こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2014年04月13日

舞台『まほろばかなた - 長州志士の目指した場所 -』千秋楽に行って来ました。

まほろばかなたいやもうね!
本当にね!
栄喜頑張りすぎてたよね!!。・゜・(ノД`)・゜・。

Blogだけ見てる時は正直、他ならぬRYUからのオファーだから受けたけど、稽古始まっても幕が開いてもまだ後悔と迷いしかないんじゃないか?って思わざるを得ない感じだったので、全力で山縣狂介を演じる姿にほっと胸を撫で下ろすと同時にうっかり視界が滲んでしまうくらいでした。

本当に良かったね。
これがいい刺激になって、また音楽や歌の幅が広がること、心から祈ってます。

ちなみに、我らが隆一隊長はどアタマから貫禄たっぷりの歌いっぷりで御座いました。
演技も本当マシになったよね……ところどころ、提督みたいな話し方になってたのはちょっと笑ってしまったけど(ぇ。


ではでは、以下は舞台の感想とかいろいろ。
自己紹介にもあります通り、私はSIAM SHADEを永遠の2番手と公言して憚らないRYUスレですので、そんな感じの視点についつい偏り気味になってしまっています……。
ご覧になる際にはその辺りご承知おきの上、生ぬるく見守って頂ければ幸いです。
今回、なんとあるけでSS席落選した私ですが……一般でもSSは取れず(苦笑)S席で観劇と相成りました。

……ぶっちゃけS席で良かったと思いました。いやマジで。

S席と言っても十分前方な9列目の上手側だったんですが、ちょうど段差が大きくなり始めるあたりのようで、演者の足元までバッチリ見えるなかなかの良席!
カテコの時の栄喜の立ち位置も上手だったし、大変俺得でありがとうございます(笑)

バーカウンター☆ちなみに、銀河劇場に来るのは意外と初めてでございました。なにしろカウコンも銀英伝舞台も全く来てないですからね……(´・ω・`)
なので、こちらのバーカウンター見た時はかなりテンション上がりました!
幕間に『赤色の鏡』をカクテルで頂きました☆(どんなけ栄喜推しなんだっていうツッコミはお断りです←
あっさりした甘さだけどウォッカベースで結構きつめなカクテルでした。そして予想外のパンチ力に軽く酔っ払いそうになったのは秘密。(笑)


以下、舞台の感想とかいろいろを箇条書きで。

●実は、開演近付くにつれてどんどん胃が痛くなり……くっそ、CHICAGOの時でもこんなに気持ち悪くならなかったのになんだよ栄喜のばか!心配だよ!!と1人心の中で悪態ついてました。(笑)大変すみません。。。

●しかも、開演前にお逢い出来たフォロワーさん達がみんな「栄喜くん良かったよ」と言ってくれたので、逆に余計に緊張して来る始末。(ひどい。

●そのせいか、最初に栄喜が舞台に出て来た時、もうそれだけでちょっとクるものがありまして……お衣装の紫の袴も良く似合ってたし、上着もイレズミの方の腕が全部出るようなデザインですっごい格好良くてさ……。
おおかみさんも久しぶりに見えたし、なんかRYUが栄喜のこといっぱい考えてここに呼んでくれたのかな……とか思い始めたら、まだお話始まってもないのに既に泣きそうでした。←

●なので、オープニングの歌い出した時から本気でうるうるっとしてしまったんですけど私大丈夫ですか?
栄喜とRYUが一緒に歌ってるよ……まさかこんなのを生で見る日が来るなんて……と勝手に感無量。・゜・(ノД`)・゜・。

●とかなんとか言ってますが、その後すぐに「RYUの声でかっ!」ってなってちょっと涙止まったのはこれまた秘密。
あの人、また声に迫力出て来てませんか……ほんと恐いわぁ。(全力褒め言葉。←

●舞台全体としては、勝さんとおうのが昔を思い出してるっていう構成なんだとすぐに分かって、私のような社会科超苦手人間(苦笑)でもお話に入りやすくとても良かったです。

●つうかmisonoちゃんかわいいな!しかも歌上手だし(うちの弟がday after tomorrowよく聞いてたので歌は安心してたんだけど)、さすがエイベ系アーティストなだけあってそれなりにダンスもちゃんとしてるし、ちっさいし、細いし(*´▽`*)

●だから晋作さんとはぐはぐ☆するシーンでもちゃーんとRYUの胸に収まっててめっちゃかわいかったー!
嵐が丘の時も思ったけど、やっぱサイズ感大事!!(笑)

●そして私はひっそりと上木彩矢ちゃんに惚れていたなど(*´Д`*)←
アーティストなのに演技も殺陣も格好良かったし、歌も迫力あって良かったですよね!

●栄喜と歌った曲も本当格好良かったし、ってか栄喜の殺陣ー!!
本当、毎日毎日自主練朝練した甲斐があったよね……すっごい格好良かったよ。゚(゚´Д`゚)゚。 本当に良かったよう。゚(゚´Д`゚)゚。

●残念ながら声はちょっとかすれていたけど、公演中盤はもっとひどい時もあったらしく……これを機に喉のケアとか、気合とか男気とか(笑)ではどうにもならないところにまで気を遣えるようになって欲しいなと心から思います。

●演技といえば、ダイアモンドユカイさんがもう普通の俳優さんレベルでこれまたびっくり。何の違和感もなく見れました。

●あと、IZAMはさすが舞台の人やってるだけあって大変良かったです……特に殺陣。
何処か優雅さもあり、ダンスのように流れる動きでうっかり見惚れました。てかあの体格で得物が槍とか反則だろ。格好良いに決まってるじゃないか!

●ちなみにりゅーいち隊長様の殺陣はただひたすら「目力恐ぇ!」ということで……あれ絶対、刀で切ったというよりは眼力と気迫だけで叩き切ってると思うんですけどどうでしょうか。

●175RのSHOGOくんは思った以上にちっさくてとってもかわいかったです。
そして失礼ながら予想よりもはるかにお歌が上手で聞きやすく、ああいう系のバンドのイメージと全然違う感じの歌声でした。ハッピーライフ!←昔良く聞いたw

●変な外人の結婚式のスピーチみたいな三段オチってか四段オチ?のシーン(「Melty Love、グレイシャルLOVE、Love is...と、えーっと知らないな」ってやつ)、SHOGOくんがツッコミで多分自分トコの曲名言ったと思うんですけど、全く聞き取れませんでした。。。

●王子こと八神蓮さんはまじイケメンでした(n*´ω`*n)
2日連続無駄にイケメンいっぱい見て大変すみません(笑)

●そして松陰先生役の中村亀鶴さん!わたくし、『見得を切る』と言うものを初めて拝見いたしました……「値切りは勘定奉行にお任せあれ〜」ってやつ、すっげぇ迫力だったんですけど!!
普段の生活サイクルでは絶対に接点のなさそうなものを見せてもらえるのって、RYUが新しいコトをいろいろしてくれるからだよな……としみじみ。

●そんな松陰先生の最期のシーン。亀鶴さんの舞のすごさに圧倒されているところにRYUの歌が来て、なんか自然と涙がこぼれてました。
栄喜の泣きの演技もなんだ、ちゃんと出来ててびっくりするとともに涙を誘うものがありました。・゜・(ノД`)・゜・。

●二部のどアタマ、栄喜がまるメガネかけてて爆笑。
それもうるろ剣の警察署長にしか見えねえええええ!!!www

●そして此処で栄喜がブログに書いてた『オシカレサマデス』の意味がようやく分かりました(笑)
「そんなんじゃ1/3も伝わらないぞ?」ってIZAMぶっ込んで来るなぁおい!上手いよw

●とか思ってたら、その後また出て来た謎の外国人(西田さん)に「give me smile and?」って振られて「Shine days?」て返さされるとか、まさかの1/3ネタ再びキタ――(゚∀゚)――!!って勝手になってたんですけど、歌詞がマニアックな部分すぎて全然伝わってなかったなど。゚( ゚^∀^゚) ゚。

●なのに私は♪この腕で君と抱きしめ合えたなら〜♪まで歌ったところで、ほとんど条件反射で思わず手拍子2拍打っちゃいましたすみません←

●えーっと。ひできさんすきです(突然何。

●もちろんりゅういち隊長様も大好きです(だから何。

●なので、ぴーひょろろってする紙の笛(なんか伸びるやつ。しかも3列←)とか吹き始めてもかわいいよ!
あの子あんなぶっこみとかできる子だっけな……。

●そういえばIZAMもどっかでmisonoちゃんにMelty Loveぶっ込まれてた気が。
ダイヤモンドユカイさんも持ち歌(れっどうぉーりあー??)歌ってたけど、あんまり詳しくなくて大変すみません。。。

●あっそうだ、めてぃらー♪はグレイシャルLOVEとLove is...の三段オチだったんだ(笑)変なアドリブ多すぎてどこからツッコんでいいか分からないね?

●とかなんとか言ってますが、大ラスの歌で何故か号泣していたRYUスレがこちらになります。←

●そのあとカテコでりゅーいちさんが鼻眼鏡だったのはある意味本当に許しがたい事件である。笑ったけどさ!

●栄喜とSHOGOくんが仲良さそうにしててものすごいでこぼこコンビになってた……これを機会に栄喜もいろんな世界に目を向けて大きくなって行って欲しいな(誰なのw

●とにもかくにも、わざわざ東京まで足を運んで本当に良かったです。
曲がどれも素敵だったので、そろそろメロス共々劇中歌アルバムとか出すべきだと思う。いやこれ、真面目な話ね。

●そして出来ればその時にはCHICAGOと嵐が丘の曲も入れて下さい割と本気でお願いします(趣味。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲