こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2011年05月03日

河村隆一 at 日本武道館『“限界のその先へ” 100の物語 〜終章(エピローグ)〜』@日本武道館

あぁもう、溜息しか出ないよ……ほんとに。
うっかり自分も燃え尽きました、なんか。

あまりにも不器用な生き方に涙するだけじゃ足りなくて怒りすら覚えたり
自分は本当にこの人が好きなんだなと再確認したり

とにかく行って良かったと心から思えるライヴでした。
1人で行くのヤだとか言ってる場合じゃなかった。
本当に参加出来て良かった。行かなかったらきっと一生後悔してたと思う。


本当は一緒に見て下さる予定だった方が体調不良で参戦を諦められたというのに、わざわざ東京駅まで私のチケットを持って来て下さったのがとても心苦しくて、お礼とかいろいろお伝えしたかったのに未だに上手く言葉に出来ていません。ごめんなさい。
代わりにお隣に座って下さったINOスレさんも本当に良い方で、私1人で動きが煩いのに優しく接してもらえて嬉しかったです。ありがとうございました。

直接何もいえないヘタレです。
ごめんなさい。

この場を借りて、いろんな人にありがとう。
当日会えたお友達。
一緒に居てくれたお友達。
行けなくても気遣ってくれたみんな。
気持ちだけでも送ってくれたみんな。

本当にありがとう。


では、以下は超個人的な感想文になります……が。
おそらくこのblog史上最長の大惨事となっておりますゆえ、全てをあたたかく見守って下さる方以外は絶っっっ対にお読みにならないようにお願い致します。
気持ち悪いのもウザいのも100も承知です。本っ当にお願いします。どうか叩かないで下さい。←
≪第1部≫

衣装は白のフード付きロングコートに黒シャツ黒ベスト、黒のレザパンブーツイン。
髪は全くセットしていないのか、うねった前髪に後ろ髪が見事な外ハネ状態でした(汗)それでも一応ちゃんと髪切ったみたいで良かった。
ちなみに出て来た瞬間、真面目に白コートにぶっ倒れそうになりましたが(阿呆)フード付いてて逆に破壊力緩まって助かった的な。(笑)
しかもコートは2、3曲でさっさと脱いでしまうという。残念。。。

サポメン様はおなじみガッちゃん、YOUさん、YUKARIEさんに加えsoraツアーの時のコーラス川村さんとベーシスト沖山さん。あとドラムは70曲の時と同じく河村さんでした。
……かわむらさんおおすぎるだろ。(笑)

葉山っちは白のTシャツ?に黒のロング丈で5分袖?の上着、YOUさんは黒の上着に黒シャツでした。
てかYOUさん胸元開きすぎでマジえろいんだが……そんなあほな感想を持つのは私だけですか、そうですか。


1.ORANGE

まさかの1曲目にびっくりしましたが、まぁ良く考えたら『河村隆一』名義の最初の曲はほんとはコレだもんなー、とか思ったらなんとなく納得。
すっと歌の世界に入っていくRYUに、充実してるんだなって思えました。

2.REAL

そしていきなりREALきたぁ!!
とりあえずテンション上がって手扇子しまくってたらまぁ浮きまくりでしたよね_| ̄|○

3.TWINKLE

そしてこれ。REALからの突然の曲調転換にびっくりした。
ゆらゆらしながら歌ってました。

4.SE,TSU,NA

立て続けに此処まで来たので、いい加減Cranberryの曲ばっかりまとめ打ちかぁ……と気付きました。
てか会場が重いんだけど……これから100曲やるからみんな抑え気味?頑張ろうよー。

5.BALOON

実は好きな曲。また1人でうっかり盛り上がって浮きましたが何か。←
せっかくアップテンポの曲なのにー……。

6.xyz

コレも実は好きだったりするんですよね……ちょうど10年前、深愛の時もこの曲聞けて嬉しかったのを覚えてる。

此処でようやくMCタイム。
いや正直、いきなり飛ばしすぎじゃないかと思うんですけどね……まとめ打ちすぎません?

7.I love you

「僕のデビューシングルです」というMCからはコレ。
まさかこの曲がこんな前半で来るとは思わなかったのでびっくり。
もっと盛り上がってあげたかった……だからなんで会場こんなに重いのって!もう!!完全アウェーだよ!!!←

8.BEAT

とか言ってたらコレまでこんな前半に来た。
なのでもう此処で97年曲全部行くんだなと確信。
あたたまってない会場でやりにくそうにも見えたのは気のせいではないような気もする。_| ̄|○

9.Love song

いちばんラストの♪神様に感謝して〜♪の部分で、小さく十字切って祈りを捧げたのがあまりにも格好良すぎて(*´Д`*)'`ァ'`ァ←
あんなん反則だろう!衣装も格好イイから余計にキラキラして見えた。

MCではとにかく全編通して「ありがとう」を連呼してくれるRYU……いやほんとね、こっちがありがとうだから。
あと地震の話もうまく盛り込んでました。
頑張ってる姿を見せたい、みんなで頑張ろう、と。

10.Melody

今日はピンクの照明じゃなかった……(笑)
でも歌い方は甘くてえろすでした。ハイ、感想が最悪でごめんなさいよ!←

11.あの日の忘れ物

実はバニラのバラードはあんまり好きじゃない(こら)んだけど、今日は何故かこの曲がすっごいいい曲に聞こえました。

12.でも淋しい夜は…

やっぱり冒頭の「SAX!」は言うんだなって思う私……(笑)
ガッちゃんこの時からずっと居てくれてるんだもんね、本当にありがとうございます。

13.好き

セイアさんの曲は可愛いのが多いよね……。
緩やかな空気が気持ち良かった。

14.蝶々

囁き!囁き!!(*´Д`*)'`ァ'`ァ←
この曲の囁きっぷりはやっぱり反則だぉ!大好き!!

15.Love

キーター!!
高見沢王子の曲だけど!大好きなの大好きなの大好きなのー!!
なんかね、過去の痛みを上手く歌ってると思うの。歌詞がいい。

16.涙色

おおお。グレイなスカーイ♪で思いっきり手を上げたらまぁ超浮きまくりって言うね。
でもいいんだ。10年前の武道館でも同じ事やったから。はっはー!

17.Birthday

今日お誕生日の人うらやま!
RYUも客席をぐるっと見渡しながら笑顔で歌っていました。

18.CIELO

イントロで真面目にガタッてなった曲。
柔らかく優しく歌ってて、空を見上げる動作とかほんとに綺麗で、病気と言われても真面目にりゅうが美しく見えました。

19.Love is...

そしてLove is...とか……もう?って思いました。正直。
でも通常アレンジのこの曲ってレアだし、RYUも気持ち良さそうでとても幸せな気持ちになりました。

20.Glass

そしたらGlassきたぁぁぁぁぁぁ!葉山っちー!!
イントロから真面目に滾りまくりましたよね。←病気。
でもねでもね、何であのいちばんおいしいロングシャウトの入りを間違えるの君はっ!ばか!!_| ̄|○
とか言いつつ、やっぱりこの曲のオーラはすごいなと……だからこそほんとにもったいない。もったいない。

21.RED

97年の時戦争の映像が流れていたこと、鮮明に覚えてます……怖くて。
あの時から重い曲だったけど、いやぁ化けましたよね……今のRYUが歌うとこんなに迫力があるなんて。
封印するのはもったいないと思う。

22.Hope

「希望を持って生きていきましょう」みたいなMCからはこの曲。
願いを〜♪っていう入りの部分がちょっとずれてておかしかったような気がしたけど、曲は本当に良く歌えていてこのスロースターターめ!(笑)

23.SPOON

この曲、多分だけど演奏ぐっちゃぐちゃにずれまくってたんじゃないかと思う(汗)
RYUはスプーンで抉るポーズやりまくってました。でもお歌は置きに行った感満載。……こら!←

24.はね

キラキラ明るい盛り上がり曲来た!大好き!
なのにまだまだ反応薄い。。。今日みんなセーブしすぎだと思うの!応援しようよ!!←

25.傷

70曲の時は半音ずれたまま歌い切ってしまったこの曲……今日もちょっとおかしかったような部分もあったけど、一応ちゃんと歌えました。
目つきが一瞬鋭くなるのにうっかりハァハァするなど……(笑)

26.覚醒

やったあ!YOUさんのギターソロばんざーい!!
この曲のギタソロ真面目に好きすぎる!弾いてもらえてほんとに嬉しかった……!!
あ、歌じゃないところに食いついてすみません。←

27.CHANGES

RYUが突然、バニラツアーの時もやった事ない横振りを始めましたよ?
でもそのお陰で妙に楽しかったのは秘密。
あれかな、RYUも会場重いことに気付いたんだろうか……。

28.バニラのコート

珍しくサビのところをオーディエンスに歌わせるRYU……別にまだキツいって言うわけじゃないっぽいけど、その声聞いて嬉しそうだった。
やっぱり一緒に盛り上げてほしいのかなって思った。
なんか今日ずっと空気がアウェイだもんね、ホームのはずなのに。

29.Evolution

70曲ライヴの時めっちゃ格好良かったんですよコレ!
今日はエフェクトかけてなかったけど、この曲も一瞬目つきが変わるのがイイ☆

30.小さな星

セイアさんの曲2曲目。
この曲、正直歌詞が恥ずかしい……あまりにもあまあますぎて(笑)

あっそうだ、ここのMCで「3月13日に言おうと思ってたんですけど、チョコレートありがとうございました」って……誰ですか、彼に甘いものを与えた人は。←
なんか「チョコレートって保存食になるんだなーって」とかボーっとした口調と笑顔でのたまってましたが、もうなんだよ、かわいいなぁおい(阿呆

31.チョコレートハート

そんな雰囲気から続いたこの曲は甘さ倍増で困りモノでした(爆)
とろっとろに溶けた声とか聞かされるとどうしていいか分からなくなる。

32.Days

手拍子しながらもなんか変なピアノ弾く真似してた気がする……アレは一体。。。
サビのヌケ感はとても素晴らしかったです。

33.〔>_<〕

読み方わかんないけど(笑)大好きな曲来た!なのにベースの音おかしいのなんで!?
まぁ悪目立ち的に踊りまくりですよね……もはや気にしたら負けである。

34.スクランブルマーチ

この辺りでバニラって案外ノリのいい曲が多かった事に気付きました。
RYUも嬉しそうに手振り先導してましたね。そしてこの曲を聞くと一時ヘドバンが流行ってたのを思い出す件。(笑)

35.Once again

1部ラストの曲は、なんとOnce again……。
正直言って、本当に素晴らしかった。声の伸びも何もかも、すでに2時間経過しているなんて思えないくらいすごくて、溜息しか出なかった。
RYUもとても満足げな表情で歌い上げていて、この先の不安とか、そういうものを一瞬忘れさせてくれる歌声に幸せしか感じませんでした。


全体としては、軽いテイストの曲が多めだったのに正直会場がノリ切れてないのが残念でなりませんでした。
こんな長丁場だからこそ、しっかり盛り上げて行きたかった。

MCは地震に関するコメントがかなり多かったように感じました。
照明を30%カットして演出しているとのことでしたが、確かに派手さはないけどだからといって地味すぎる事もなく、上手くやってるなと思いました。
特に、ステージの天井にあたる照明の土台部分の骨組みを隙間多く組む事で、武道館自体の天井をスクリーン的に活用しているのが効果的で良かったです。
投影を多用する事で逆に全体の照明が暗い意味も出て来るしね。

RYUはさすがにまだまだ余裕な様子。途中で「ん?余裕よ?」とかバカな事も言ってたし。←
あと最初の方のMCで「5月3日って決まった時、タイでライヴあるからヤバいって思った」って言ってたけど、それも「いい感じで喉を作れてきた」と表現。
その発言が嘘じゃない、強がりじゃないってことはこの時点ではしっかり証明されていたけど……本当の戦いはここから。



≪第2部≫

RYUの衣装はクロスのラベルピン付き黒のジャケットに白シャツで、ネクタイがいつぞやのアリスぺのと同じだった!あの氷グラスの神スナップ満載のやつ。
しかも髪型が急にセットされてて(笑)香港でのりぶーと記者会見の時みたいな髪型だったvvvれいらさまー!←
てかネクタイにもクロスの飾りが付いてて上半身が完璧すぎる件。
なのにボトムスはシルバーのパンツ(サイドにデニムっぽいステッチが入ってた)を黒のブーツにブーツインでした。やっぱりか。。。

そして何故か葉山っちまで衣装替えして来た件(笑)
それが白シャツ黒ベスト黒パンツとか言う神すぎる格好良さでほんと(*´Д`*)'`ァ'`ァ
なんなのずるいよ葉山っち!←

みんなが立ち上がったのを見たRYUから「2部はしっとり座って聞いて下さい」とお願いがあり、いよいよ2部のスタートです。
なお、2部にはバイオリンのYUIさんが登場です。


36.Profile

後ろのスクリーンに赤いソファやカーテン?の映像が映し出される中、曲はPlofile。
曲のイメージと深い赤がぴったりで、素敵な雰囲気でした。

37.ヒロイン

その映像の中の赤い緞帳が上がって、映画が始まるかのようにヒロインへ。
この演出は本当に素晴らしかったです。するりと曲の世界へと引き込まれていく感じ。

38.もうすぐ逢えるから

直前のMCで「3月から5月に延期になった間の逢いたかった気持ちを……」って言ってたけど……もうほんとの事言っていいと思うんだ、私は。
何も隠す事なんてないのに。こんなにもあたたかくて涙出そうになるくらい愛情だだ漏れで素敵な曲なのに。
大好きだもん。すっごい大きな愛が溢れかえらんばかりに詰め込まれてて本当に素晴らしい曲。
いつか『この歌は君のことを歌ったんだよ』って本人に教えてあげてね、絶対。

39.色彩絶佳

『ひらがなの優しさ』が未だに理解出来ない曲……(コラ
ピアノの曲は重い割に歌いやすいのか、RYUも気持ち良さそう。

40.それを愛と呼ぼうか

森さんの曲2連発。
声も伸びていて、聞いてるこっちも本当に気持ちいい。

41.Timepieces

いやぁ、素晴らしい!
本当に柔らかくて美しくて、とても既に2時間歌い終わった後とは思えない伸びやかさでした。

42.誰の為でもなく君に

大好きなシングル来たー!
ORANGEの曲はどれもこれも思い入れがありすぎて本当に胸が苦しくなる。

43.Landscape

「葉山くんに書いてもらった曲をやりたいと思います」というMCから1曲目Landscape!
何で座ってなきゃいけないの?仕方ないので座ったまま両手を広げておきましたが何か。←
てかイントロのピアノいいわぁvvv葉山っちvvv

44.冷たい雨

うっかりノリノリになって来た(笑)
ほんっと葉山っちの曲ってツボすぎて困る。

45.Missing you

この曲を書いてくれた時、なんてすごい人なんだって思ったんだよね……あのピアノのメロディが大好きで。
葉山っちが自らミスタッチしまくってたのがちょっと残念だったけど、生バイオリンとピアノの演奏でこの曲を聞けて本当に嬉しかったです。

46.How Deep Is Your Love / 愛はきらめきの中に

「THE VOICEから何曲かお届けします」って言った時、「は?100曲超えるやん!」って思ったのは秘密で←
これは川村さんのコーラスがとても美しくてRYUともぴったりで素晴らしかったです☆

47.Over The Rainbow / 虹の彼方に

最後のブレイクのところがすっごい良かった!
やっぱり生で聞くとカバー曲であっても歌に圧倒されてしまう。

48.I Like Chopin / 雨音はショパンの調べ

メロディと歌声の優しさが心地よくて寝そうになったのはほんと秘密でお願いします(爆)
あと、ここまで3曲聴いてもっとこのアルバムの曲を生で聴きたいと思えたあたり、さすがとしか言いようがないです。

49.もう僕は

「ミチコ先生に書いてもらった曲で、僕にとっても大事な曲になりました」というMCからはこの曲。
りぶーとした今となっては自分としても捉え方が変わったような気がしました。
それでも誰がなんと言おうとコレは名曲だと言っておきます。

50.飛べない鳥

いつも気持ち良さそうに歌っていたこの曲でも、ちょっと苦しそうな表情をチラつかせ始めたRYU。
それでも声はまだまだ綺麗で、ヌケ感もばっちりでした。

51.夏に降る雪

きたああああああ!!!
もうぶっちゃけ今RYUソロでいちばん好きな曲かもしれない。ほんとにヤバい。
座って聞いてるのに手に汗握りまくりな変な人でごめんなさいよ!←
手振りとか表情とか全部含めて曲が表現される歌の素晴らしさ。もう溜息しか出ない。
涙も出ないくらい格好良くて呼吸が苦しかったです。

しかもそこから短めとはいえYOUさんギタソロタイム来たぁぁぁぁ!!!
この流れマジ神!てかもう此処まで含めてこの曲にしてしまえばいい。好きすぎてなんか出る。
しかも今回はついにDEAD END様の時に使ってたLEDギター弾きまくりでもう格好いいし胸元ひらっきぱなしでアレだしで堪らんわ!←
YOUさんの音、大好きすぎてほんと困ります……艶っぽいし色っぽい。大人の色だよねぇ。

そしてギタソロ終わりにRYUがお衣装替えして帰還……ってあああああ!
はははは半袖じゃないか!!マジか!!!←取り乱しすぎ。

だってまさかの白地で柄物の半袖Tシャツに黒ベスト、グレーのフリンジ付きマフラーとか……。(ボトムスは前半と一緒)
半袖だからあの……ミドリが……、……あのイレズミが、丸見えなんだけど……。
もう正直、半袖なことが衝撃的すぎてTシャツがピチピチ過ぎる(汗)のとか、ベストの後姿がおかしいのとか、ブーツが長靴みたいなのとか、そんなん全部気に出来ないくらいでした。
あれって、ほんとに最初は薄いんですね……。
出て来たばっかりの時(おそらくまだ体温が上がってない)は薄布の向こうにあるみたいに見えたの。
それがどんどんどんどんはっきりと浮いてくるのは一種異様な光景で、でもそれが逆にリアルで、彼の覚悟?みたいなのを見た気がして……なんかもう苦しくて仕方がなかった。

52.liar's hymn

少し余裕がなくなって来たのか、それとも休憩後の1曲目だからか、少し声が出辛そうにしてて恐くなった。
同期で出力してる音に負けそうになってたのがある意味ショックでした。

53.So Deep

何で座ってる状況でこの曲をやるんですかりゅういちさん。
なんか盛り上がりきれなくて悔しい。この曲をツアー初日に聴いた時の衝撃は今でも忘れられません。

54.かけがえのない人

何故かは忘れたけど、するりと心の中に入って来て妙に涙腺を刺激されました。
今までのバラードと違って少し刺さるような歌でした。

55.愛欲のまなざし

『真昼の月と真夜中の太陽』ツアーと同じ流れ。
人間失格のアルバムは明確なコンセプトの元に作られているだけあって、他の曲たちと一種相容れない空気さえ感じる。

56.古の炎

だからか、まとめ打ち。
このアルバムでいちばん好きな曲ですが、難しいのかちょっと苦しそうでした。

57.うたかた

だからなんで座ってないといけないのかと小一時間(略
ところどころ演奏までぐだぐだってなって来たのはいい加減サポメン様達もお疲れって事ですよね……。

58.朝顔

MC中、葉山っちが立ち上がって鍵盤拭いてたので、お?って思ったらRYUがピアノの方へ!
でも前はもっと弾けてたはずなのにひどいミスタッチだった……とは言っても表情がいつになく真剣(笑)でかわいい事には間違いないです。
なので横向いたらベストが金太郎さんの前掛けみたいに見えたことは黙っておきます……_| ̄|○
あ!ピアノがちょっとアレだった分(コラ)お歌はちゃんと歌えていましたよ。

59.Song for you

そのままもう1曲ピアノ弾き語りを披露……しっかしこの曲はもちょっと上手くいかないものだろうか……。
なんか曲の良さがイマイチ表現しきれてない気がするんですが。。。

60.J.E.1960

「ここからは少し盛り上がっていきましょう!」というお言葉にみんなが立ったところでこれ。
嬉しくて1人でORANGEツアーの時と同じように手振り回したよ……悪目立ちなんて言葉知ーらーんーしー!←

61.Sunset

そいえば前はこの曲でいのーえ様出て来たんだよね……とか思い出した。
疲れた表情を浮かべながらも笑顔で手振り先導するRYUに、みんなようやく少しノッて来たみたい。

62.恋する花びら

入りの音がおかしかったような気がしたけど、すぐに持ち直して一安心。
ギター持たずに歌ってくれて嬉しかった(酷)1人でヒラヒラ踊りましたぉ。

63.メルカトルの子孫

手拍子入るの遅くてやきもきした……ウッディさん呼んで来て(笑)
この曲聴くと、ORANGEのツアーの時いつも笑顔で手拍子先導してくれてたウッディさんのことばっかり思い出すんですよねー。

64.根付けの鈴

曲調ガラッと変わって根付の鈴。今日も片手でりんりんしてました。かわいいvvv
ゆるやかに流れる空気感が独特で、とても心地良かったです。

65.潮騒

うわん!まだこんなヘヴィなの残ってたよ……。
少し苦しそうだったけど、葉山っちのピアノでこの曲聞けるなんて幸せでした☆

66.夢のカケラ

この曲好きだー。
RYUも身体揺らしながら歌ってましたが、さすがに潮騒の後はキツいか……?

67.北へ

最近ようやく良さが分かるようになって来た曲。
結構歌いにくいのかな?しんどそうだったし、もしや高音より低音の方がキツイのかもしれない。

68.柘植の櫛

こっちの方がつるつると歌えてる感じで、本人も気持ちが良さそうでした。
小泉さん放置していなくなった神戸の事とか懐かしいなぁ。←蒸し返し(笑)

69.月はもちろん

あのぉこれこそ座って聞きたいのは私だけですか?←
曲自体が静かなので、伸ばす音の端々が微妙に掠れて来ているのが良く分かって苦しかった。

70.Stop the time forever

夏JACKの神テイクを思えば及ばないかもしれないけど、2部のラストにこの曲をこのクオリティで歌えるRYUは本気でハンパないと思います……。
それでもやっぱり、神テイクを知ってるからこそ気付いてしまう『普段なら有り得ない声』がぽつぽつ出て来てる。余裕がなくなって来てる。
マイクレスで余裕がないのとは違う、危うさを含んだ切羽詰った声が恐い。
でもそれさえも曲の表情にしてしまうこの人はもっと恐いと思った、2部のラストでした。


全体としては、2部ともなればさすがに苦しくなって来たのかお水を飲む回数が増えて来てるし、MCでも「全力で歌うと声は枯れるんだね」とか言い出してドキドキした。
しかも「サクッと100曲じゃなくて全力の100曲を届けたい」とか言うからもう……あああもうばかぁぁぁ……(涙。
会場のみんなも不安になって来たのか、1部より1曲終わるごとの拍手や歓声が多くなっているような気がしました。

その癖まだ宣伝する余裕はあるみたいで(笑)舞台(嵐が丘)やらライスフォースやらジュエリーのこと紹介してました。
特にライスフォースは「僕のお肌が荒れないように毎月送ってもらってます」だって。おいおい喋り方かわいいなぁもうvvv←

此処から先は未知の領域。
何処だったかのMCで冗談ぽく「壊れていく河村隆一を見届けて」みたいなコトを言っていたけれど……どうなるか、しっかり見届けたいと思います。



≪第3部≫

RYUは黒の光沢のあるジャケットに白シャツ、エンボスみたいなポコポコのついた黒のパンツを黒いエナメルのブーツにブーツイン。あとロングスカーフみたいなのを巻いて、というか引っ掛けて(笑)登場。
テーラードの襟部分にゴールド?の派手なラベルピンというかブローチというかの装飾も付けてたし、えらいフォーマルな印象の衣装でした。
そして髪がますますくるんくるんのチリ村さん(笑)になってました。一部情報で後ろ髪を結んでたってのを見たんですが、詳細は不明です←
加えて葉山っちもまた衣装替え。1部の衣装に似たやつに戻ってました。残念。

あと、ステージ後方にあったスクリーンの部分にsoraツアーの時のような照明ユニットが4つほど設置されてて、急に明るい演出に。
残りの曲を考えても、最後は駆け抜けて終わろうって感じなのかなぁって思いました。


71.大空の記憶

やっぱりそう来たか!真っ白な照明が印象的。
ほんとに4時間分終わったの?っていうくらい伸びやかな声でした。

72.やどり木の下で

休憩あけだからか、まだ柔らかい表情で歌うRYU。
でもなんとなく、なんとなく譜割りをわざと変えてるって言うよりは、そうじゃないと歌えないのかな?って感じを受けるような歌い変えとかがあって、ちょっと?が増えて来る。

73.Sugar Lady

直前のMCで「今ので72曲目です」って言ってふっと笑顔を浮べたRYU……個人的には「まだ30曲近くもあるのか!」と思いました。
この曲自体はいつもの『ふたーり♪』のピースも全開でやってて(笑/まぁ当然のように被りますが何か。←)少し肩の荷が下りてる感じも受けました。

74.in the sky

ミドルテンポの曲が続き、喉というよりは体力的にきつそうにも見えました。
何が楽で何がしんどいのか、上手く捉えてあげられないのが心苦しい。

75.my first love

コレは比較的楽そうな気がしたんだけど、平坦な曲だからなのかな……。
いつものような艶はさすがになくなって来てるけど、優しい音でした。

76.Ne

「終幕後に出した曲です」っていうMCに心臓止まりそうになったとかは秘密で。りぶーとしても未だに終幕アレルギーは治ってないのかもしれない。←
ところどころ苦しそうでした。あぁ……。

77.言葉にできない

ゆるゆると紡ぎ出すような歌い方が逆にハマっていい味になってました。
川村さんのコーラスもぴったり。

78.Last Night

何かを超越したみたいに良い声を聞かせてくれたのがもう不思議で仕方がなかった。
優しくて甘くて、弱ってるはずなのにあたたかい歌。

79.静かな夜は二人でいよう

うわあんまだこんなのまで残ってたのか!
しかもちゃんとスイッチ入って歌えてるなんて……ほんとにもう!ばか!!好き!!!←

80.抱きしめて

ここぞと言う見せ場でやらかした、第2弾。_| ̄|○
最後の大サビぶっ飛ばしてしまって、気付いた時ものすごい表情してた……悔しさって言うよりは自分に対する苛立ちみたいな感じ。どんなけプロなの。
いやでもあの高音を此処で出すのはどうかなと……ある意味ぶっ飛ばしてしまって正解くらいなんじゃないかと思ってしまった私は過保護な意気地なし。←

81.光のカゴ

なんでか曲の印象が皆無だと思ったら、soraツアーの時個人的理由で泣きまくっててほとんど聞けてなかったんだと思い出した(汗)
ちょっと川村さんのコーラスに押され気味……?音域も微妙なラインだし結構苦しそうでした。

82.薔薇とプリンシパル

最初YUKARIEさんのSAXから始まるはずだったんだけど、マイクの位置とかおかしくて音が出てなかったという……。
とりあえずいろいろ直して何とかまとめられたけど、RYUがちょーっと不機嫌になってた。
多分、自分に余裕がなくなって来た証拠。変なリズムで歌いにくいのも相まってか歌もめちゃくちゃ雑になってしまってた。

83.残された記号

なのに更にアップテンポな曲が続き、いよいよ表情がなくなって来てて……そんな時に限ってYOUさんまでミス連発したりしてもうRYUも完全にテンパってた様な気がする。
珍しくコーラスに持ってかれそうになってるのとか、辛くて辛くて泣きそうだった。

84.淋しい時はいつも

そして続けざまにこの曲が始まった時、ほんっとーに表情がなかったの。
それでも音が取れてるのは本気でナニモノなんだ君……と思わないこともないけど、リズムについていけてない上に声の出し方もあやふやな感じになって来てて……素人の私が見てもいよいよ危ない感じだったと思う。

……そんな中、ついにRYUが言ったの。
「後悔したくないから、10分休憩してきていい?」って。

もう……言葉が出なかった。
ほんとに駄目なんだって。RYUにとって許せるレベルを下回ろうとしてるんだって。
そしてそれを、……素直に、受け入れられるようになったんだなって。
気持ちの入らないままライヴやって後で後悔したりとか、ライヴ中にマイク投げて帰ったりとか、気付かないうちに心壊したままライヴやっちゃったりとか、私が知ってるだけでもいろんなことがあって、その度にいっぱいいっぱい私なんかにはわかんないくらい傷ついて、また一歩RYUが思う理想に近付こうって努力した結果……本当に良い意味で大人になって、表現としてだけではなく実際にこの時間の中で自分と向き合ってるんだなって思った。

10分。
そんな、長いようで短い時間で。
何か出来るようで何も出来ないくらいの僅かな時間で。
「大丈夫、すぐに蘇って来るから」なんて、強がり。

――あぁ、あなたは本当に不器用で美しいひと。

ちなみに休憩中、君ピアを歌ってるのが聞こえていたけれど……私は泣いてばっかりで全く何も出来ない使えない子になってました。
お役に立てず申し訳ない。

85.草笛

ほんとに10分少々で戻って来たRYUは、衣装もジャケットやストールをはずして、白シャツに黒の細いクロスタイみたいなものだけという身軽なものに変わってました。
気のせいでなければほんの少し顔色が戻ってて、ほっと一息。
ガッちゃんと披露してくれた草笛もきっちりアイコンタクト取って歌ってて、本調子には程遠い中でも随分良くなったように感じました。

86.Stay with me

うわぁんこんなところで私の大事な曲とかもう無理なんですけど……。
ちょうど10年前、此処に来る気になれたのは全部この曲のお陰。この曲があったからこそ今の私があるんです。

87.Confession

あああああ何この俺得パート……いつもなら大喜びするところだけど、今日のこの状況だと心苦しいばっかりでもう辛い。
治ってる訳ないとは思ってたけどやっぱり苦しそうだよぉ……。

88.深月に恋文したためて

もうほんと勘弁。セトリ考えて作れよバカタレ!(表現自重。←
あからさまに掠れて来た声を上手くカバーしながら表現していく歌は本当にプロの技としか……。

そんな流れの中で、此処のMCがもう!こんなの反則だと思うんですよ。
以下、ニュアンスだけですがどうしても聞いて欲しいので書きます。RYUスレさんだけじゃなくて、河村さん駄目なSLAVE様も含めて他スレ様にも是非読んで貰いたい内容なんです……。

「CDバブルの時代、アルバムが300万枚売れました。そんな景色を見ました。でも下りの階段は早くて、CDが売れなくなって、コンサートをやる会場も小さくなって、それでもこうして着いて来てくれる、支えてくれるみんながいたから僕は歌って来れました。聞いてくれる人がいるから歌っていられるんです。本当にありがとう」

これ聞いて泣かずにいろって方が無理な話で……もう号泣でした。今も思い出して泣いてる始末です。本当にすみません。
盲目なRYUスレすぎてキモいと思われても構いません。大好きです。

何も知らない振りしてちゃんと知ってるしたたかな大人なくせに弱くて脆くて、なのにどうしようもなく芯の強いりゅういちさん?
壊れそうになってまで真っ直ぐ生きるのは美しいけど、ほんっと不器用で意地っ張りですよね?
ばかばかばーか。ほんとばーか。もう、ばかすぎてやだ。
だめだよそんなの。たまんないよ。そんなことされたら、一生離れられないよ。
今自分が何書いてるかわかんないくらい好きだよ。大好き。ああもう、ほんと大好き。
一生ついていく。嫌がられてもついてく。ちゃんとやれ!って言われるのヤだとか言われても追い回してやる!覚悟しろ。

89.きらめきの向こう

その上「生きている限りは、全力で歌っていたい」みたいなコト言ってからこの曲とか……もう曲の記憶吹っ飛ぶ勢いで号泣ですが何か。←
ある意味きたないよそのやり口。最近あらためて心意気が格好良すぎるだろう君。ずるい!

90.きらら

まだこんなの残ってたのか……楽器の音が少ないのも手伝って、少し声が復活したような錯覚がしました。
でもやっぱりサビに入るところとかは普段ならある『しなやかさ』みたいなのがなくなってました。頑張って!

91.彼方まで

あの……嘘ですよね?
此処でその曲、しかもそんなクオリティで歌うとか……本気でなに考えてるんですか?
さっき死にそうな顔してた人が魂の叫びみたいなロングトーンとか……心抉られる思い何回すれば良いのもう。
正直感動とかじゃないもん、此処まで来たら。ただただ苦しくて苦しくて堪んない。
心の深いところをざくざく抉られて、多分血塗れだよねこれ。刻み付けるにしてもエグすぎる。
だから、ぼろぼろ溢れて来た涙はきっと感動の涙なんて綺麗なものじゃなくて……もっと生々しい何かだったんだろうなって、思いました。

此処で2010年の幕開けと同じように(笑)YOUさんのギタソロタイムが少し入り、RYUは再び舞台袖へ……。
時間にして5分もなかったと思うけど、その間出来る事をしっかりやって来たのかな……笑顔でYOUさんを紹介してました。

92.Brilliant Stars

イントロでマイクスタンド持ってジャンプした時は真面目にびっくりしました。
もういいよ、ほんとに100曲歌いきることに集中して欲しい!と思ってしまった私はヘタレすぎますよね……。

なのに次のMCで、「今のが92曲目でした。あと8曲。……まぁ、100曲以上のメニューを用意してるんですが」とか言うんだもんこのヒト……もうぶっちゃけ馬鹿じゃないのか、と本気で思いました。
確かに100曲しか歌わなかったら「ギネス載りたくてやったんだろ」とか邪推する輩もいるかもしれないけど……でも本当に、無理だけはしないで欲しいの。もしもの事が絶対ないなんて言えないのに。
記録なんてどうでもいい。とにかくRYUが無事だったらそれでいい。とまで思ってしまった……。本当にごめんなさい。弱くてごめんなさい。

93.forget about you

今まで一度も考えた事なかった。RYUが歌えなくなったらどうしよう、なんて恐怖を思う日が来るなんて。
普段なら楽勝なんだろうなって思うようなメロディが弱々しく震えるのを聞いて、ただただ祈るばかりでした。

94.夢で逢える

曲の存在すら忘れてたなんて秘密で。←
こんな極限状態でも一音一音大事に大事に発せられていく歌はもう意地以外の何物でもないなと……。

95.君の前でピアノを弾こう

最後歌わせるところあるかなと思ってたのに、そこの部分やらなかったからびっくりした。
いつも笑顔で歌ってたこの曲だけど、もう苦しくて泣きそうでした……。

96.恋をしようよ

サビ前のところでRYUが煽るからね、めちゃくちゃでっかい声で「Love you!」って叫んでやりましたとも!!
浮きまくり?ん?そんなの知らない!
見守ってる私たちに出来る事なんてこんな事しかないんだから、全力で盛り上げるしかない!!
そう決意したこの曲は、ラストスパートの始まりでした。

97.TOMORROW

あまりにも好きすぎてイントロで声を上げちゃったくらいです。この曲聞くと泣きそうになる変な人です、すみません。。。
RYUは少し声をセーブしながら歌ってるような気がしましたが、なんだか会場もRYUの頑張りに必死に応えようとしているみたいでした。
まぁ私は最後の大サビで1人で本気ジャンプして踊りまくって、終わってからDVD撮ってたこと思い出しましたけど何か。(笑)

98.F114B

おおおそうか!これやるんだったな!!←忘れてた奴。
ほんといつ振りだろうコレ聞いたの……久しぶりでテンション上がりすぎてうっかり盛り上がり倒してしまったのは秘密で。
「わんはんどれっふぉーてぃーん!」とか叫んでごめんなさいよ!←

99.ジュリア

あぁようやく来た……ここまで来た……。
もう何も考えず、いつものように跳びまくって手振りしまくって、ついでにジュリアダンスも踊ってしまったぉ!
RYUは音量を完全にセーブして歌ってたように思ったけど、会場見渡して本当に嬉しそうな笑顔を浮べてました。

100.緑の詩

「100曲目は、みんなで歌いたくてこの曲にしました」というMCから、ついに100曲目……。
イントロの葉山っちのピアノも、間奏のYOUさんのギタソロも全部大好きで、RYUがこの曲を選んでくれて嬉しかった。
最後のサビの英語、全力で歌いましたよ。
ラストのCan you save the green?が武道館に響き渡った時……ついにその瞬間が来たんだと思ったら涙が溢れて来ました。

おめでとう。
本当におめでとう。

記録なんて本当に二の次で良かったんだけど……やっぱり世界に名を刻んだんだなって思ったら素直に嬉しかったです。
「あぁ、この景色が見たかった!誰も見たことのなかった景色が!!」ってほころばせた表情は、きっと一生忘れられないと思う。

101.Your beat

この期に及んで(爆)「もう少し付き合って下さい」と前置きした後、「親友のJUN……あっ、あだ名はダンプだけど!に捧げた曲です」というMCからはこの曲でした。
皆様ご存知の通り、LSのGENESIS OF MINDで歌われてるのと同じ方に捧げられた曲です。
あの曲は痛みばかりを叫んでるように私には聞こえるんだけど、今はこんなに優しくやわらかな思いを捧げられるようになったんですね。
最後の最後のロングトーン、まるで天に声を届けようとしているかのような魂の叫びに聞こえました。

102.愛は

soraツアーの時も「踏み込んではいけない領域に踏み込んでしまったみたいな」と表現していた、あまりにも重すぎる言葉を歌った曲。
100曲と言う壁を越えて、まだこんなヘヴィな曲をどっしりと歌い上げようとは……もうなんだか、なんて表現していいかわかんないくらい胸が苦しかったです。

103.おやすみ

「もう1曲行きましょうか」とひとこと告げてから、この曲。
照明が落とされて、バックには星空のような演出。そして優しく歌い紡がれる癒しの歌。
最後に流れ星がいくつか流れていったのを見て、ほっと心があたたかくなりました。

104.深愛

「今日ここまで一緒に戦ってくれたみんなに捧げます」と告げて、RYUはおもむろにステージの淵へと歩み出しました。
しかも、真っ暗な中でスポットライトを浴びる彼の手には、マイクはなくて……この瞬間、会場中に歓声というよりは悲鳴に近い声が響き渡りました。
RYUが「しーっ。」って指を立てても声はなかなか収まらなくて、正直私も反射的に「もう止めて!」って声にしてしまっていました。

70曲ライヴの時も思ったけど、真っ直ぐすぎて不器用で……もうほんとにバカだよ。大バカ者だよ。
でも、そんなあなたが大好きなんだ。大好きなんだよ。
MCで言ってた通り、歌うことがイコール生きてることだって思わされるには十分すぎて……もう……ごめんなさい……。

1番のサビをアカペラマイクレスでワンフレーズ歌った後、本当に最後の曲が始まりました。
『どこかで君が困ったら my love 返したいよ』っていう歌詞が大好きで、いつもRYUの歌に助けられてる私は、本当にいつかこの気持ちを返せたらって思っていて……。
それが今日の今この時なのかもしれないと思ったら、この曲では普段は手扇子とかしないんだけど……自然とありったけの思いをこめて手を差し出してました。

本当にありがとう。
歌う人でいてくれて、ありがとう……。


最後、カーテンコールも終えて1人残ったRYUに、スタッフが小さな紙切れを手渡しました。
それを黙ったままじっと見つめていたRYUは、ぱっと顔を上げて――。

「たった今、ギネス・ワールド・レコーズに認定されました!」

ずっと世界一だと思ってた。
誰も認めてくれなくても世界一だと思ってた。
だから、ギネスっていうひとつの形ある『世界一』を手にしてくれた事は素直に嬉しくて、そして誇らしかった。

おめでとう。
本当におめでとう。

あなたは世界一のヴォーカリスト。
歌に生きる、歌に生かされてる、誰よりも美しい歌い手。


本当に全部が終わった後、RYUの立ち位置に上からスポットが当たった状態でSEはMyway……そのバックに104曲分のタイトルが流れていく様子にまた号泣でした。
あの場所が、すっごい神聖なものに見えた。何も嘘のない、彼の居場所が。

「これからも着いて来て下さい」って言われたけど……言われなくても勝手についていきます(笑)マジ覚悟して。←

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

1. Posted by ローズラブ 2011年05月07日 04:37
5 臨場感のある内容で様子がよく伝わりました。感動しました。お疲れさまでした。
2. Posted by 悠華 2011年05月08日 13:29
104曲全部の感想お疲れ様でした。
ライヴの光景が目に浮かぶようです。
RYUソロはあんまり参戦してないので遠征してその場に立ち合えた方が良かったかなと若干後悔。
3. Posted by 冬華 2011年05月08日 20:58
5 いつも、流椰の言葉は愛に溢れてて…読んでいるだけで、グッとくるよ。

読んでいると、RYUが愛しくて、流椰が愛しくなる。

素敵な言葉と暖かい気持ちをありがとう。

大好きだよ、バカヤロウ(≧ε≦)

4. Posted by るあ 2011年05月09日 12:56
>ローズラブさま

コメントありがとうございます!
臨場感と言うよりは私が喚いてるだけな気もしないでもないですが……感動だなんてそんな!
ありがた過ぎるお言葉、恐縮です。。。
おかしな感想文しかない困ったblogですが、今後ともよろしくお願い致します。


>悠華さん

ついったでコメント催促したような勢いですみません←
こんなんでほんとに大丈夫ですか?相変わらずひどいテンションで重ね重ねすみません(笑)
RYU頑張りましたよ……あるけでDVD出るらしいんで是非買ってあげて下さい。
ちなみに私もソロで遠征は区切りのライヴとかだけですよ。名古屋は行くけど東京遠い……_| ̄|○


>冬華

ごめん、そんな素敵なコメント置いてかないでよもう……泣きそうになったじゃないの。
嬉しいよー。こんなぐだぐだ感想文に勿体無いくらいのコメントだよぉ。。。
それにRYUが頑張ったのちょっとでも伝わったなら良かった!
気が向いたらソロも見てあげて……寝てもいいから☆←おいこらwww
5. Posted by うい 2011年05月10日 17:43
5 うおおおおおおお
るあさん全部言いたい事言っちゃってるぅぅぅうううw
なんて言うか、はい。その通りです(*´ω`*)
スッキリ。
感想書いても同じ事の繰り返しになるので、書きませんw

当日お会い出来てよかったです、ドームぶり!
終演後、号泣によりボロボロになってたんで、開演前に無事逢えて良かったw
もーほんと行けて良かったー!!!(本来は行けないはずの日なので)
会社と揉めてでも、来て良かったw

るあさんも遠くからお疲れさまです!
6. Posted by るあ 2011年05月11日 19:26
>ういちゃん

うわん!こんな辺境の地にわざわざありがとう!
ごめんね、テンションやらその他もろもろがおかしい感想文で……(;´д`)
そして日武ではあんなギリギリに行ってごめんなさい……めっちゃかわゆすで綺麗なロリータちゃんだったから緊張したぉ。←
ほんっとーに参加出来てよかったね!
また会場で逢えますように……今度はもう少し早く行きます(爆)
7. Posted by ange 2011年05月15日 02:20
ありがとうございます
やっぱりるあさんの文章が好きです。
るあさんの気持ちもRYUの気持ちもいっぱい伝わってきました。
さすが「RYUスレ最後の砦」です
ほんとにありがとうございます!!
8. Posted by るあ 2011年05月17日 02:00
>angeさん

うわーん!ありがとうございますー!
こんな長文を読んで頂いたばかりか有り難すぎるお言葉……!。・゜゜(ノД`)
りゅーいちの想いがちょっとでも伝わったならほんとに嬉しいです。
RYU頑張りましたー!世界一!\(^o^)/

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲