こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2013年10月23日

FM802『THINK TOGETHER! My LIFE, My STORY』@森ノ宮ピロティホール

招待状。ということで、本日はこちらのイベントに行って参りました!
実は応募の際、大変おカタいイベントなのかなと一瞬躊躇したのですが、残念ながら我が家は所謂ガン家系とかいうやつに当てはまるらしいので、せっかくの機会だしと参加して来ました。

率直な感想としては……参加して本当に良かったです!

例え動機が不純でも(笑)とても参考になる、また考えさせられるお話を聞けた上、RYUのお歌も素晴らしくて非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。
本当にありがとうございました。
RYUもなにやら人間ドック受診する予定らしいので、私たちも自分の身体についてはきちっとメンテしないといけませんねぇ……まずは元気じゃないと奴隷生活出来ませんもの(苦笑)←不健康の極みが何か言ってるぞ。。。


ではでは、以下はイベントの感想とかレポ紛いのモノとか。
……とは言ってもトークミーティング中は結構真面目にスライドを見ていたので、RYUの仕草とか表情とかはあまりチェック出来てません。。。
今日はお仕事を少しだけ早退して会場に向かったので、着いた時にはもう入場列作りが始まってました。なので、それなりの番号だったこともあり慌てて階段上へ。
その後少しずつ会館内へ入れてから……若干雑に番号呼び出しが始まりました。

……おいなんでココまで刻んどいてソコで大雑把になるんだよ802!!(笑)

しかも周りに待機してらした方々が妙に殺気立ってて恐かったよぉ……此処はバーゲン会場ですか……。
どうせ最前狙えるような番号じゃなし、そんなに頑張っても大して変わらないような……とか思ってしまう呑気なSLAVEですみません/(^o^)\←

そんなテンションではありましたが、なにげに7列目のセンターあたりのお席をGet。
後からもう少し後ろの方が良かったかなとも思いましたが(というのも、此処はステージが妙に高いので前過ぎるとむしろ見難いんじゃないかと……)、ソコソコ見やすい高さの席だったと思います。
ちなみに週末はもう少し後ろのお席なんですが、立つと考えてもなかなか良席なんじゃないかなーと……お友達、いつもありがとう!\(^o^)/

……あ、随分話が逸れてますね。←
イベントの話に行きます。

今日のイベントは第一部がガンについてのトークミーティング、休憩を挟んだ第二部がRYUのミニライブという構成でした。
入口で頂いた冊子も、今回のイベントの協賛?であるリリー・オンコロジー・オン・キャンバスの応募作品が載せられたものと、女性のガンについての説明などが載せられたものがメイン。特に後者は、開演前に思わずマジ読みしてしまったくらいには知っておくべきコトが分かりやすく書かれていて、とても興味深い内容になっていました。
参加された方は是非、破棄してしまう前に一度目を通されてみられればと思います。

そうこうしているうちに、多分5〜10分押しくらいで客電が落ち、本日のMCであるDJ内田絢子さんが登場。細っこくてかわいらしい方でした。
その後まずイベントの流れの説明があり、それからゲストの皆様が1人ずつステージへ。
大学の先生とリリー・オンコロジー・オン・キャンバスの審査員の女性の方、そしてRYU。
今日のお衣装は黒いジャケットに襟と袖口だけ白い黒のシャツ、黒のスキニーパンツ、黒のエナメルの靴。今日はそんなにヒール入ってなかったような……(笑)
なんか、出て来た時から最初に喋るまでめちゃくちゃ難しい顔してたから、怒ってんのかと思いましたよね/(^o^)\←

トークミーティングは最初に先生からスライドを使ったガンの種類や健診についての説明があり、それについて各人がコメントをするといった形式で進められました。
私自身も含めてですけど、健診は定期的に受けた方がいいですよ。RYUも年末になにやら人間ドックを受けることになってるらしいので、是非とも隅々まで調べて貰えば良いかと思います……。
よくわからないらしいけどDNA検査もやるんだって。変なトコ傷付いてませんように。。。
あと、規則正しい生活をすることが予防に繋がるというお話の時に、「朝6:30に起きる」と言っててびっくり。どんなロッカーよそれ……:(;゙゚'ω゚'):

他にはリリー・オンコロジー・オン・キャンバスの活動内容についてのお話もあり、この時のRYUのコメントがなかなかに100点満点で素晴らしかったです。
というか今日のRYUは完全に他所行きな感じで大変お利口さんにしていてそれもまたかわゆでした(笑)いつもならすぐ足組もうとするのに、ちゃんと座ってましたしね。


そんな感じで淡々と第一部は終了。
20分の休憩を挟んで、いよいよミニライブがスタートです。


今回のサポメン様は下手側にキーボード葉山っち、上手側にアコギ福ちゃんという構成。
葉山っちも福ちゃんも黒いお衣装で統一?してました。

1曲目はI love you。
今回ツアーでは演ってない曲なので聞けて嬉しかったです。
RYUも、さっきまでの表情の固さが歌うにつれてゆるんで来ていて一安心。慣れない形式のイベントな上に重いテーマで、少し緊張していたのかもしれませんね。

此処であらためて軽くご挨拶をしてから、Love is...へ。
マイク有りのLove is...は久しぶりな気がする、ってのも変な話ですね(笑)
多分この曲か次の曲で1回、ガリガリッとした嫌な声が出たように思うのですが、ここ1、2ヶ月の過密スケジュールでお疲れなのかしら……全体的に見ても絶好調!という感じでは無かったように思うので。
プロモーションも確かに重要だけど、ほんと無理だけはして欲しくないものです。・゜・(ノД`)・゜・。

次のMCではまさに命、人生という言葉であるLifeというアルバムを作った経緯について少し。
自分の若い頃の体験や世間の風潮を比較対象に上げて、それを準えろと言う訳ではないけれど、今の若い人達にも失敗を恐れず大きな夢を追って欲しいというような話をしていたかと思います。
……安定のうろ覚えですみません _ノ乙(、ン、)_←役立たず。

続けてはSea of Love。
葉山っちのピアノでこれを聞けたのはラッキーでした☆(お察し下さい←
でもこの曲の歌い方がなんかやたらと粘っこくて、個人的にはちょっとだけ残念に思いました。これは本当好みの問題かと思いますので、一個人の一意見として流して頂ければ幸いです。

しかーし!

そのまま流れた流れた七色がもうトンデモなく圧巻だったんですよ!!
お歌や声はもちろんなんですが、アレンジも素晴らしくて私は……私、は……!!!

…… _ノ乙(、ン、)_バッタリ。←

と言うのも、サビ前とかに突然のブレイクが入っていて、その瞬間に静まり返った空間に僅かに残るRYUの声の余韻がまた格別で御座いまして……。
Twitterでも呟いたんですけど、静寂という新たな楽器まで操り始めたあの人が恐ろしくも愛しいです……残響音まで自分のものとしてしまうなんて本当……くっそ!大好きだ!!(*´д`*)←壊れた。

加えて、途中何回もマイクを遠ざけるものだから、なかなかに響きの良い会場に生声が響き渡ってもう大変。
身体を折ってまで歌い上げられる全てに持ってかれすぎて泣き出しそうな勢いでした。

……だからこっち見んな!マジで!!←

うわーん!あの人ほんま意地悪すぎるよおおおおお!!
確かにちょうど目線の高さ辺りに陣取ってはいたけどさぁ……お隣の綺麗なお姉さんのついで(爆)にロックオンして来るのマジ勘弁。゚( ゚^∀^゚) ゚。
西宮ガーデンズの時もだけど、ガン見されたらむしろ泣けないってのあほううううう!←口悪い。

……気を取り直して、次行きましょうか。

次のMCでは、今日のイベントの内容ともかぶるところがあるということで、ドラマ『神様、もう少しだけ』の話を。
これは正直、一本取られたなって感じの選曲でした。確かに、これ程までにイベント趣旨に合致した曲はないかもしれません。

ということで、曲はもちろんI for you。
この曲歌う時ってバンドソロ関係なくいつもマイクスタンドにしがみつくような、絡みつくような感じなのは一体なんなんですかね……えろすで大変よろしい(^q^)←
お歌も一見サラリとした中にもどっしりとした思いが溢れていたように思えて、いつもとは若干違う響きのあいふぉゆになったんじゃないかと思いました。

以上でライブは終了。
RYUが葉山っちと福ちゃんを紹介した後、再び内田さんが登場されて(入れ替わりに葉山っちと福ちゃんは退場……残念。)アルバムとツアーのお知らせを。
ここではアルバムについて「80年代から90年代初頭までの自分が格好いいなと憧れたロックを思い描いて作りました」というような話をしていました。
最近ロック感の話すると意図せずじぇーさんとかぶってるよね……やっぱり君達ってば『似て非なる似た者同士』なんじゃないか!(と、以前から勝手に思っているのは何を隠そう私です←
ライブについても「ロックなライブやります」と言っていたのでお楽しみに☆


今回のように伝えるべき事柄、考えるべき事柄がハッキリとしているイベントとしては、RYUの選曲もコメントもそれにきちんと見合っていてとても良かったと思います。
もちろんイベント自体も非常に有意義で、私自身としても参加して良かったと心から思えるイベントでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲