こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2011年09月04日

Ryuichi Kawamura Tour2011『“GREATEST VOICE”〜魂の叫び〜』@京都会館第一ホール

そいえばあれは嵐が丘大阪公演やってる頃だったかな。
京都相性いいんだよ!とか大見得切った手前、席番残念だったら友達に合わせる顔がないなぁ……と思いながら真夜中にチケット開封したのは。

……33列。
思わずガッツポーズが出ましたよね、うおっしゃああああ!って(笑)

あああありがとうございますぅ!
思えば自分のチケではreツアーの静岡以来でございました……いつの話ですかそれ。。。←


ではでは、以下は完全にぶっ壊れたRYUスレのよくわからない勢いだけを無駄に詰め込んだ感想文です。
ネタバレはもちろんのこと、いつも以上にどうでもいいことしか書いてませんので、それでも良いという心の広い方のみお進み下さいませ。
そんな訳で、今日のお席は上手寄りの最前でございました。
わけわからん座席表で有名な(笑)京都会館は『33列』と書かれているチケが最前なのです。

……いやほんと、近いよね。

知ってたけど!知ってたけど!!実際に座ってみたらもうとにかくステージがアホみたいに近いんですよね……しかも大阪厚年と違ってオケピとかないからすぐそこにモニターあるし、ステージについてるライト邪魔とか思えるレベル。

お気付きの通り、普段はゆるゆるだらだらな駄目RYUスレの私ですが、これにはさすがに緊張しました。
なにしろ見目麗しいRYUと分かっているだけ、余計に(笑)

ちなみに京都会館の幕は緑でした。ということは、あの神戸の赤い幕は会館備え付けの幕だったんですね。
なので始まる時も神戸みたいにおしゃれな感じの幕の開き方じゃなくて、普通に上がっていくだけでした。

てかさ。
洒落になんないくらい近いよ……?

_ノ乙(、ン、)_しんてじまうゅり←

おかげさまで1部のあいだはただただボーゼンとRYUを眺めてましたよね……幻じゃないかと思うこと数知れず。
でも、たまにこっち側を向いて歌う時とかに、明らかにスピーカーと違い真正面から当たる声の音圧みたいなものとかを感じられたりして、あぁ、本当にそこで歌ってるんだな……っていう異常なまでのリアリティを叩きつけられるの。

あー、うん。
えっと、無理です。。。←
記憶があまりにも曖昧過ぎて(笑)いつも以上にレポとか出来る気がしないぉ……。

多分ですけど、神戸と違い2曲目のハッピー・エヴァー・アフターの前にはMCしなかったんじゃないかな。
あとLove is...を「ぼくの97年の代表曲」って紹介してたのは覚えてる。
ついでに言うと、アヴェ・マリアを「雨の日に似合う曲」って言ってて、え?それ次(雨音はショパンの調べ)じゃないの??って本気で疑問でした。
歌はどれも気持ち良さそうに歌ってました。
正直、楽しそうに歌っている隆一、という事象が好きでなりません。(病気発言。

で、遥かなる想いの前におもむろにファーストバイオリンの方のところへ行き……譜面台を思いっきり覗き込んでなんかを確認。
そのまま福田さんとこへも行き……同じように確認。
みんなが「え?」ってなってると「いや、曲順変わってるなーって思って。トラブルじゃないんだよ」って言ってました。

次のMCでは「昔からこの会館は愛着や思い出がいっぱいあって、昔勉強不足で知らなくて、喉を潰しちゃって歌えなくて楽屋で号泣したりとか……」って話してました。
私全く知らなかったんですけど、京都会館って改装されるんですね……確かに私の席あたりの床もギシギシいってましたが(笑)また1つ、思い出の場所がカタチを変えちゃうんだなって思ったら寂しくなっちゃいました。

そしたらあれだよ……京都と言えば恒例のあのKY男がまた「ルナシー歌って下さい」とか叫びやがって……会場一瞬固まった。
そこへRYUの冷やかーなお言葉。「LUNA SEAは10月にやるから」とかマジ恐えええええ((((;゜Д゜)))
頼むから変なコトしないでよもう今までいろいろあったんだからさ……あの人キレたら恐いか悲惨かの2択なんだからほんと止めて。いつか靴で殴るぞ。(落ち着け。

でも、だから……なのかはわかんないんだけど、次のMy Wayがとにかくすごすぎてうっかり腰抜けるかと思いました。
しかも!しかもね!!
こんな展開だって言うのに、タイトルコールした後一瞬照明が暗くなる時に天井見上げてふっと笑ったの……。
暗かったからあんまり気付いた人いないかもしれないけど、ほんとに綺麗すぎる笑顔で「え?この展開で笑うの!?なにそれ恐い!」って直感的に鳥肌が立ちました。
多分、入れちゃいけないスイッチが入ったんだろうな。

――以下、私の主観ですが。

最近では相当に珍しい、明からに自分というものを『見せ付けよう』っていう意志が前面に押し出されすぎた歌がそこにはありました。
いつもこの曲からはRYU自身の決意とか自戒とか、そういうものが見えて心締め付けられるような気持ちになるんですが、今日は本当に違った。
上手く言えないけど、主張?って言うのかな……『今まで歩いてきた道は間違ってない』『分からないなら分からせてやる』みたいな……怒ってる、っていうのともちょっと違う、すごい気迫というかギラギラ感があって、とにかく圧倒されました。
もはや感動とかそんな悠長なこと言ってられないレベル。涙なんか出る訳ない。拍手したかも覚えてないもん。


そんな、あまりにもあまりなものをぶつけられたお陰で、幕が閉まった後真剣に椅子から崩れ落ちました(汗)
なんだよあれ!神戸どころの騒ぎじゃないよ!!意味わかんない!恐い!!って喚いてたけど今思えば幕の裏に誰かいてもおかしくないんですよねあはははは。

――よし。
とりあえず落ち着こうか、私。←


……気を取り直して2部に行きたいと思います(笑)

2部のお衣装はインナーとブーツが神戸と違ってました。
妙な黒とブルーの柄だったTシャツも黒と白のナナメの柄のに変わってたし、ブーツもミドル丈のレースアップで、うん、全然そっちの方が細く見えるし足も縮まない(爆/最前ということを忘れて「あ!足短くない!」って言った阿呆が此処にいますよっと。←)からいいと思う!

2部のセトリは神戸と全く一緒。
当然と言えば当然だけど、RYUは若干ご機嫌ナナメっぽかったです。
それもあって、1曲目から最前の特権(笑)を生かし、周りの空気を無視して好きに手振りさせて頂きました。

だって、今日という日を無駄にして欲しくないから。
せっかくなんだもん、自分も含め今日来た人みんな(あのKY男は除いていいけど←こら)と、そしてRYU自身にもいい思い出を作って帰って欲しい。
1部かどっかのMCで「京都会館でいいライヴが出来たらツアーが上手くいきそうな気がする」って言ってたし、今日しか見れない人は、これが全てなんだから。

ちなみに、こういうのを気合の空回りと言います(爆)
そして空回った結果はもれなく『悪目立ち』というカタチで返って来るという……。

本当にすみませんでした。←

もちろん後悔はしていませんが、反省はしています。
……えぇ、通常運転ですが何か。
もはや仕様になりつつありますが悪気はないんです。仲良くしてあげて下さい(土下座。

とまぁそんな感じなので、2部はMCをほとんどしなかったように思います。
でもお歌自体はちゃんと気持ちの乗った歌が歌えてて、昔みたいにそこが途切れてしまったりはしてなかったように思いました。

2部で特筆すべきはまずBrainかな。完全にRYUICHI様モードだった(笑)
やっぱりぶーとで吹っ切れたんだろうな……バンドとソロっていう区切りを超えて、曲ごとに『いちばん合う声』を使い分けているような気がします。
あと、悪夢に目覚めてもの前に「歌える人は一緒に歌って下さい」とかなり素っ気無く言ったから恐かったんだけど、曲始まったら笑顔で客席見ててホッとしたり。

……というかね。
ご機嫌微妙な割に優しい笑顔で客席見てる時間が結構多くて、本当にオトナになりましたねと……。
思えば私が知ってるだけでも色々ありましたもんね……ホントに……(遠い目。

あ!そうだ!!
せっかく最前だったんだからお決まりのアレを1回くらい書いとかなきゃ損だよね!?ってことで言ってみよう。

どうもやかましかったのか何なのか(苦笑)何回かRYUがこっち見たぉ☆(n*´ω`*n)←

しかもなんか、じーっと見たりせずチラチラ様子を窺いながらジリジリ上手側に寄って来るから面白かった。
え?なんなの??気になるならコッチおいでよ!щ(゜▽゜щ) カモーン!!(ウザいな……)とか思ってたけど、もし実際来たら固まって何にも出来ないんで、やっぱ来なくていいです。いやほんとに。(笑)

――話が逸れましたね。
ちゃんとライヴの話をします。すみません。

本編ラスト、HANAを歌う前には昨日と同じく震災や原発事故にふれ、「大変な時代でも幻の花を咲かせていきたい。それが現実に咲かせられるよう頑張っていきましょう」みたいなことを話してくれました。
でも、この時の語り口調がとても恐々な印象で、かつ言葉を選び選びしながらなので、なんだかRYUが消えてしまいそうな得体の知れない不安を覚えてしまいました。

なのに、歌はもう言葉にならないくらい凄すぎて気が遠くなりそうでした。
本当に1回ぜーんぶ出し切ってリセットしちゃうくらいの勢いで、あまりにも迫力がありすぎて涙も出ませんでした。
その上、最後に「精根尽き果てました!」と言わんばかりにフラフラしながらマイクを床に置いてった(神戸は床に置いた覚えがない)のにもびっくりして……。

なにもうこの人!
すき!!

ってなりましたよね。←歪んでる。
しかも今日はライヴ始まる前から友達3人がかりで\RMT!/(『りゅうまじてんし』の略。残念ながら私はそんな風に思ったことなどない←それもどうなのか)とか言われてて(笑)洗脳バッチリですよ。
相乗効果で真夜中に「ちっくしょおおおおかわむら好きだあああああ!」ってツイったくらい毒されました。
分かりやすくRYUスレですみません。先行きが不安すぎますね。本当にね。_ノ乙(、ン、)_


アンコールのお衣装は神戸と同じ。
ベスト、後ろはベルベットじゃないんだね……脇で切り替えになってた。変なの(ぼそ。
あと、何故かシャツの襟がベストの下になったままでめちゃくちゃ気になったよ……誰か教えてあげて!←

YO GA YONARA...のギターは昨日より全然弾けてた。
福田さんに接する時も笑顔だったし、随分固さが抜けてきたのかな?
その分気が回せるようになったのか、お歌も随分良くなってました。
楽器弾くと楽器に必死すぎてすぐお歌がおろそかになるんだもん、勿体無いよ。

最後、メンバー紹介を終えた後のMCで、「100曲歌ったけど、ツアーでもその時その時の限界を超えられたら」って言ってて、しかも「さっき(多分HANAのこと)自分の聞いたことのない声が聞けた」らしく、ありがとうって笑った顔が美しすぎてもう……。

あのー。
ソロとかるなとか関係なく、やっぱ好きです。
大好きです。

そんなコトを思ってたら、深愛のサビのどっかのフレーズでなんか語りかけられました(電波上等。
というか今日来てくれた人みんなに語りかけてたような……。
神戸の時もそうだったけど、今回のツアー2公演見てRYUの視野がとっても広くなったんじゃないかと思うんですよね。
ガッと入り込むところと、自分を制御するところのメリハリがハッキリして来たというか。
これもりぶーとの副産物なのかもね。

てゆーか明日が既に楽しみすぎるとか、この期に及んでどんどん堕ちていってる自覚しかない。
もう確実に奈良に行くしかない気がして来た。(関西制覇警報発令中。


そいえばチラ見を繰り返すRYUの代わりと言ってはなんですが、2部以降なんかニヤニヤしながらYOUさんにやたらガン見されてたような気がするのは、なかったことにしたいと思います。
変なのが目の前にいてやりにくかったんでしょうか……本当すみません。
そして幕が下りきる直前まで手を振り倒した挙句、下りた途端に「YOUさんめっちゃ笑ってたねー」とか4人してでっかい声で喋ってたけど、あの時多分まだ布の向こう側にいました……よね?

重ね重ね申し訳ありません。

でどえんど様のチケ取り忘れましたが、手に入ったらMUSE行きますんでどうかお許し頂ければ……。←なんの懺悔www

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲