こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2012年01月09日

JILSさんライヴ行って来ました。

……完全付き添いで。←
気付けばJILSさん見るのも3回目ですが何か。。。
ちなみに前回はいわゆるラストツアー的なやつ(→コチラ)だったんですが、正直あの日は自分が今まで見たいろんな公演の中でも相当上位に入る残念ライヴだった(すみません)ので、今回もなんとなく不安な気持ちで着いて行きました。

-Always, hear the (last) sad songs-

チケットを見る限り、これがツアタイのようですね。
訳すと『いつも(最後の)悲しい歌を聞いていて。』
幸也さんのこういう世界観は嫌いじゃないです。


というコトで、続きは何処となく一歩引いた感じで結構冷静に見た人の感想文。
それなりに失礼なコトも書いてますので、ご自身の責任でどうぞ。
今日は整番が200番台だったので、そこそこ入ってるのかなーと思ったらそうでもなかったという。
そして相変わらず客層が男性多め……謎過ぎる。。。
ロリータちゃんとかもいたけど、基本同年代以上くらいの人ばっかりな気がしました(笑)

ライヴ自体は多分15分押しくらいでスタートしたと思います。とは言え幕開いたらあっちこっちびっくりすることだらけでした(爆)
まず上手ギターさんの髪型がえらいことになってた。なんというか2次元っぽいっていうかキャプ翼っぽい。←
ドラマーさんは普通にイケメンでした。細身で中性的な正しくV系な感じ(笑)のイケメンさん。
あと下手ギターとベースはサポだそうですが、下手ギターさんがなかなか面白い演奏をされる方で、ついつい目がいってしまいました。
そして幸也さんが……昼間にインスト行った隣の人に聞いてて覚悟はしてたけど……それにしても……あの……。

_ノ乙(、ン、)_

髪の毛で上手く隠してるけどまぁアレですよね。Kαinさんの時も結構アレだったけど更に拍車が……いえなんでもありません。


以下、覚えてることとか言いたいこととか箇条書き。

■みんな衣装真っ黒な中、ドラマーさんだけ白シャツで普通にイケメンでした(2回目。

■なにしろ全曲知らないのでセトリなんか書ける訳ないですが、半分くらいは知ってる曲でした。新しい音源の曲中心だったのかな?

■最初1曲やった後に盛り上がるライヴにするかじっくり聞きたいかを聞かれました。
フロアの反応でどうやら今日は(?)盛り上がる方に決まったみたいで、「本当だろうなー?」と煽ってました。
……あれ?前の時こんなだった??

■だからか前半はノリやすい曲中心でした。せつないうたー!を結構序盤にやったと思う。Truthは中盤くらい?

■そして後半にいくにつれバラードが増えてくる珍しい構成でした。あとMCも(笑)

■MCでは幸也さん自身がデランジェさん復活ライヴ@野音で前突っ込んだ話とか、スミスっていうイギリス(だっけ?)のバンドの話とか、インストイベントの話とかしてました。
花投げつけたりステージ上がってボーカルに抱きついたりするらしいです、スミスってバンド。
だから花持ってきてって言ったりしたとか。抱きついてくれてもいい……いや今はやめてね。って言ってました。

■インストイベントは前日名古屋でやった時お客さんが地べた(笑/どんなけ関西弁……)に座ってんの見てもうやめようと思ったらしいです。
お互いイイ年(JILSさんファンはハイアベレージらしい/爆)なのに地べたに三角座りとか罰ゲームみたいだったとか(笑)

■そのインストイベント、実は今日お嫁さん探しに来た人がステージ上に2人もいたそうですね……ドラマーさん&ベーシストさん?←

■そいえば最初の方に再結成の理由を説明したら2時間24分くらいかかって、そしたらライヴが2時間24分押してX JAPAN超えるから話しませんとか言ってた。上下関係厳しいから先輩を越える訳にはいかないとか。
あと何故か売れてるバンドの例えがLUNAでビビッた。時代ェ……。

■もちろん曲とかバンドとか歌とかに関する解説とか意見とか思いとかもたくさん話されてました。
自分が気持ちをこめて好きな曲を歌えればいい、というボーカリストとしての面と、一方で音楽は嗜好品だという捉え方をしている経営者的な面が両方見て取れて、いろいろと考えさせられるところもありました。
でも、個人的にはそれが期間限定復活の押し売りみたいに聞こえる部分も結構あって、ちょっと『?』って思うところもありました。上手く説明出来ませんが。

■同期で打ち込み使ってんのに歌溜めるから演奏ぐっちゃぐちゃになってて残念ではありましたが、本編の最後から2曲目にMissing Moonやってくれて素直に嬉しかったです。
正直この曲はもうちょっときれいに歌って欲しいな、というのは完全に好みの領域だと思うので、口の中まででもぐもぐしておきます。←

■演奏といえば……ベースとドラムが全然息合ってなくて、加えてギターも歌も結構頻繁にあっちこっちガタガタなってました。
き、きっと直近に見たライヴがヒムロックだったのが悪いんですよね……うん、そゆことにしとく。(苦笑)

■アンコールやっちゃいけないのは知ってるけど、シーンと待つあのシステムはやっぱ理解出来ない。
今日は手拍子とか起こってて良かったけど。

■そのアンコールで幸也さんが「今までで今日がいちばんいい」って言った時、上手ギターさんが「前の時(ビッキャ)は薄ら寒い空気が流れてた」って言ってたけど、マジ同意です。いやほんと。
でもだからって「昔それだけ盛り上がってたら解散しなかったかも」っていうのは冗談でも口にしてはいけないと思う。笑えない。


それでも全体としては、少なくとも前回ビッキャよりは全然良いライヴだったと思いました。
個人的には幸也さんの歌は昔のほうが好きだけどね……。

ちなみに今日もやっぱり何故か幸也さんとやたら目が合いました。いや、電波じゃなく。
なんでだろ……背が高いから?手扇子が古いから??(笑)
それともライヴ中に目閉じてたりするから???←音に集中してるだけです。悪気はありません。
謎は深まるばかりです。。。←

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲