こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2012年02月23日

Ryuichi Kawamura presents『No Mic, No Speakers Concert #004』@愛知芸術劇場

ということで、RYUでは久々の(調べてみたらピアノツアー以来だった)名古屋に行って来ました!
しかも会場は『あの』愛知芸術劇場……いやね、覚醒ツアーの時にお友達と2人、アンコールで2階から飛び降りたというトンデモな黒歴史がある会場なんですよねあはははは☆←

……すみませんごめんなさいもうしません_ノ乙(、ン、)_

しかしながら11年ぶりに見た2階席は記憶以上に高くて、一体どうやって其処から飛び降りたのか全く理解出来ない件。
若いって恐いよねー。(他人事か。


今日は移動が1人だったので、アーバンライナー&ひかり早割でいつもよりちょっと節約してみました。
相変わらずアーバンライナー快適すぎてびっくりする。
座席間隔めっちゃ広いし名古屋まで止まらんしおしぼりあるし(笑)大好きですvvv
帰りは初めて早割使ってみたんですが、やっぱり新大阪〜名古屋間なんてのぞみじゃなくて全然いいわ……乗ったひかり各駅停車だった(汗)けど、セトリ打ってる間に半分以上過ぎてましたもん。

名古屋やっぱり好きー。みそかつも美味しかったし(*´▽`*)←しっかり食べてる。
しっかしテレビ塔を壊しちゃうって聞いてマジびっくりでした。
アレは全然観光名所じゃないの?
大阪で通天閣壊すて言うたら間違いなく大反対が起こると思うよ??(笑)


ではでは、以下はそんななごやんの感想文など。
珍しくMCの記憶が残ってたのでいつもよりはレポっぽい仕上がりにはなってますが、所詮私が書くものなのであまり期待せずお読み頂ければ幸いです。
当然ながらネタバレ満載ですので、これから東京公演をご覧になる予定の方はご自身の責任でお願いしますね。
今日のお席は下手側5列目。
座席表を見ると真ん中ブロック以外は1列がないみたいで4列目かなーと思ってたら、席番がふり直してありました。(理由は後述。)
どうやら、もともとの6列目が1列になってたみたいで、私が座った席は10列になるのかな……?
お陰で友達に聞いてた「前の方の席はステージが高いから首痛い」という状況を回避出来ただけでなく、結構スロープがついてて逆にとても見やすかったです。

でも残念ながらお客様は2階までだったような。
大阪の時は8割以上入ってた印象だったので、なんとなく寂しい気持ちになりつつも……いやむしろなんで大阪あんなに入ってたのかと←ぉぃ。

セット的には結構広めのステージの真ん中にサポの皆様の椅子と楽器が配置されていて、弦チームとアコギのお2人の後ろには反響板らしき衝立(?)が置かれてありました。
しかも大阪とは違い、ステージバックも反響板も黒一色だった(もちろん皆様のお衣装も黒)ので妙にシックな印象に。
同じシンプルな作りでもこんなに雰囲気が変わるものかと驚きました。


開演はほぼ定刻でした。
何しろステージが黒っぽいので、客電落とすと大阪以上に周りが真っ暗になってこれまたびっくり。
最初にサポの皆様が登場され……おおおおお葉山っちがスーツじゃないかあああああ'`ァ'`ァ(*´Д`*)'`ァ'`ァh(落ち着け。
黒というよりはダークグレーっぽいスーツにシャツも同系色で、ネクタイだけ黒で締まっててほんと格好いい!つか細い!!髪もゆるやかに流しててマジ貴公子!!!
ななななんとその上自分の席から葉山っちの手元丸見えとかいう好アングルとか、これでテンション上がるなと言う方が無理があります(笑)ありがとうございます。←まだRYU出て来てない。
ちなみにお友達が「ガッちゃんだけ妙にカジュアルだね」と大阪の時の私と同じツッコミを入れてました(爆)あのぉスーツないんですか……?

RYUは大阪と同じお衣装で登場。
エナメルの靴は近くで見るとチョコレートみたいな色でした。
そして葉山っち以外全員大阪と同じ衣装な気がするんだけど……山田さんのベスト&蝶ネクタイのお姿がかわいいなーなんて思ってませんよ!←


セトリは大阪と全く一緒。
しかしながら1曲目から未発表曲『壊れそうなこの夜』で客を動揺させるのはどうなのか。。。
あと大阪と比べてなんとなく固さが抜けているのような気がしたんですが、いかんせん席が随分前になっているのでなんとも言えないです。
よく考えたらこんなに前でノーマイク見るのはオーチャードぶりだったなど……((((;゜Д゜)))

続くニューヨーク・シティ・セレナーデも気持ち良さそうに歌ってました。
最後のファルセット使うところが特に綺麗に響いてて良かったです。

此処で最初のMC。
今日は音の響きの関係でオケピにステージを作ってある(だから席がイレギュラーなことに)らしく、「本来のステージの端は……葉山くんちょっと立って?」と急に言われて葉山っちがあからさまに動揺してました(爆)
しかも「此処がステージの端なんですね」って話してる間中なんか立たされてる子みたいになってたよ葉山っち……。
『一番後ろの席まで良い音を響かせるために』選んだのがオケピの場所だったみたいですね。
そのせいでステージのバックが幕(緞帳)になってしまうから反響板が置いてあるのですね、理解。

あと、MCではマイク使う理由を説明するにあたり、「最初の頃はこうやって話してたんですがー!」ってちょろっとだけ生声で喋ってました。
「リアクション取りにくいからやめた」そうです。拍手とか起こると何も聞こえなくなるとか。ふむふむ。
そういえばオーチャード(2日目)行った時、「昨日不評だったのでマイクを使います」と言ってたような。

そこから「まさにノーマイクのための曲」的な紹介でAmapolaへ。
うん。やっぱり大阪より力が抜けてて声が通ってる気がする。雨で花粉も少ないからかな?

で、曲終わりで大阪とは違いストリングスの皆様に一言退席を促してました。
それからLove is...を作ってくれたミチコ先生のことを「憧れの先輩もみんな通ってたボイトレの先生」と……おまえそれMORRIEさんのことだろと小一時間(略。←
どんなけ好きなんだよ。

そんなLove is...も伸びやかに歌えていたような気がしました。
ただね……この曲終わりで2列くらい前にいたソコソコ年配の2人組が突然立ち上がって拍手したのはちょっと……。
次の深愛でもしてたし、かと思えば曲中の私語が2列後ろまで聞こえる勢いだし、一体なんなのと……もし本当に心からの賛辞を送っていたにしても、曲中の頂けない態度の所為でただの目立ちたがりにしか見えなくて、正直鬱陶しいとしか。。。(こらこらこら。

ちなみに深愛は今日もやっぱりロックスイッチ入ってました。
間奏ではもちろん後ろ向き。そしてやたら大音量。
あれって反響板直撃×厳島神社で感じた謎のサラウンドの為せる業なんですかね……??
でも♪心の中のキミは〜♪は真正面向いてたので違う意味で死ぬかと思った。恐ぇ!!←

此処でストリングスの皆様が戻って来られて、「ノーマイクはソロだけどチームで戦ってる」話の時に「バンドLUNA SEAは5人で戦ってて」とか言い出して焦った。
なのに「ソロは1人で戦ってるんだけど、今日はえーっと、いちにーさんしーごーろくしちはち……」っていきなりサポメン様達を数え始めたんですけどどうしたら……。
知ってたけどあの人、あほの子ですか?(爆)
その上「ぼく入れて12人だからサッカーに近いのかな……じゃあ上垣さんは監督で。キーパーはガッちゃんかなー。どーんと構えてるイメージ。あ、97年からずっと弾いてもらってる嘉多山信さんですー」(此処までのくだりが長すぎる上に意味不明なコトはこの際そっとしておく←)って紹介したら、ガッちゃんが立って一礼してから投げキッスしたんだけど……どどどどうしたの!?キャラ崩壊すぎませんか??(笑)
最終的に「ガッちゃんと愉快な仲間達ですー! あ、後でちゃんと皆さん紹介しますけど。うふふ」みたいになっててもう対応しきれません。。。

そんな投げっぱなし感満載の中、次のVanilla Moodさんの曲を説明するのにYUIさんとMARIKOさんを紹介してたんですけど、このとき何故か「バイオリンのYUIと……、……MARIKOと、あとピアニストがいるんですけど……」って言ってて、それ今絶対目の前にあるデカい楽器の名前ど忘れしただろ!と心の中でツッコまずにはいられませんでした(汗)
今度3月20日にあるVanilla Moodのライヴで何曲か一緒にやらせてもらうことになったそうですよー。

曲はVanilla MoodさんのCome Rain or Come Shine。
大阪の時はタイトル聞き取れてなかったみたいで申し訳ない。跳ねるようなストリングスが軽快で爽やかな曲ですよ♪

曲終わりでRYUが戻って来て、再びMC。
此処ではノーマイクの意味?みたいなのを語ってたんですけど、「マイクを通すとリバーブとか×××とか(名前忘れた……多分3文字だったと思う)をかけて、例えば体調が悪くてもそれなりにちゃんと聞こえるようにする……決してギミックではないんだけど、そういう技術が今は進歩してて……」と言ったあと「果たしてCDと同じように歌える人がどれだけいるのか」と何気にサクッとディスってました(爆)
もちろん「別に他の人がどうとか言ってる訳じゃないですよ?」とフォローしてたけどそれ本音だろ。おい言ってみろ本音だろ!と思ってニヤニヤしちゃいました(ぉぃ)ブラック降臨ばんざい!←
あとその流れで「今デジタルなモノがブレイクしてて」って話してた例えがPerfumeと『実在しないアーティストのライヴに行ったりする』(=ボカロのこと?)で、とりあえず彼が言いたかったコトは「流行りとは真逆だけど体当たり的に頑張ります!」ってコトなんだと思うけど、あの話し方だといろいろ問題があるんじゃないかと……説明下手か。あれ違う意味にとられても文句言えないよ?(叩かれたくないので詳細は伏せますネ。)

そんな訳で曲はCon Te Partiro。
今日はロングトーンも十分でもちろん最後もビシッと決まったのに、前述の2人組がフライングで拍手したからほんまにムカついた!勿体無いっての!!
お歌は本当に素晴らしかったです。本当に。
次の誰も寝てはならぬも最初の低音部分から伸びが全然違って来てて、おおおRYUノッて来たんじゃない?って後半に向けて期待が高まる一方でした。

MCを挟んでは、想いそのままに。
このアレンジほんと素晴らしいわ……葉山っちのピアノも美しかったです。
心地良すぎて寝そうになる勢い(爆)

次のMCでは、銀英伝のお話や自分の役柄について細かく説明してました。
なんかぼそぼそ話すタイプのキャラらしく……今はぼそぼそ喋ってるように見えるけどちゃんと後ろまで声が届くような声を練習してるそうです。
一体どんな感じになるのか、全然イメージが分かりません。楽しみにしといていいのかな?

曲はモチロンSearching for the light。
先週のラジオでオリジナル版(みんなで歌ってるバージョン)流れてたけど、この曲妙に泣きそうになる……メロディも歌詞もどこか琴線に触れるみたいで、意味も分からず苦しくなりました。
お願いだから音源にして下さい。もちろんRYUソロばーじょんも収録でね☆←

次は再びVanilla Moodさんの曲から紅唇……『こうしん』と曲紹介したので多分コレかと。
正直言って好みすぎます。
大阪で聞いたときから好きだなーって思ってたけど、やっぱり好きでした(笑)

で、戻って来たRYUは此処で「入口で紙をお渡ししたと思うんですが……」と緑の詩の歌詞カードの説明をし始めました。
「次は緑の詩ではありません!」と言いつつも、「この後続けて2曲お送りした後葉山くんのソロパートがあって、そのままなだれ込むように最後まで行っちゃうんで、明るい中で皆さんに紙を出して頂く場所がない」から、「今から膝の上に置いておいて下さい」と……。
なんでも「大阪でもっと最初の方でアナウンスしたら、出す時の音が曲にかぶっちゃったんでぼくのディレクションがいけなかったなと思った」からだそうで……おおおなんか学習してるぞ!と思っちゃいました(笑)
確かに私も『バサバサうるさい』って書きましたけど、みんなそう感じてたのかなと思うとなんとなく面白かったです。←

そんな訳で、次は緑の詩ではなくYO GA YONARA...です。
大阪に続き「若い頃は音楽で食っていくことしか頭になかったけど、30手前くらいからよくニュースを見るようになって、震災キッカケで自分の生まれた日本を思う気持ちとやっと向き合えた」みたいなことを話してました。
この曲、聞けば聞くほど泣きたくなるのはなんなんだろう。ツアーの時より更に好きになってる気がします。

そしてHANA……あのねもう無理です本当に。
大阪もモチロンすごかったんだけど、それに輪をかけて最後のシャウト?がすごすぎてどうしていいか……!
Cメロも搾り出すような歌い方で息が詰まったし、間奏からの大サビ(多分PVだと雨降ってるところかな?)の流れも素晴らしくて、それであのシャウトでしょ……あああもう思い出しただけで苦しくなる……あの歌は反則すぎる……_ノ乙(、ン、)_ぱたり。←
最後もまだ小さくメロディを口ずさんだまま去ってって、思わずボーゼン。

この人、本気すぎて恐い(´;ω;`)
まぁ……だからこんなにも好きなんだけど。

葉山っちのピアノソロは何処かで聞いたような、懐かしい耳障りの曲でした。
それでいてかわいらしいところもあって、とにかく優しい雰囲気で……しかも私の席からはあの美しい指が鍵盤を走る様が丸見えでご馳走様です!←
本当手がきれいなんだよ手が!!なんかもうはぁはぁする(黙れ変態。
緑の詩のイントロ部分では1ヵ所ミスタッチしたような気もしたけど、あれ弾く時の葉山っちが案外力強いのが逆にツボるんですよねvvv大好きだ。

大阪と同じようにイントロのソロ終わりで上垣さんと共に登場したRYUは、客席がある程度落ち着く(バサバサ的な意味で/笑)のを確認してから上垣さんに目配せで曲のGOを出したような気がしました。

えーっと。
どなたか私の代わりに意見してくれたんですかね……?(笑)
大阪の時感じたことがそのまま思った通りになったじゃないか!!

……正直恐いです……いえ、電波じゃなく。←

ちなみに今日は間奏終わるまで歌え合図を出しませんでした。
RYU、自分のお歌取られるの嫌いだもんね(爆)
でもそのお陰で歌って欲しいところ以外で声を出す人がほとんどいなくて、すごく楽しく聞くことが出来ました。
RYUもすっごい楽しそうで、本当に今日も良いコンサートになってよかったなと心から思いました。
つかm.o.v.eさんのカラオケの時も思ったけど、RYUと一緒に歌うと自分まで上手くなった気がするのは何の錯覚ですか?←


☆アンコール☆


アンコールではまずサポメン様方を全員紹介。
その後、「最近やっとノーマイクでもちゃんと歌えるようになって来たけど、もっと高みがあるだろうからもっと大きな声で、いろんな音を響かせられるようになりたい」というような話をしていて、あぁもうこの人何処まで歌うたいなんだよって思ったらなんか泣きそうになりました。
「マイク持ったら凶器になるような声」とか言ってたけど既にもう凶器に近いっての。つかむしろ狂気だろ。
しかも「その経験を生かしつつ、ロックな時は全力で暴れ回りたい」とかね……。
あのね、この人は全然違うことをしているように見えて、ソロで培ったものをちゃんとバンドに生かそうと考えてるんだよ。
だから未だに河村さん云々言ってるSLAVEさんにこそ、一度でいいからRYUの生の声を聞いて貰えたらなと思っちゃいました。本当に。

……というようなコトを帰りの新幹線でツイったら、心優しいSLAVEさん達にあたたかいリプをいっぱい貰ってしまい、うっかり目から汗が出た阿呆は私ですが何か。←

LUNA SEA話ではもちろんシングルの話もしたけど、タイトルは言いませんでした。
さてはあの人、なにがいつ解禁になるとか全く把握してないな……(汗)
「真矢くん、J、INORAN、SUGIZO」とメンバーの名前を何故か後ろから列挙して、「いろんな場所にメンバーのいろんな思いがちりばめられてる曲」と紹介してました。
でもRYU自身は「長すぎて何処に何をちりばめたか忘れちゃった☆」らしく、本当かわいいやつだなと思いました。はい末期。
あと「聞いて貰ったらライヴを想像すると思うんですけど、また近いうちに披露出来るんじゃないかと思うんで」とも言ってて……ああもうわかりましたよわかりました。少なくとも東名阪はやる訳ですねうわああああ。

破産宣告ktkr_ノ乙(、ン、)_←

ラストは「晩年に歌うのが本当はいいんだろうけど、今日は10代で歌い始めて今まで歩いて来た道のりを思いながら歌いたいと思います」というMCからMyway。
♪信じたこの道を〜♪の部分で真っ直ぐ前を指差すのホントにクる……勝手に涙が溢れてきて困ります。
Aメロ辺りの優しく囁きかけるような歌い方と、サビでの搾り出すような力強い歌い方のギャップがすごすぎて困ります。
その上今日は大サビのところで上垣さんと密にコンタクト取り合ってて、その甲斐もあってか最後のロングトーンの終わりまでタイミング完璧!本当に本当に素晴らしい出来栄えでした!!
もうなんか凄すぎて、拍手しながらも涙と笑いが一緒に出てくる始末。
あああ悔やむなれば最後の一音が途切れるその瞬間まで拍手を待って欲しかった……ノーマイクなので拍手の音に邪魔されて心の底から勿体無かったもの……!
フライング・ブラボーってやつはクラッシックでも相当白い目されるのに、曲に被ってるとかマジで有り得んわ……個人的にはRYUいなくなった途端にステージに興味なくす人も嫌いだけど(こらこら。

そんな訳でスタンディングオベーションしなきゃなんないのにぐだぐだの私(と友人。←)
本当に、本っ当ーにご馳走様でした。
最後に笑顔でステージを後にしたRYUを見てると、今日という日も素晴らしいコンサートになったんだなぁと実感出来て幸せな気持ちになれました。

どうか東京でもRYU自身が満足出来る素晴らしい歌が歌えますように。
心からお祈りしています☆


終わった後、フォロワー様にあの目覚まし時計の声聞かせて貰いましたが……ツッコミどころが多すぎて&必要以上に恥ずかしくて変な汗が出まくりました。
あ、もちろん買ってませんよ(笑)私あんまりRYUに逢いたくないもので……。←注:RYUスレ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲