こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2012年10月05日

Ryuichi Kawamura Billboard Live@ビルボードライブ大阪(2nd)

正直、るなしさんに搾取された貧乏SLAVEにはお高いお買い物だったので(苦笑)どうしようかなーと悩んでいたところ、お友達に誘って頂いたのでうっかりビルボに行って来ちゃいました☆

大体、そもそもハービスENTなんて数えるほどしか入ったことないぉ?←

どちらかというと西梅田ゾーンはセレブ地域(笑)なのであんまり行きませんしね……ハービスPLAZAにあるブルディガラのパン屋さんは昔好きでよく行きましたが。

そんな訳でぶっちゃけなにを着て行くのが正解かも分からず、ちょうど転職したてなもので結構地味めな感じでENTに突撃。
中に入るといい感じに落ち着いた雰囲気と高級感で、やっぱりもうちょっと着飾って来ればよかったかなぁ……とか若干間違った方向に後悔しつつも、まぁカジュアルエリアだからいいかな……とコンタクトさえ入れてないテイタラク。

……やっ、やる気がない訳じゃないのよ!(笑)


ではでは、以下はそんなゆりゅゆりゅ(爆)な感じでマッタリRYUを眺めて来た人の相変わらずな感想文など。
メモにも書きましたが、今回MCがめちゃくちゃ多かった上に内容も結構濃くて、正直記憶に自信がございません……それでも宜しければドウゾ☆
ステージ上には下手からピアノ、ギター、ドラム、ベースの順にセッティングされてありました。
結構こじんまりとした感じで、後ろはカーテン状の幕(ブルー?)でした。

ちなみに本日のお席はカジュアルエリア正面上手側でした。
残念ながら真ん中の柱が邪魔でちょいちょい葉山っちが見切れたりしてましたが、それ以外は視界もよく音も十分過ぎるくらいに素晴らしかったです!


ステージ自体はほぼ定刻でゆっくりと照明が落とされ、上手側カジュアルエリア後ろの扉からサポメン様達に続いてRYUも出て来たので普通にびっくりしました(笑)
だってそのまま階段降りて来るんだもん。近くの席だった人たちも結構びっくりしてたみたいでした。

お衣装は紺?のダブルのジャケットに白シャツ、舞台のカテコで穿いてたのと同じ?変な銀のパンツと長靴みたいなロングブーツでした。
何より心配していた髪型はサラサラストレートでかわいかったけど、あの銀パン……そして長靴……_ノ乙(、ン、)_
その代わりと言ってはなんですが、葉山っちが髪短くなってるわアッシュ系?の茶髪だわ白シャツ黒ベストだわで完全に王子で(*´Д`*)'`ァ'`ァしましたよね!
福田さんはドット柄の黒いシャツに髪分けすぎてかオールバックみたいになってました(笑)
あっきーさんは普通に出て来たけど手大丈夫なんですか……心配です。・゜゜(ノД`)
ドラムの岩丸さんという方は葉山っちとおそろ?白シャツ黒ベストで茶髪なイケメンでした。あの人が選ぶサポメン様のイケメン率って一体……/(^o^)\


さて1曲目。いきなり深愛からスタートでした。
最近こういうイベント系で深愛普通に歌うからビビりますよね……選曲!っていつも思うのに、間奏でちょっとマイク外したトコで、うっかり泣きそうになったなど。←
RYUの歌久しぶりだなーって思って感激してたけどよく考えたら先週メロス……/(^o^)\

で、最初のMC。
「こんばんは、河村隆一です。今晩はこんなお洒落な場所で……」みたいなことを軽く話した後、いきなりなんか葉山っちに謎の無茶振りをしたんですけど、残念ながら聞き取れませんでした……お役に立てずすみません。。。

曲は葉山っちのピアノでLove is...
会場が小さい上に鳴りが素晴らしいのでRYUは自分でマイクを遠ざけたり近づけたりして音量調節してました。

次のMCでは大阪恒例?のAIONさんにお呼ばれして大阪に来てた頃のお話を。
インディーズらしくファンの方から2000円ずつ徴収したりして打ち上げしてたらしいです。
その頃から比べたら、今日はみんな飲んでるしこんなお洒落なところで打ち上げしてるみたいでいいですね、的な話をしてました。
いや……なんなら2000円集めて打ち上げやってくれても……その辺のやっすい居酒屋とかで(笑)

話とは全然関係ないですけど、次曲はなんとconfessionでした!
嬉しすぎてなんか出る……!しかも♪1人で生きていけないことは知ってたよ〜♪のところ歌ってくれただけでなく、ラストのらーららー♪までちょっと歌ってくれて本当泣きそうだった……大好きだよ……(´;ω;`)

そしたら今度はるなしーさんLAの時の裏話とか!
ご存知の通り、あの人ドイツから直で前ノリしてニューヨーク行ってたかと思いますが(確かアマポーラのPVと一緒にDVDに入ってますよね?)、あの時ちょうど本の方のVOICEの校了中だったらしく、昼間撮影した後、夜はメールとFAXで日本とやりとりしてて3日くらい貫徹したそうです。
それでFAXするのに7階のフロントと部屋を行ったり来たりしてたら、3日目?かにちょうどその辺りがディスコ(苦笑/クラブと言えない昭和人め……_ノ乙(、ン、)_←)みたいになってたらしい。
それで、金髪で黒人の双子の女性が何回も手を振って来るから手を振り返してたら、近づいて来ていきなりナンパってか拉致?(笑)両側からヘッドロックされて連れて行かれそうになったそうです。。。(爆笑)
それで初めてフロントの人にヘルプを頼んだとか……情けないって言ってましたがむしろかわいいというかなんというか(*´Д`*)
後から「あそこで勇気を出してお持ち帰りされてたらどうなってたのかなぁ……」とか冗談ぽく言ってたけど君ってばやっぱり(以下自主規制。

なので「今日葉山っちお持ち帰りしていーよ☆」とか言っちゃ駄目!
ガチで手を上げたい勢いだったじゃないかあああああ'`ァ'`ァ(*´Д`*)'`ァ'`ァ←

で、「その後はもちろんライブやりましたけどね!」って……なにをアピってるのか。
なんかLAではライブ中も会場のドア開けっぱなしらしいので、「かかってこーい!」とか言ってる時にドアの向こうで車走ってたらしいです(笑)

そんな思い出話からはニューヨーク・シティ・セレナーデ。
久しぶりに聞いたけど、やっぱVOICEのアルバム好きだわ……今日の会場的にもぴったりな選曲だったと思います。
もちろんお歌も素晴らしいのヒトコト!気持ち良さそうなの通り越してずっとニコニコしながら歌ってるRYU見てるとこっちまで楽しくなって来ちゃいます(n*´ω`*n)

次のMCでは珍しくステージ上のスツールに腰掛けて話し始めました。 ……えぇ、安定の内股です(^q^)←
確か、某譜面屋さんが葉山っちをゴルフコンペに連れて来た出逢いの話をしていたように思います。一緒にやってみたら面白いんじゃない?って紹介されてから数年後にびよんとして現実になったんだそうです。
びよんもやりたいねーってINORANとも言ってるけど、何処でやるんだ?って話だよねーとか言ってましたが、それはwhereなのかwhenなのかが気になるところですよね。
そのお陰でエイベとも繋がる事が出来たって話してました。
RYUは本当に自分がお世話になっている方々を悪く言う事だけはしないですよね……まぁ、そういうところも好きなんですが。。。

あと、葉山っちのことを「ぼくには作れない曲を書いてくれる」って言ってて、あまりにも頷きすぎてヘドバンしそうになった(笑)
葉山っちが関わるようになってくれて、明らかに楽曲の幅が出たと思う……痒いところに手が届く感じが本当に素晴らしい!ありがとう!!

そんな訳で、曲はスツールに座ったままでムーンリバーを。
座ったまま歌うRYUってもしかしたら初めて見たかも……なんだこれかわいいなぁ(*´Д`*)って思ってたら……思ってた、ら……。

間奏でまさかのまさか、口笛披露とかwwwやめてwwwww←

いやあの、小鳥さんと歌いたがってた(爆)彼のことを思うと可愛いような気がしないでもないんですが、口笛の音がひょろろろ〜……って弱々しくて(ノ∀`)アチャーってならざるを得ないという。。。
そして私はというと、歌うまい人は口笛も音ずれないのかなーとかあさっての方向に意識をぶっ飛ばしてました。←

その後はまたLS麺との出逢いの話とかし始めました……今日どんなけ喋るの(笑)
音楽で生きていこうと思って、週1回はライヴハウスに出たいなって考えて高校辞めて、でも周りのみんなは大学受験とかで……音楽から少しずつ離れて行っちゃう。
そんな中、あの4人は本当に音楽で食って行こうって考えてて、出席日数だけ足りてりゃいいやーって感じだったと。(ここで「他の4人はちゃんと高校出てますからね!」ってアピってて可愛かったvvv)
そんな時、まだ杉ちゃんと真ちゃんが加入する前のLUNACYと対バンした(多分スローターだよね?)ことがあるらしく、Jに誘われて見に行ったらもうボーカル以外今の4人だったとか。
で、その時楽屋に挨拶行くのにミスタードーナツ持って行ったんだけど、2個じゃなかった!と無駄に主張してました(笑)
最近あの人やたらドーナツ2個を否定してるけど……なにを見たんだ、なにを/(^o^)\
そして私はというと、この辺りの話聞いてる時に何故か妙にRYUがキラキラして見えてちょっと泣きそうになったなど……大丈夫か。_ノ乙(、ン、)_

曲は「話とは全然関係ないんだけど……」って前置いてSHEを。
これ歌ったの本当に久しぶりですよね?あの頃に比べたらますます声に深みが出てより良い曲になってました。大満足\(^o^)/

今日はケータリングでビルボのお食事を出して頂いたらしく、「あの頃(さっきの居酒屋話の頃)こんないいモノ食べてたら今はないよね〜」と妙に嬉しそうに話してました。
あとるなしさん話再び?は此処だった?ボーフム(笑)がかなりの田舎町だったから「絶対騙されてる!」ってメンバー同士で話してたとか(爆)
そしてまたドイツで見かけたモヒカンの男性の話をしていました。

そして「97年のぼくのセカンドシングルでした」ってMCからまさかのGlassキタ――(゚∀゚)――!!
はっきり言って会場の鳴りが素晴らしいので、マイクから離れた時の広がりがまた気持ち良くてもうご馳走様です(^q^)

その後は「こんな大人っぽい曲になるとは思いませんでした」というMCからHello, again。
正直、これが生で聞けるとは思ってなくて、めっちゃ嬉しかったー!
葉山っちのピアノに漂うみたいにゆるゆるーっと気持ち良さそうに歌ってて、聞いてるこっちもとっても気持ち良かったです(*´▽`*)

で、この後かな……。
「CDが売れなくなった時代、それはアーティストとしては困るんだけど、逆に生のモノを求めてるんじゃないかと思って……」って話をしてて、「だからこそこうやってみんなの前で歌っていたい」って話してたんですよね。
そこから舞台の話になって、太宰がペンを置く時をイメージした曲を書くのに、自分がマイクを置く時の事を考えたって……マイクを置く時は死ぬ時だって、最後のその瞬間まで歌っていたいとか言っててもうなんかボーゼンとしてしまった……。

本当に。
私なんかが此処にいつも『歌う事で生きていられる人』って勝手に書いてたことにもなんか申し訳なくなるくらいの覚悟で。
だからこそこの人の歌は……こんなに響いて仕方ないんだと……。

悔しいけど。
やっぱり私の原点はこの人で。
そしてこの人以上はないのかもしれないと思わされてしまいました。

……あ、痛いのはもちろん承知の上です☆
いつもの病気が加速したと思ってあたたかく見守って頂ければ……歪んだ愛情ばんざい!\(^o^)/←

そんな訳で、曲は一部の序盤?にかぁくんと歌ってた『インクの終わりに…』という曲。
前述の内容とか考えながら聞いてたら、なんかいっぱいいっぱいになってしまいました。
どうか、これからも素晴らしい歌を歌い続けていって下さいませ……。・゜゜(ノД`)

その後は、芥川が亡くなって希望を失った闇の部分を表現したという『嵐の中の灯台』。
舞台での一部ラストの曲ですね!
これは舞台でも素晴らしかったんですが、今日は低音がいつもにも増してよく響いていて、迫力もひとしおでした。
こんなけ歌ってるんだし、メロスのサントラ(?)出ないのかしら……勿体無い。。。

ラストは現在の日中関係に軽く触れつつ、文化交流という点ではこれからも続けていければ良いな、と上手くまとめて映画『女優』の曲へ。
タイトル言わなかったけど、『女優〜枯れ葉に落ちる優しい雨のように』って言うそうですね……コメントで教えて頂きました☆
曲は抑揚もあって、特に後半サビの部分の盛り上がりが素晴らしくてとってもよかったです!早く音源になって欲しいですね。


本編は此処で終了。
どうやらアンコールもあるみたいなので、クラッシック風に手拍子してたら結構すぐに出て来てくれました。


アンコールではまず、サポメン様のご紹介を。
今日は特に無茶振りもなくあらたまった感じで(←)皆様を紹介していました。

本当の最後は「愛をこめてを贈ります」というヒトコトから愛の讃歌!
個人的にはこれを歌うとは本当にびっくりで、正直なところ「え?大丈夫??」って思ったくらいでしたが……もちろん杞憂でしたよね。
前半はまたスツールに座って歌ってたんですが、ゆるゆる〜っと柔らかすぎる空気と共に気持ちの良い歌声が届いて来てやたら幸せな気分になりました。
そうして後半は、立ち上がってマイクで拾いきれないくらいの大熱唱!
ぶっちゃけ今日までは「お高い買い物しちゃったかなー」と思ってたんですけど、あああもうご馳走様です感無量です!!\(^o^)/

ステージ降りる時、テーブル席の女性が数人お花を手渡したり、最前のテーブルにおられた恰幅の良いサラリーマン風の男性が握手を求めたりしてましたが、RYUは笑顔で快く応対していました。
きっと、本人も今日のお歌に満足出来たのでしょうね。本当に何よりです(*´▽`*)


お陰様で、やっぱりRYUの歌が好き!と懲りる事なく再認識した夜でした。
もうこればっかりはどうしようもありません……例え来月、別人のように荒ぶっておらたとしてもな!!(笑)←

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲