こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、ЯK、Tourbillon、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2014年07月05日

LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE TOUR『THE LUNATIC -A Liberated Will-』@倉敷市民会館(1日目)

倉敷!ツアー開始から1ヵ月。
ついに自分的初日がやって参りましたー!!

ヤバい、緊張でどうにかなりそうだ←

しかもしかも、ここ倉敷は大切なお友達の地元!
そしてRYUソロでの前回訪問時にも忘れられない思い出ばっかり残してくれた素敵な場所。
加えてSUGIちゃんお誕生日のイブイブイブ(笑)とあってはもうどこからドキドキしていいかわかりません(笑)

あ。
やっぱり吐きそう←←

とかなんとか言ってますが、物販並んで目当てのものをげっとんした後はしっかり美観地区にも行ってるあたり安定のクオリティで大変申し訳ありません(笑)


ではでは、以下はそんな1日目の感想文など。
今回、お友達による超神席降臨につきいつもにも増してひどいことになっていますが、初日ショックも加えての御愛嬌ということでどうかひとつ。。。
ということで本日のお席ですが……ななななんと!5列目どセンでございましたーーー!!!
あああああ女神様!ありがとうありがとうありがとう!!
一般席で取れうる最高の席なんじゃね??わたしたち今日しぬのかな!?←

だってだって!だってー!!
RYUソロより前とか!ありえないよ!!(落ち着け。

しかも席行ったら予想よりもはるかに近くて、いやちょっと待ってマイクスタンドがリアルサイズなんだけどこれどうしたら……!

正直心臓が持たないので早く始めてもらっていいですか……とか必死に願ってんのに開演押すとかまじ勘弁な。
嬉しいとか楽しみとかよりもうはっきり言って「気持ち悪い」しか出て来なかったです……有り難味のないヤツで大変申し訳ありません。。。
(しかし1列後ろにいた男の子達も、席見つけて座るまでの数分間で既に30回くらい「ヤバい」と連呼していたw)


そんな訳で10分強くらい押しで客電が落ち、いよいよピアノバージョンの月光が。
ブルーの照明がきれいで、既に泣きそうでした(早いよ。

お衣装は代々木とほぼ一緒?
RYUがまたあの衣装着て来てぶっちゃけビックリしたんですけど、スカーフ黒の方が全然いいですね……なんか長かったけど!あまりにも長くて5列目なのに思わず「長い!」ってツッコんだけど!!←自重しろ。


さて1曲目。真っ白な照明からAnthem of Lightきたあああああ!
代々木では衣装のショックで全然集中して聞けなかったけど、今日はサングラスが若干マシだったり中継の見てだいぶ慣れたのか(笑)ちゃんと曲聞くことが出来ました……どアタマからなんか演奏ガッタガタでズレまくってたのが大変気になったんですけど、きっと真ちゃんお熱だったからですよね。
早く良くなりますように!!。・゜・(ノД`)・゜・。

あと、サングラスが黒だったのにも関わらず、照明の加減なのかRYUの視線が結構分かって変な感じでした。
しかも訳わからんタイミングでめっちゃすぐにサングラスはずしたし。じゃあもういいだろ、それ。

……と、いつもなら全力で突っ込むところですが!
今日はむしろもうずっとかけてて貰ってだいじょーぶですっ!!って叫びたくなるほど目力すげぇぇぇぇぇ!!!

サングラスはずした時に一瞬眩しそうに目を細めたのだけでぶっ倒れそうになるくらいの破壊力なんですけど、マジで2時間この視線に晒されるんですかわたししぬんですか(2回目。

 無 理 。 ←既に致命傷を負った模様。

そしたら2曲目からいきなりINOが前に出て来てTONIGHTが!
えっ、代々木とおんなじ感じで行くの??ってか2曲目だと今夜国鉄がだな(黙れ。

なんて不埒なことを考えていた私の後ろから、波のように押し寄せる大合唱……!
ちょ、倉敷の皆様元気すぎないか!?お友達が心配してたのと全く逆なんだけどすごいなマジで!!
最後のINOの溜めもないTONIGHTだけど、2曲目からしてもうキラッキラして見えました。

だからか、最初のMCからメンバーもめっちゃ嬉しそうで、これ絶対今日はすごいライブになるよ!と勝手に確信。
RYUもTONIGHTの前にさっさとジャケット脱いじゃってるし、マジでどうなるんだろうかと期待は膨らむばかりです(`・ω・´)☆

MCを挟んではRouge。
エンドリツアーでは結構バタついてた感があったように思うんですが、今日はすっごく格好良かったです!
間奏?とかのダダダッ、ダダダッ、ってなるところで真っ赤な照明の中ヘドバンしまくるRYUが脳裏に焼きついて離れません……格好いいよ……(どうした。

続けてはTRUE BLUE。
ギタソロで早速SUGIちゃんに絡みに行ってて(*´Д`*)てなりました(笑)
そうか……あっちこっちのイチャイチャもこの至近距離なのか……やっぱり生きて帰れない予感しかしないんだが……/(^o^)\

次はEND OF SORROW。
なんだかんだでこの曲はやっぱり大切な曲なので、個人的にはめっちゃ嬉しかったです……あんなにシングルやった代々木でやってもらえなかったから、終幕前やりすぎて飽きちゃったのかと心配になってたんですよね(笑)

で、此処でまたMCなんですが。
どういう訳かあんまりMC覚えてない……そんなにアタマぱーん!\(^o^)/してたのかしら……恐いよぅ。←

でも、乱をタイトルコールするのはやっぱりダサいと思うんですけどどうなんですか?りゅーいちさん。
「らーん!」とか言われてもG.並に締まらないよ……曲は大好きだしCメロのシャウト気味の長音も堪んないんでもうちょっとなんとかなりませんかね……?

その後はgravity。
正直申し上げまして、近年稀に見るよかgravityでしたよ……変な踊りもジャケットプレイ(こら)もなく、ただひたすらに気持ちの良い歌と演奏に浸るだけのgravity。
緑の照明にゆらゆらと揺れる音の波が心地良くて本当に幸せでした。大変ご馳走様でした。

そして此処でSUGIちゃんがヴァイオリンに持ち替えて、いつものアレ弾く前にゴッドファーザーのテーマ弾いてくれてびっくり!
なんで急に?お気に入りなの??

そこからはもちろんprovidenceへ。
下から照明を浴びるRYUがちょっとLUNATIC TOKYOの時みたいで個人的には大好きでした。
SUGIちゃんのヴァイオリンの音色も優しくて、最近定番化してるけどやっぱりこの音は好きだなぁと思わされました。

ということは!いよいよこのあたりで長尺曲くるなとwktkしていたら(笑)なんとRayのイントロが始まってぎゃー!ってなりました。
いやまさかまたRayが聞けるなんて夢のようだよ……大好きなんだよ……月が詩う五線譜の上で逢える日を待ってるんだよ……とか思いながら若干きゅんきゅん(キモいよ)していたというのに……のに……。

なにこのきょくわたししらない……((((;゚Д゚)))))))←

ちょっと待ってこの曲ずっとこんなアレンジなんですか?後半完全に別の曲じゃないか!
ただならぬオーラと明らかに全く違うのになぜか曲と合ってる歌メロとか……加えて良席のあまり、声を振り絞る度に歌に共鳴するかのように身体が小刻みに震えるのまで肉眼でバッチリ見えて息止まりそうだったのに、RYUの目が相当イッてるように見えて、もう……もう……。

……_ノ乙(、ン、)_パッタリ。

あまりのことに曲終わっても1ミリたりとも動けなくて、RYUがステージ捌けてくのにもただボーゼンと見送るだけで精一杯。
謎の間を置いてお友達と3人、その場に崩れ落ちましたとさ。
ああやっぱり今日3回くらいしぬんだわ……。゚( ゚^∀^゚) ゚。

そのせいで最初真ちゃんのドラムソロにも声が出ないというテイタラク。
まさか息が詰まって声が出せないとか誰が予想出来るのかっていうね。本当申し訳ない。。。

そんな真ちゃんのドラムソロは私の知っている限りでは珍しく、一切ほかの音楽を使わずドラム音だけで聞かせてくれました。
難しいことは全然分からないので恐縮ですが、印象としてはどことなく和太鼓のテイストを感じる始まり方で、後半はものすごい大サービスに加えて生声での「もっと来いよー!」でもう撃沈。

真ちゃん、大好きだー!!。・゜・(ノД`)・゜・。

大好きすぎて生きるのが辛いレベル。笑顔が眩しくて泣きたくなるレベル。
一生このドラムについて行きたい。このドラムと生きる4人の音について行きたい。
いつでも最高に格好良い真ちゃんと共に、最高に格好良くドラムソロを盛り上げていきたいよ!!ありがとう!!!

そしてドラムソロ終わり、みんな完っ全にベースソロだと思っててJコール始まったのに全員出て来てびっくり!
からのー、シンバル2発でもはや条件反射的に椅子を掴みましたよね(笑)

だから5列目とはwww←

無理だな……おとなしく見るとか……私には……。
染み付いた90年代ォバンギャの血が……暴れてナンボの世代だから……/(^o^)\

そんな訳で安定の前が見えないDejavu(笑)が始まったんですが、2番のAメロでドセンに来たINOとRYUがイチャイチャし始めまして……謎の中腰でガン見するとかいう怪しい人に成り下がっておりました(爆)
なんだよー!ヘドバンしてる場合じゃないじゃないか!!見せ付けやがって!!!←阿呆。

その後のMCでは真ちゃんに「ドラムソロすっごい格好良いね」って言った後、「きびだんごくれたらお供したいよね」とか謎なことを言い始め……ああそうだよねサルだもんね!とか思ってごめんなさいよ!(注:RYUスレ。
それどころか、大型ワンコと空飛びたがってる人もいるし、いぬさるきじ揃ったね!とか思って重ね重ねすまない/(^o^)\
加えて、下手に鬼……もとい美人魔王がいるじゃない完璧だ!とか……もう誰に刺されてもおかしくないレベルで失礼だけどあれだ、ももたろさんと鬼が仲良しすぎるから退治しなくても大丈夫だね☆←なにが。

ちなみにその流れでRYUは「鬼が島ってほんとにあるの?知らない??」とかってゆるゆるの話を続けてて、おいおいおい今日ソロじゃないんだけどそのテンションで大丈夫なの?ってなったよ……ほんとかわいいオッサンだな!(重症。

曲はMetamorphosis。
ストロボ照明が大変苦手な私としては、じゅあるのアレよりかは色が入ってる分マシだけどやっぱりちょっと辛いです(;´Д`)
しかし曲は格好いいってかむしろ格好良すぎる。
Aメロ後半の真ちゃんの高速バスドラとかもご馳走様すぎるし、なんでRYUが噛まないのかというどうでもいいギモンも……(笑)
あと、サビで手バンを実際やってみたら大変ぴったりでした。よく分からないノリで本当にすみません。。。

するとそこからまさかのベースソロが!
今回のベースソロの曲すごい好きかも。声も出しやすいしメロディも好みだし。
でも相変わらずじぇっさんはなに言ってるか分かんないけどね!そんなところも大好きだよ!
聞こえるきゃー?叫べるきゃー??www(こら。

そんなベースソロ終わり、メンバーみんな出て来てちょっとだけセッションっぽくなるところでRYUも真ちゃんの横あたりにちょこんといて、手持ち無沙汰な感じで自分のマイクスタンド準備してるのかわいかったです。
「ベース、Jー!」って言った時のJくんの照れた笑顔もかわいかったー。
信じられないけど、本当みんなステージ上でよく笑うなって思いました。なんだこれ、妄想?←

続けてはSTORM。
「ネクストソーン……」ってだけ言った後INOのギターが入ってから「……STORM」って続けたタイトルコールめっちゃ良かったです。
つうか最近STORMが格好良くてびっくりしているのは私だけですか?真実もちゃんといるし(一言多い。

それからROSIERへとなだれ込み……今日もSUGIちゃんとのロングトーンバトルは健在で、トンでも至近距離でアレを見せられた私はうっかりキュン死するかと思いました。(ばか
あのシーン大好きすぎる。
あと、Jくんの最大の見せ場(?)であるはずの英詩部分でいのりゅがやたらイチャコラ遊んでいるのはなんの嫌がらせなんですか??視線何処にやっていいか分からんわ!(笑)

で、この後ROSIERの余韻にかぶせるようにオルゴール?の音が流れて来てまさかのabsorbが!
本編ラストにみんなで歌って終わるのも良いね……私はあんまり記憶にないパターンのセトリだけど、今日みたいにみんながわーって声出してる日にこういう流れはとっても心地良かったです。
心地良すぎてずっと歌ってたいし聞いていたいくらいでした。本当にありがとう!


アンコールは本日SUGIちゃんお誕生日にちなんだ企画を立てられた方がいらしたので楽しく参加。
このネット社会のご時勢に、ビラというには失礼なくらいの綺麗な歌詞カードを対面で配布されていた主催者様には本当頭が下がります……。
企画成功本当におめでとうございました!
RYUも「みんなすごいね」って言ってくれたし、メンバーも本当に嬉しそうでしたね(*´▽`*)

そんな訳でお返しにと贈られたのはI for you。
生で聞くI for youって、音源で聞くより数倍も殺傷能力高いような気がします(笑)

で、「誰も怪我することなく暴れられたらいいよね」ってRYUが話してたのって此処でした?「警備員さんに感謝しろよ!」って言われたやつ。
なんか本当すみません……若気の至りとか言うやつで昔はいろいろやらかしてましたよね……(トホイメ←
RYUいわく、「誰にも気付かれずに」なら前に詰めてもいいらしい(だるまさんが転んだ的な意味で←)んですけど、奴隷は忍者になれということですかね……?(笑)

その後は「おまえ達の本音を聞かせてくれ」ってどことなく懐かしい煽り文句からBELIEVEへ。
Jくんのジャンプを超至近距離で見れてめっちゃ素敵だった……あの瞬間はどうしたってJくんに目がいってしまうくらい好き(n*´ω`*n)

そして「倉敷全員でかかってこーい!」のお言葉を頂いてからの\I WISH!!!/
♪溜息が時を刻む〜♪のあたりからみんなで歌ったの、なんかあったかくて。
嬉しそうに笑うメンバーの笑顔が本当に眩しくて。

なんだろう、この幸せな感じ。
こんな気持ち……今まであったかな?

……当時。

いつだってLUNA SEAのライブは戦いで、いい意味でも悪い意味でもとにかく必死だったあの頃。
満たされていたし、幸せだったし、不満があるとすればそれはメンバーが思ってるほどの景色を作れなかった自分達に対する不甲斐なさとか、そういうことだけだったけれど。
いろんな涙を流した記憶は山ほどあるのに、不思議と穏やかな笑顔で帰った記憶はあんまりない。

なのに、今目の前にあるのは、自分の周りにあるのは、自分の中にあるのは驚くことに笑顔ばっかりで。
メンバーはもちろん、SLAVEのみんなもキラキラしてるような気がして。

気付いたら視界が思いっきり滲んでて、気持ち悪いことに笑いながら涙流してました。

ネタバレ回避でこの1ヵ月間、週末ほとんど見てなかったTwitterで見た誰かの言葉。
1回見たらもっと見たくなるツアーって、こういうことなのかなって思いました。

上手く説明出来ないんですけど、とにかくそこにあったのは今までとは何処か違うようでやっぱり似ているような、不思議な『なにか』。
だから今日は素直にもう少しだけ此処にいさせて欲しいなと思って、思いっきりアンコールさせて頂きました。

それに笑って答えてくれたメンバーに、ありがとう。
お互い声を出し合ったあの場にいたSLAVEみんなに、ありがとう。

久しぶりに聞いたSHINEは本当タイトルどおり眩しくて、イントロから楽しそうにぴょんぴょん跳んでるRYUのかわいさにも卒倒しそうになりましたが(所詮RYUスレ)、事件は更に!続くのであります!!(笑)

14年ぶり?のふーふー♪キタ――(゚∀゚)――!!

Jくんへの「おまえなにやってんだよさっさとマイクんトコ行けよ!いのうえさまがお待ちだろ!!」っていう妙な一体感(笑)によるSLAVEの大反乱勃発。
私の周りの人はみんな指でジェスチャーするのに忙しくて、全然曲聞いてませんでした(爆)
しかも、最後の最後にJくんが一歩出た時の「おおっ」って声はRYUの歌をもかき消しそうな勢いで、実現した瞬間なんて謎の拍手喝采でしたからね……なんだそのテンション(笑)
本当にJくんも私達も(ぇ)頑張ったよね!ばんざーい!!これからは照れてないでちゃんとやるように。←誰なんだよw

ということで、最後の最後に変な達成感までオマケについて、みんなでジャンプまでひたすら笑顔で終えることが出来ました。

……どうしよう。
こんなに楽しくていいのか。
こんなに幸せでいいのか。

全く予想だにしない方向に感情が振れ切っててもうちょっとよく分からないです……えーんみんな大好きだよおおおおお!。・゜・(ノД`)・゜・。
欲を言えばせっかくのアルバムツアーなんだからもっとアルバムの曲聞きたかったけど、それはまた明日からのお楽しみってことなのかな……くっそ、明日来て欲しいようで来て欲しくないなぁ。。。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲