こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2011年07月31日

ミュージカル『嵐が丘』@大千秋楽も見て来ました。

あぁんヒースクリフ様ぁ〜!(n*´ω`*n)←

……まぁ結局、そうなる訳ですね。
大好きすぎます。もうヒース様に逢えないのねううううう。(なんなの。

ちなみに今日はなっちの日。
そのせいか、お客さんも初日に比べてかなり男性が多かったように見えました。


ではでは、大阪千秋楽の感想文です。
前回ほどひどい絶叫にはなってないはずですが、あたたかく見守ってやって下さいね。。。
本日のお席は、24列目の真ん中寄り。
……まぁ、S席買いましたよね。すみませんねぇ。←

でも、初日はあまり分からなかった上手側向いた時の演技とか、カンパニーの皆様のダンスとかがよく分かって個人的には良かったです。
表情の演技とかが見たいところは双眼鏡でガン見でしたし(笑)というか2部からは主にヒース様ガン見でしたが何か。。。


なっちキャサリンは舞台メイクも良く似合ってたし、ウェービーな髪型もお顔とぴったりで、本当にお嬢様な感じでした。
加えて葉山っちも書いてたけど予想以上に(失礼)歌も上手だったし、セリフ回しもさることながら身振り手振りの演技がとっても自然。

というのも、平野綾ちゃんは元気でおてんばな女の子って感じは良かったんだけど、個人的にはすっごいヒステリックな印象を受けたんですよ。
それはもしかしたら全力で演技しているところから来るのかもしれませんが……身振り手振りも大きくて良い反面、なんとなくわざとらしい(河村ファンに言われたくないですか、そうですよね←)というか、女子にしたら力強すぎると言うか。
最初にヒースを呼ぶところとかもほんっとに『お姉ちゃん!』って感じで、どっちかというとあねさん女房的なカップル(笑)になりそうだなと思いました。

それに比べるとなっちは元気さや無邪気さには欠けるけど、女の子の柔らかさとか優しさとか、あとヒースクリフと『魂は1つ』だと信じて疑わない純粋さが前に出て来てたような気がします。
最初にヒースを呼ぶところでも、口唇尖らせて泣き出しそうな印象でとても可愛らしかったです。
後半のお金持ちの若奥様、的な部分もどちらかというとなっちの方が雰囲気出てたように思いました。

歌は……うーん、一長一短だったかなぁ。
綾ちゃんは声量的な面ではちゃんと訓練されてる声優さんなんだなーって思ったんだけど、たまにがなってる感じになってたのが勿体無かった。
なっちはとても女性的で綺麗な声だったし余裕ある感じで歌えてて良かったのに、ちょっと声が細かったのが残念だったかも。

……という感じに大分雰囲気の違う2人だったので、両方見れて良かったです。
個人的にはなっちキャサリンの方が好みです。
ヒースクリフの中の人(笑)的にも多分なっちの方が好みだろうな(こらこら。

Wキャストと言えば今日は子供ヒースが男の子でした。
個人的には初日の女の子の方が好きだけど、この子も可愛かったなー。

あと、お兄ちゃんに銃向けられてキャサリンが庇うシーンで、お兄ちゃんキャサリンに鞭で殴られてて可愛かったよ!
ていうか今日お兄ちゃんあっちこっち可愛かったよ!!ネリーにも殴られまくってたし。
初日のトークショーでのゆるさも相まって、なんか全然悪っぽくない。
あーでもあたまわるい系の悪役(爆)だからアレでいいのか。(注:褒めてます。)

エドガーとイザベラは今日も全力でかわいかったです。
エドガー今日もマジ王子様!王子様!!キスシーンがいちいち美しすぎて'`ァ'`ァ(*´Д`*)'`ァ'`ァ←
ネリーももちろんのこと、このあたりの安定感ハンパないよね……やっぱりその道のプロの方は違いますね。

そして本日のヒースクリフ様ですが……。
相変わらず1部は捨てられた子犬だったよね。薄汚れた感が妙に似合うよね。喋り方が何処かバカっぽくて(ただの大根芝居だという事実はこの際置いておく←ひどい)萌えるよね。無駄に虐げたくなるよね。

……あああああヒンドリーやっぱりその鞭貸しt(略

2部はもちろん!揺ぎ無くレイラ様でいらっしゃいました☆
ほんとね……イザベラの身体触りまくってるあのシーンの表情と手つきが真面目にけしからんのでもっとやって下さいお願いします←
ラストシーンも叫び声の出し方が完全に違うものになってますが(笑)SLAVE的にはご馳走様でした。
なのでシェーディング入れすぎだったのはそっとしておきたいと思います_ノ乙(、ン、)_

そいえば今日は曲終わりの拍手がとっても多かった気がしました。
RYUが出てきた時も何故か拍手されてて、なんでキャサリンの時はしないの?主役だから??って思いました(笑)

曲は1部ラストの『嵐が丘のテーマ』と2部の『引き裂かれる嵐が丘』がやっぱり好きです。ほんとに素晴らしい。
よくよく考えたら、確かビリーの時って自分主旋律な曲しかなかったような気がするから、RYUが誰かと一緒に歌を歌ってるってコト自体、めっちゃレアなんですよね。
しかもいちばん下。そのせいか、長音が来た時にハーモニーの底の方からゾクゾクとしたものが駆け上がって来る感じが堪りません……ってこの表現、全然伝わってない気がする。←

分かりやすく言うと、アレです。
りゅういちの低音大好き。ほんと大好き。背筋と腰に来るからたまにはそんなキーも使えよ。ってことです(は?

ちなみにオーラスの曲かどっかで一瞬RYUのマイク切れたような気がするんですけど、気のせいじゃないですよね?
それでも最後尾まで聞こえてましたけど、あれも気のせいじゃないですよね?(笑)

とりあえず、最後の最後だけ遠慮なく本気を出すのはやめなさい。←

あーでもあのシーン良かったなー。
なっちがちっちゃいからほんとに寄り添ってる感が出てて、すっごいかわいかった……隣おっさんなので(笑)ひっじょーに申し訳ないけど、とってもお似合いの2人でしたvvv


本当の最後は楽日ってこともあり、カーテンコール4回。
途中、子供ヒース役の男の子に話しかけて真ん中に連れて来たRYUの声があまりにもふにゃふにゃすぎて(笑)役柄無視か!ってツッコミたくなりました。
本当小動物(特にワンコ)と子供に弱いな、この人。パパオーラ撒き散らしすぎ。。。

そして3回目の時にメインキャストの皆様から一言ずつご挨拶がありました。
最初になっちが「パパです」って上條さんを紹介した時、RYUも「名付け親ですv」って嬉しそうに絡んでて可愛かったー。
そのあと杜けあきさんが岩崎さんの耳元にほうきの藁?を挿してあげたり、なっちがマジゴケしたのバラしたり、RYUも躓いたってバラしたり。
岩崎さんは途中噛んだりしてて完全にいじられキャラでした。可愛すぎる。←

荘田さんは「初めてのミュージカルで……」って言ってましたが……とんでもない!むしろ主役の演技がアレですみませんでした……(土下座。

育三郎くんは「最後のセリフが『イザベラぁ〜』で終わるかわいそうなエドガーです」って言ってたけど、話の筋的にいちばんかわいそうなのってイザベラだと思う。
あっでもこの舞台だけだったらどうなったのか全然分からんエドガーもかわいそうかな。というかこの兄弟の行く先があまりにもほったらかしすぎるだろ。(汗)

なっちの番になったらどこからともなくなっちヲタさん達の野太いコールが……(笑)終わってから友達と「あそこはデスボ的シャウト(爆)で応戦しといた方がよかったの?」的なあほな話をしてました。すみません。
なっちはキラキラしてましたよー。本当にかわいい。りゅーいちもゆるゆるならなっちもゆるゆるで(笑)なんかぐだぐだになってましたね。かわいいよ。

えーそして主役を務めさせて頂きましたりゅーいちさんですが。
「第1部は、97年から始めたソロ河村隆一のイメージで。第2部はLUNA SEAのRYUICHIのイメージでやりました」と自ら告白してました。
というコトはアレですか?オペラ歌唱でLS的なイメージの曲も歌えるということですか?恐い子!!←
もうぶっちゃけ、どんなけRYUスレフィルターかけたって演技は大根ですからね!(断言。)なんならアレでも大分マシになったくらいで……_ノ乙(、ン、)_
そっ、その分歌唱力でギリギリどうにかなってるレベルかと思いますがいかがでしょうか。
もし良かったらまたミュージカルで使ってあげて下さい……踊らないの限定で。←

最後、4回目のカーテンコールに仲良く手を繋いで出て来たヒース様とキャサリン……RYUにせっつかれたなっちが「あいしてるよvvv」って囁き気味に言ったのがかわいすぎました。そしてそれ見て何故か嬉しそうにソデに逃げるRYUもかわゆ。
確かに暗くて重くて個人的にもいろいろ思う(そもそもヒースが幸せそうなのが納得いかない←)舞台ではありましたが、笑顔で終了出来て良かったです。

加えて千秋楽前、綾ちゃんのblogにRYUに渡す寄せ書きの台紙が載ってて、なんか感動しました。
人の輪に入るのが苦手なくせにサミシガリアンで気ぃ遣いのりゅーいちさん……みんなに慕われて良かったね。

本当にお疲れ様でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲