こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2012年04月28日

舞台『銀河英雄伝説 第二章 自由惑星同盟篇』見てきました☆

えぇと実は私、中学生くらいの頃に同じ田中芳樹先生の『創竜伝』にハマっていたんですが、何故か銀英伝はスルーだったんですよね……。
今思えば、あんなに流行ってたのになんでハマらなかったんだろう?謎過ぎる。

そんな訳で、一応予習としてアニメを見始めたんですが……普 通 に お も し ろ い !!

声優さんもやたら豪華だし、よく考えたらファーストガンダム好きなのにコレでハマらない訳がないですよね/(^o^)\
キルヒアイスたんかわいいよキルヒアイスたん(ぇ。

とまぁ初っ端から完全に目的を見失っておる訳ですが(笑)一応は内容を理解するには至りました。
付け焼刃な知識で見たのでイマイチ的を得ない感想になるかもしれませんが、それでも宜しければどうぞ☆
何を間違ったか今日のお席は2列目のほぼどセン。
正直申し上げまして、映像を使う舞台をそんな前で見ると完全に映画館の最前列状態で……オープニングの映像はほとんど意味が分かりませんでした_ノ乙(、ン、)_
そしてダンサーさん達のダンスがあって……何故か謎のラップが(笑)
え?なに?どゆこと??って思わず( ゚д゚)ポカーンてなりました……正直あのシーン要らなくないですか?未だにあのシーンが何を表しているのかが理解出来ていません←

その後はアニメで初めてヤンが出て来るシーンそのままで、ようやくテンションが上がりました。。。
しかも、りゅーの演技が奇跡の出来栄えであるなど/(^o^)\

要するに……ヤンかわいいいいいいい!!!で間違いないですねご馳走様です(^q^)←

敬礼するお姿にきゅー(n*´ω`*n)ーんとしつつ、帽子を取って髪をもじゃもじゃするのもかわいかったし、そしてユリアンとの2ショになると急にかわゆくなるのもなんかもう……良いじゃないかりゅういちいいいいい!!!(落ち着け。
個人的にはラップ役の野久保直樹くんが羞恥心の時から好きだったんで、ラップとヤンの2ショに(*´Д`*)'`ァ'`ァせざるを得なかった訳ですが(笑)ジェシカに声かけるのに突っつき合ってたのとかマジかわいかったです。

そしてフレデリカたんまじかわゆす(*´Д`*)←阿呆。
ユリアンもかわいかったし(ぇ)ジェシカも美人だったけど、なによりフレデリカたんだろ……ヤンが照れるのも無理ないですよね。真面目にかわいい。

舞台としては戦闘シーンの表現が非常に良かったです。
アニメでもずっとクラッシックが流れている斬新な演出ですが、舞台でもスクリーンのCGと役者さんの殺陣に合わせてクラッシックが流れていました。
正直、こういうファンタジー系の二次元を三次元で表現して、こんなに上手くやっている作品も珍しいなと思いました。

内容的にはアニメ予習して行ったので十分過ぎるくらいに楽しめました……危うく大千秋楽のチケット買いそうになるくらいには(ぇ。
だってー、ヤンが本当に素敵なんだもの!RYUがどうとかじゃなくて普通にヤン提督として素敵でした☆
東京公演で銀英伝のファンの方にあたたかいお言葉を頂けていたのも納得。
にわか仕込みでもこんなに引き込まれるんだもん、好きな方なら尚更ですよねvvv本当にありがとうございます!

あと、特筆すべきはやっぱり随所にぶっこまれるアドリブですよね!

シトレ元帥(西岡徳馬さん)「きみはいくつになったのかね」
ヤン「29になりました」
シトレ元帥「42くらいにしか見えないなw」

とか、

キャゼルヌ先輩の「ワイルドだぜぇ!」
ヤン「……(ボーゼン←)」
キャゼルヌ先輩「あれ?知らない?今同盟で流行ってるんだぜ?」
ヤン「TVはあまり見ないもので」

とか……他にも、

シトレ元帥が新地で4時まで飲んでたこと暴露したりとか、
フレデリカが紅茶持ってきた時に東京千秋楽に引き続きちゃんと中身が入ってたらしく「今日もいっぱい入ってるねぇ〜」ってヤンが笑ったりとか、
ポプランの理想のタイプが「家庭的な上沼恵美子」だったりとか、
ポプラン達が女性口説くシーンで「やっぱ好っきゃねーん!」とか、
大阪らしいネタも交えつつ本当にいろんなネタが満載で笑うところも多数でした(笑)

ちなみに、ヤンが第13艦隊を組織する時に(ここの戦隊もの的ポーズにも笑った←)ちょうど金澤さんと大澄賢也さんの間にRYUが並ぶシーンがあるんですが、うっかり「やぁエイモス!」って胡散臭い喋りが頭を過ぎりましたよね。。。

……それなんてCHICAGO!(笑)←旦那と弁護士と殺された愛人ね。

とかなんとか言ってますが、内容はやっぱり戦争モノなので結構グッと来るとこもあって……。
ラップに語りかけるヤンとか、最後らへんでユリアンの進路の話してるトコとか、不覚にもRYUの演技でうるうるしてしまいました。

そこへあのSearching for the lightの合唱でしょ?
いやもう……泣きますよね?
しかもあの人、此処まで完全にヤン提督になりきってたくせに最後の大サビからオーラスにかけて突然本気出すんだもん!
お陰で前だったせいもあり、生声届きまくりですよ……自重はどうした!(笑)

_ノ乙(、ン、)_りゅうのおうたははんそくです←

まぁね、揺ぎ無く私のかわゆすぎるお友達をガン見でしたからね……最後は投げキスの嵐だし。
あそこでRYUに戻るのかしらん?投げキスで笑われてどうする。。。


そして今日はアフタートークもあったので軽く覚え書きでも。
出演者はRYUとシトレ元帥役の西岡さん、シェーンコップ大佐役の松井さん、ゼークト大将役の伊藤さんでした。
……の、はずが……椅子が1コ空いてて不思議に思っていたらまさかの田中芳樹先生がゲストに……!!

ご登場と共にいそいそとお世話をするRYUというかヤン提督というかに激しく萌えました。すみません。←

田中先生のお話で特に印象深かったのは「よく帝国と同盟どちらが……」と聞かれるそうで、その事を「運動会で校長先生が赤組でも白組でもないのと同じような感じ」とおっしゃっていたのがなるほど素敵な表現だなぁと思いました。
他にも「銀英伝が生まれたのはスターウォーズより前」だというお話なども聞けて、あっという間の時間でした。
残念ながら(?)RYUはほとんど喋りませんでしたが、こういう場面でしゃしゃり出ないところも好きなので仕方ありません(笑)

とは言ってもRYUは終始笑顔で、むしろ上演中もとっても楽しそうで、作品自体も頂いた役も本当に大好きなんだなぁって思えました。
私も今アニメ見進めてますんで(笑)この続きも是非演って頂きたいです……悲しい結末になるのは分かってても、ね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲