ。
幸せすぎて恐い。

だからという訳ではないんですが、この後の手繋ぎのところでは、ほとんどヤケクソ気味に全力でアンコール!って叫んでました。

もうなんか……全く冷静になんてなれてなかった……ほんとに。
とにかく一分一秒でもいいから長くそこにいて欲しかった。
ただそれだけ。

RYUがなにか話そうとしても、必死に抵抗するSLAVE様達。
その勢いに押される形で再び顔を見合わせるメンバー達。

そして……。

…………。

RYUが「これ以上は追加料金が発生しますw」と言ったので、俄然盛り上がる会場。
もうこうなったらなんでも払っちゃる!(笑)と本気で思った阿呆がここに1人。お金ないけど。←
そしたらRYUが「うそうそ。 ……どうぞ出口で愛情をお支払い下さい」て笑いながら言ってくれました。

うわあああああん払う払うー!
ナンボでも払うよおおおおお!!

。・゜・(ノД`)・゜・。

嬉しすぎてちょっとどうしていいか分からないんですけど!
いつまでもアンコールの数を重ねることにはいろいろと思うところがあるけれど、それでもほんとどうしていいか分かんないんですけど!!

更には自分の腕時計見ながら「今日は日曜だからいいんだけどさ、会場によっていろいろあるんだよ、何時までに完パケしないといけないとかさ」とかって笑っていたRYU。
でもその後に「此処にいるみんなだけの秘密ね。ブログとかに書いちゃダメだよ」とヒトコト……なのでこうして隠し処理にさせて頂きました。
多分これが恒例になるといけないからって意味だろうけど、この感動を自分の記憶と記録に残さないなんて無理でした。
とはいえこれでもRYUスレなんで、一応見た目上は(←)言いつけを守りましたよっと(笑)←悪あがき。


そうしてメンバーのスタンバイが完了したところで、RYUが「最後の1曲です」と静かに告げ……その言葉に続けてあの効果音が流れて来ました。

 『 Anthem of Light 』

イントロで飛び跳ねるRYUの笑顔は涙で滲んでしまってよく見えなかったけど、会場中に広がるあたたかい空気がこのアンコールは間違いじゃなかったのかなと思わせてくれました。

ありがとう。
ありがとう。
本当に、ありがとう。

あまりにも幸せすぎて涙が止まる不思議。。。
今までだったらライブが終わる寂しさでびーびー泣いてばっかだったのに、今年はなんかやたらと笑顔で終われてる気がするよ。


曲が終わって、大きな拍手と共に今度こそ真ん中に集まるメンバー。
この時に、これ以上を望む声が上がらなかったのも個人的には嬉しかったです。
ほんとにひとつになれた……そんな気がして。

ジャンプの後、とりあえずは最後のRYUICHIコールを全力でしておきました(笑)
こんな叫んだの久しぶりだわ……。

その後は、真ちゃんが投げたスティックがすぐ真後ろのお姉さんの胸元にスポッと収まった(ほんとにナイスキャッチだったw)のにびっくりしてみたりと、最後までなんだかんだと笑顔になれる出来事が(笑)
終わってから見せてもらったら、大阪のラジオで言ってた通りスティックの持ち手の方のおしりのところに数字が書いてありました。(ちなみに7でした。


こうして、私のツアー前半戦はAnthem of Lightで始まり、Anthem of Lightで終わりました。

SUGIちゃんの最後の礼もすっごく長くて、とにかく「ありがとう」しか出て来なかった……この2ヶ月間、いろいろあったけどひたすらに楽しすぎました。
今日までの眩しすぎる記憶で、なんとか12月まで生き存えようと思います(笑)

本当に、本当にありがとうございましたッ!!
LUNA SEAだいすきだーーー!!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲