こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2012年07月06日

The 15th Anniversary Ryuichi Kawamura Concert Tour2012 『Close To You』@NHK大阪ホール

実は今回のツアー、始まる前からテンションの下がることばっかりあって若干グッタリしてまして……。
まぁそのうちの1コは『YOUさんがいない』ってコトだったんですが(笑)、それは土屋様ご降臨情報により(分かりやすくてすみません←)何とか払拭。
しかし、やっぱり許せないのはなんといってもコレですよね。

1.まさかのまさか、チケットが来なかった。
2.問い合わせても返答がなかった。
3.その上一切の謝罪もなかった。

……_ノ乙(、ン、)_

いやまぁ、手違いとかあるだろうし運が悪かっただけなんだろうけど、FC手配のプロモーターの対応があまりにもひどくてスルー出来ないレベルでして……。
正直、社会人として電話の応対の仕方から教育し直されるべきかと。新入社員の時に貰う研修冊子、送り付けてやろうか。(爆)
「本日中にこちらから折り返しお電話致します」と言ったならきちんと連絡して来い。仮にもお客様だぞ一応……2日経っても連絡して来ないとかどうなってんだ。
挙句、仕方なく自分から連絡したら同じ人間が出たくせに謝罪も無いとかほんとなに考えてんの……社会人だろ!しかもプロモーターなんて信用商売だろーが!最低限のコトも出来ないなら会社員なんてやめちまえ!!
と、久しぶりに本気でキレそうになったので(汗)、慌てて電話を切りました。←
此方に一切非がない時はキレたら負けですからね。冷静にクレームをつけましょう。

有限実行。
本当にFCに抗議文出しました……『あのプロモーターなんとかしろ』と、ビジネス文書並みの文面で(笑)
話によると初日はプレミアチケ(SS席についてるオマケ的なアレ)も足りなかったとか……/(^o^)\
今後、少しは改善されますように。


とまぁ散々愚痴っておいてなんですが、ライヴ自体は激しく楽しみにしておりましたよ☆←
よく分からないんですけど、直前に『りゅういちにあいたいよー!』スパンが急に来たんですよね(笑)一体何故。。。

そんな訳で、以下は個人的ツアー初日、大阪の感想文など。
メモの時点で大概お気付きかと思いますが……いろんな意味で(汗)あまり良い内容にはなっていませんので、お読みになる方はどうか自己責任でお願い致しますね。
というコトで、どうやら完全に忘れられていたらしい(苦笑)本日の私のチケはSS席ゾーンの上手寄り後ろから3段目。
なんかもう、お友達に合わせる顔がないというのはこういうことを言うんでしょうね……FCチケだっつーの!なんてうじうじしてたら、後列は割と急勾配になっていてRYUの足元まで丸見えとかいう思ったより良く見えるお席でした。
しかも2部で立っても足元まで丸見えが継続。ぶっちゃけ後ろだからと思っていつも以上にやる気なすな格好で来たのに、背がデカいのもあって予想をはるかに超える勢いで周囲から浮いてるとかなんなのイジメなの?

……_ノ乙(、ン、)_ばったり。←

閑話休題。
ライヴの話に行きますよー。

今回も始まる前にはステージに幕。
でも、定刻に客電が落ちた後幕が上がってもそこには機材しかありませんでした。
ってかセットがない!(汗)バックにでっかいスクリーン的なものがあるだけ。しかもそれが眩しいくらい光を発してて、白熱灯にも似た色合いの光の中サポメン様達がいよいよ登場。

ちなみに今回のサポメン様は去年と同じくドラム慶くん、ベースあっきーさん、ギター福田さん、SAXユカリ姐さんに加え、もう1人のギターは土屋昌巳様!!
YOUさんいないのは寂しいけど、びよんぶりに土屋さんのギターが聞けるなんて有り難き幸せであります!(笑)
そしてコーラスのかわいらしいお嬢さん達は元EARTH(知ってますか?女の子3人組のグループ。)のサヤカちゃんとユカちゃん。
確か当時弟が好きだったんだけど、今見たら葉山っちのお仕事だったんですね。なるほど。

その後登場したRYUは黒のやたらと光沢あるジャケットに黒のシャツ、黒のパンツに黒の靴でした……なんとブーツインじゃありません!(笑)
髪も切ったんですね。後ろ髪を妙に流して固めてるのはおかしいような気もしたけど、全体的にはまぁまぁかわいらしい仕上がりでした。

よくよく見ればRYUはなにやら全身黒づくめですが(笑)、その対比なのかなんなのか、サポメン様はみんなシルバーのパンツスーツでした。
ユカリさんも珍しくパンツ。慶くんも1部はちゃんとジャケット着てました。
そしてユカリさんと慶くん以外はみんなインナーも白いシャツ。何故か福田さんが蝶ネクタイしててちょっと笑ってしまった……すみません←
あと、土屋さんは黒っぽいメガネをかけてらっしゃいました。格好いい(*´Д`*)


さて1部。
1曲目はアルバム収録予定と同じく手紙から。
この曲はじっくり聞いたことなかったんですけど、歌詞がめっちゃいい……合唱曲とかになってるのも納得。
個人的には外音のマイク音量が異常に大きすぎる気も。あとRYUはなんかちょっと表情が固い感じ?

とかなんとか思ってたら、2曲目のin the skyがもう!演奏ガッタガタで!!/(^o^)\
なんか忙しない感じもするし、落ち着きがないって言うか……ぶっちゃけなんの曲かも分からなくなりそうなレベルで、RYUも微妙に入りとかずれてたりしてますます訳の分からないことに_ノ乙(、ン、)_

でも、次のなごり雪はそれなりにサラッと歌えていました。
……いや、個人的にはサラッとなんて歌ってくれなくていいんですけどね。
こないだのラジオで「リラックスしてサラッと歌いたい」みたいなこと言ってたし、ワザとなのかなぁ……と思ってたんです。

……思ってたんですけど!!

ここで挨拶もせずにひっくーい声でタイトルコールだけしたのに心底((((;゜Д゜)))ヒィィィィ!ってなりました……ななななんだなんだどうしたんだ恐すぎるだろ!!

しかも、リフレインが叫んでいるの途中(ギタソロらへん?)で福田さんと慶くんを煽るみたいに無駄に急かしてたように見えて、本当どうしたのかと……。
いやその前に、そもそもこの曲ってこんなに速かったか?舌噛みそうな勢いで歌ってるけどなに??みたいになりました。

そしたら続く空と君のあいだにも馬鹿みたいに速くて(こっちは年代的にどストライクなので間違いないです)おおお落ち着け!どうした!?なんでそんなにイライラしてんの君は!!!ってなりました。
個人的に楽しみにしていた曲だったので、曲の良いところが一切表現されてなかったのが本当に残念。
そしてそれ以前にRYUがなんか「上手くいかない上手くいかない上手くいかなーい!」ってぐずってる感じ。良い表現が見つからないんですけど、軽いパニック症状っていうのかなぁ……とにかく全部もう嫌!って投げ捨てたくなってる感じの殺伐感。
私自身よくなる症状に似てる気もする(苦笑)ので、そういう時どうにも出来ないってのもすっごい分かるんですけど……とにかく恐すぎる。(2回目。

とか思ってると、此処でようやく挨拶した声も低いし、「ラジオで月2回くらい大阪来てる」って言った言い方もものすごい投げやりで(多分)客席ドン引き。
さすがにまずいと思ったのか、一応はちゃんと曲紹介をして(だからと言って恐いのには変わりない←)こわれそうなこの夜に。
この曲はマイクレスで出来た曲って言ってるだけあって、少し声の出し方が違うのかな?若干まるみを帯びていたようにも感じたんですが、やっぱりなんか……気が入ってないように思えてならない。

こ、コレは久々にやらかしたな……:(;゛゜'ω゜'):

そんな感じなので、帰りたくなったよも結構軽い感じで歌われて(´・ω・`)ションボリ。
確かに声は出てるんだけど、声が出てるだけじゃ響かない……RYUの歌はそうじゃないんだ!って少なくとも私は思ってるので、どんどん落ち込んで来ちゃって……。

なのに、次のYO GA YONARA...でギター(今日はクロちゃんだった)持ち始めて更に大惨事発生。←
RYUのギターの音色作りがおかしすぎる……なんなのあのこもった音は!去年弾いてた時の音の方が数倍良かった。
しかも、福田さんと土屋さんの息がとにかく合ってないのに、そこへRYUまで混ざって来るからもう……どうしてこうなった……_ノ乙(、ン、)_
アウトロだって去年あんなに(弾けてないクセに←)ドヤ顔全開で弾いてたのに、今日はずっと後ろ向いてるし……辛すぎる。

なので当然、1部ラストのSearching for the lightも全然気持ちが入ってなかった(´;ω;`)
舞台終わりであんなにいきいきと歌っていた彼は何処に行ったの?リラックスして歌うって言ってたのに余裕のカケラも見当たらないなんて、本当に悲しすぎるし恐すぎる。


結局、1部は最後の最後までニコリともせずにさっさと退場。
あまりのことに思わず大和郡山の悪夢が蘇りました……あの時ほどではないとはいえ、心此処に在らずな時のあの人は本当に駄目駄目なんですよね。
加えて今日は1人でものすごく行き急いでる感じ。そんなに慌てて何処行くの?帰りたいの??みたいな。
声はそこまで悪くないだけに体調的なものよりかは精神的なものなんだろうなと思うと、居た堪れなさ過ぎて休憩中に力尽きそうになりました。・゜゜(ノД`)

頑張れ。
まだ諦めるには早いぞ。

……RYUはもちろん、私たちもね☆(ぁ。←

そんな風にお手洗い行きつつ意気込んで(?)いたら、うっかり2部が始まりそうになってました。
今回休憩早くないですか……本当危なかった(;´д`)


2部の始まりは1部のようにサポメン様が出て来て……いきなり慶くんのドラムソロっぽいのが始まってびっくり!
そしてそのまま1曲目のジュリアへと繋ぎつつ、RYU登場。
おおおお衣装が白シャツ黒ベストなんですけど!かわいいー!!(*´▽`*)
これであの人が絶好調だったら言うことないんだけどな……。
ちなみにサポメン様では唯一、慶くんだけがジャケットを脱いで来てました。まぁ暑いですよね、ドラムさん的には(笑)

とは言えここからは自分の持ち歌だし、若干表情がゆるんだような気も。
本当にテンション高い時みたいに手振りは出ないし歌も若干あっさりめだったけど、それでもさっきまでの眉間に皺寄った感じではなくて少しホッとしました。

続けては、「2001年、再始動(だっけ?)の1曲目でした」というMCからは、Ne→静かな夜は2人でいよう→Brilliant Starsという起伏の激しすぎるメドレー。

……いや、静夜勿体無すぎるだろ。

この曲って浮かばれないことが多いような気がする(笑)んですけど、なんで?もうちょっと大事にしろよな……しかもそんなトコで切るんかい!みたいな_ノ乙(、ン、)_
Neとブリスタは久しぶりに聞けて嬉しかったけど……やっぱ表情から固さが抜けないんだよぉぉぉ。あのきつかった100曲の時でさえふわって笑ってたのに!!。・゜゜(ノД`)

その後は「織田哲郎さんに書いて頂いた曲です」というMCからヒロインへ。
RYU、この曲好きだよね……?なんかちょっと戻って来たかもと思えた。
手振りとかもちょいちょい出るようになって来てたし、あと少しなんだけどな……。

とか思ってたら、此処でマイクレスLove is...をやってくれました。
これが普通に声も歌の表情もそれなりに出ていたので、やっぱり今日の不調は内面的要因からなのではないかと確信しました(´;ω;`)←誰。

続けては、バニラのコート→誰のためでもなく君に。
このパートはさっきのマイクレスで若干スイッチ入ったのか、ここまででいちばん気持ちが乗っていたように思えました。
しかも誰君はほとんどフルコーラスで嬉しかった……わたしこの曲大好きなんだよ。いろんなことがあったおれんじツアーのこと思い出さずにはいられない。
そしてそれがあるからこそ……今日と言う日もまだ、諦められない。
ただのファン1人がなにか出来るだなんて驕ってはいないけれど、なんにも出来ない訳でもないということをあの時知ったから……ね?

そんな中、次は「大切な曲です」というMCからGlass!
これ、いつもなら狂喜乱舞(笑)するセトリだわ。調子いい時に後半に置かれたGlassの破壊力たるや、想像だけでなんか出せる勢いですからね。(大丈夫か。
今日もこんな状況でよく頑張ってるなとは思ったけど、間奏のアタマ切ってるからかロングトーンやんないし……ってかあの間奏の静かなところ重要だろ!
あそこでじわじわと力を溜め込んでんじゃないのかっていうあの高揚感がハンパないのに。
そしてそれをシャウトと共に全解放する瞬間の、あのトリハダ立つ感じと言ったら!くぁぁ堪らんな!!(妄想中←)
てことでやっぱ今日の出来じゃもの足りない……土屋さんのギターはめっちゃ格好良かったけど、ギターアレンジにするならますますもの足りないわ……!いつぞやの夏JACK並みのGlassが聞きたーい!!(どたばた

その後はBEAT→SE,TSU,NA→Sugar Ladyというそれなりにノリやすい曲でのメドレー。
なんだろ、ここまでのバラードゾーンである程度吹っ切れたのかな?BEATのアタマでようやくニコって笑ったの見て泣きそうになったよ……うわあああん(´;ω;`)
楽しそうに歌うRYUが何より大好きなので、嬉しさのあまり♪でいあふたーでい♪叫んだりしてきゃっきゃしちゃいました(笑)

そしたらまさかのまさか、続くSE,TSU,NAの入りの音を全力で間違えたなど/(^o^)\

それも、外したとかいうレベルじゃなく全く違う曲だろそれってくらい一音もあってなかったという。。。
これには本人も相当びっくりしたようで、驚くほど本気でおろおろしてました(汗)
ライヴ中にあんなに動揺しているRYU、初めて見たような気がする。
珍しい上に面白すぎるしかわいすぎたので、ここぞとばかりに「やり直せー!w」とか野次ってやりました。
……えぇ。愛情です。(本当か。←

結局、にっちもさっちも行かなくなって両手で×して演奏止めた後も照れ笑いするしか無く、とりあえず土屋さんのせいにして構って貰ってました。
いやもう可愛かったですよぬ……余程テンパってたのか、その後も歌詞全部吹っ飛んじゃったんじゃないの?ってくらいサビも歌えず、ただひたすらに笑ってました(笑)
でもそのお陰で逆に変な力が抜けたのかな?客席もちゃんと見えるようになったみたいで、あっちこっち煽って喜んでました。

えっと……あのコーラスの手振りはそんなにおかしいですか、そうですか。←

とまぁまたしても身内ネタコントみたいな展開になったので、お友達と大爆笑。
まさかこの距離でそんなことはないと思いたいけど、客電ついてからの猛アピールは笑い過ごせるレベルじゃなかったよね。なんなの( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

……_ノ乙(、ン、)_か、勘弁してくだしあ。。。

ちなみに、続くSugar Ladyは慶くんのせいで全くの別物になってました(爆)
いつぞやのアニーと同じくやたら激しくドラム叩くんだもん、お友達がヘドバンしそうになったって言ってたのも分かる気がしたよ……いいぞもっとやれ!←

本編ラストはI love you。
明転したらすっかり笑顔になってて本当によかった!(ノД`)
サビで「あいらぶ『りゅー』!!」とか叫んでた10年前が懐かしいです(笑)
今となっては完全に黒歴史ですが、気にしたら負けですね。
なんだかんだで終幕後から数えても10年以上、変わらずあほなコトばっかりやってる残念なリュウスレですみません。
なんか、彼に向ける感情が年々捻くれて歪んでってる気がする……これでも愛はあります!それも結構な勢いでな!!(どうした。


アンコールは結構早めに登場。
しっかしウワサの赤いシャツが予想をはるかに超える赤さ(笑)で、思わず絶句。
なんつー目を射す色なの……眩しすぎて笑えてくるくらいでした。←ひどい。

曲は深愛。
多分、今日は全体通してどう考えてもダメな部類に入ると思うけど……こうしてなんとか最後までやり遂げてくれたのは素直に嬉しかったし、きっと次に繋げてくれるだろうと期待して70点くらいはつけてあげようかなと思いました。

最後はそれなりに笑顔で終われて良かったね。
次回はもっと自分の歌に満足して心からの笑顔を見せてくれますように。
心から祈ってます。


ちなみに、終わってから4人でパンフを買ったらうっかり諭吉お1人様分になっちゃったので、厳正なるジャンケン大会を行いました☆←
結果は……私は握手してませんよ?
みんなの代表として(←)とっても美人なお友達が行って来てくれたので、きっとRYUも喜んでくれたことでしょう(笑)
なにしろあの人分かりやすいからなー。

お友達いわく、「キラキラしてた」そうで……どうにか今日の公演もカタチはついたってことでいいのかな?
個人的には、RYUだけではなくサポメン様達(特に福田さんと土屋さん)もイマイチ歯車が噛みあっていないように思えてならないので、早くいろいろなものを立て直して欲しいです。
(実はYO GA YONARA...のギタソロが勝手にYOUさんメロで脳内再生されているのは秘密。あれだけはどうもいかん……YOUさんの音が好き過ぎて辛い。。。←)

RYUはやれば出来る子だもん。
だからこそ、最後にあえて言わせて頂きましょう……2009年カウントダウンみーちんぐで認められた(?)この言葉を。

 ち ゃ ん と や れ !!(笑)


……明日の名古屋は気持ちよく歌えますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲