こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2003年09月28日

河村隆一 Concert Tour 2003『“re” 〜新たなる扉の向こうへ〜』@名古屋センチュリーホール

と、いうことで2日目、なごやんですが・・・。
妙にテンションは低いんですが、この時の気持ちを書き残しておきたいのであえてレポ上げました。
昨日(静岡)とうってかわって凹み気味な意見でスイマセン・・・;
今日はゆっくり見れる的位置、24列目。
のんびり構えたモンで、名古屋駅出た時すでに開場時間過ぎてました;
結構冷静にスーパー寄ったりとかして、開場到着は15分前(またか)
しかしきれいな会場でした。音もいいし。
今日もほとんど定刻開演で、ゆっくりとRYUとバックバンドさんの登場です。

そんな感じで、ものすごく静かな空気の中、1曲目のかげろうの歌がスタート。
やっぱり!会場がすごくいい音でした!!
なんかマイク入りすぎ?とかも思ったけど慣れて来れば全然!
しかもRYUもすごいいい感じで、これはかなり期待できそうですvvv
そのまま2曲目のポップな曲へ行ってもRYUのいい感じ具合(笑)は変わりません。
「今日、めっちゃ良くない?」と友に言うくらいの良い感じでした。

そして相変わらず斜に構え気味で、声のトーンを落としたMCに続いては、メロディー
これが!これが本当にカッコ良かったんです!!!
だってだって、RYUの曲にあるまじきオトナの雰囲気がっ(まだ言うか)
多分本日No.1!!めっちゃ素敵やったですvvv
首藤さんのSAXソロもめっちゃ素敵にオトナで、それに重なるRYUの声もいい感じ♪
素敵さ溢れていて、思わず「いやーん素敵☆」と心の中で幸せに浸り。
その上迫力もあって、心からすっごいカッコ良かったです!!
本当このツアーでの私的No.2(No.1は多分名曲/笑)になりそうな予感です。
それなのにそれなのに、続いては静かな夜は2人でいよう!!
昨日とメニューが違って、イントロですでに動揺;
去年のようなささやき系はなかったけど、これも絶品♪
もー本当に声が良く出ていて、素敵でした。
もうこの時点でかなり瞳うるうる;;
なーのーにー!!!今度は激痛だって言うじゃありませんか!!
これが・・・もう・・・痛かった・・・。
すごかったんです本当。
風ツアーでの激痛も良かったけど、なんか生演奏溢れる激痛も最高☆
ここで思わず涙が・・・。
やっぱすっごく痛々しくて、きっとRYUには何か悲しいことがあったのかなぁ。
そんなふうに思わずには居られないような激痛でした。
・・・本当、RYUの声に感服。。。

そしてまた、「今この曲の深さを改めて感じています」というMCからconfessionへ。
もーこの流れ、このRYUの勢いでconfession・・・とか思っただけでちょっと泣きそうでした;
それなのに・・・それなのに・・・。
曲の途中で、突然「ボツッ」という大きな音が2回・・・。
もう本当、ヒヤっとしたとかじゃなくて、背筋が凍りました;;
名古屋・・・蘇るのは7月20日の記憶。
でも、RYUは集中力を切らさずに、歌いつづけてくれて・・・。
・・・なのにもう一度、曲中に雑音が・・・。
何かもうここで、私自身の集中力とかがフッと切れて飛んでしまったようでした。
大好きな曲で、何で・・・?
この後はずっと、7月20日の再来を恐れて、ただヒヤヒヤするばかりで・・・。
続く君の前でピアノを弾こうで、笑顔を見せてくれたときにも心から楽しめなかった。
あの、「名曲」をやってくれても、前半みたいに心が震えなかった。

―――全部、自分の所為だったと思う。

後悔してもあの時間は戻っては来ないけど、あの時に、戻れれば・・・。
切れてしまった集中力は戻らなくて、MCV中にお手洗いに立ってみたけど駄目だったみたいで。
こんな気持ちでLIVEを見たのは多分初めてだったと思います。
思えば思うほど、RYUに申し訳ない・・・。

MCVあけ、深愛
何故かぴょんっと1つジャンプして登場。
でももう、何か、私の中では・・・止まってたんだと思う。
続く「マリア」って歌ってると思う曲では、左側でいきなりハイキック(笑)
ちょっとかわいかったvvv
そしてF114B
やっぱり・・・自分的に空気感や緊張感を取り戻せていなくてイライラしてた。

ここでMCタイム。
やっぱり斜に構えたRYU、客席からの掛け声を全てシャットダウン。
自分のいいたいことだけ言ってNeへ。
いやぁ・・・ブラボー☆☆☆
待ってましたのブラック降臨!!
ちょっと素敵でした。
なのになのに、Neの次のGlassではなんと、またさっきの「ボツッ」っていう音が!!
もーやだぁ・・・(涙)
しかも1番の最初、RYU走りすぎ!!
支代美さんが必死じゃないか!!コラ!RYU!!
でもサビではなんとか復活、持ち直しましたね。
てゆーかなんで好きな曲ばっかり・・・(マジ凹み。)
そしてLove is...のすーぱー☆アカペラタイムへと続くんだけど・・・。
もうこの時点で、私に見る資格なんて無かったんだと思う。
本当に、心から受け入れてあげようという気持ちが無かったんだと思う。
だから、響かなかったんだと思う・・・。

軽いMCを挟んで、I love youのノーマルアレンジ、
3月にやった新曲「はね」(多分)、ジュリアと続いて本編は終了。
でも本当に・・・本当に心から楽しめない自分がいて。
何やってるんだろうって、本当に悲しかった。
違う、こんな事しにわざわざ名古屋までやってきたんじゃないのに・・・。
ぼんやりとそんなことを考えながら、ノリ切れないジュリアダンス。
今日という時間を、自分の手で無駄にしていく自分が本当に嫌だった。

アンコールは、昨日に引き続き、「バニラのコート」(?)という新曲。
「恋をしてーそう切なくてー君に逢えなくなって・・・」っていう歌詞が・・・やっぱ別れたね;
でもこの曲、個人的には名曲よりかは落ちるんだけど・・・。
でもRYUは、「大切な曲です」って言うしね。
リリース、楽しみにしてるからね。
でも良く考えたら、RYUの発売前の曲をLIVEで先に聞くのってすっごい久々かも・・・。
最後は、首藤さんの素敵な笑顔とSAXをひょいっと上げる仕草に癒されました。
後ろから「首藤さーん!!」とか絶叫してたからかな(爆)
本当素敵なお兄様ですvvv

今回の名古屋公演で、私は自分が一体RYUに何を求めているのかが本当に分からなくなりました。
7月の名古屋の時もそう、この人に完全を求めているわけじゃないんだけど・・・。
厳しくもかつ、自分がしっかり入り込んで楽しんであげてこそだよね。
なんのためにLIVEに行くのか、自分はそこで何をしたいのか。
何を、見つけて、何を、感じたいのか。
もう1回見つめなおす必要もあるかもしれない。
演る側だけでなく、見る側も、マンネリになっちゃいけないんだと思う。
そうじゃなかったら、ただ、与えてもらうためだけになってしまうから。
そんなのは・・・LUNA SEAから学んだLIVEの楽しみ方じゃないよね。
決まりきったものを求めて、決まりきった反応を返してるだけじゃ・・・つまんないよね。

最近何かの歯車が合ってなかったのは、自分の中の気持ちのせいだったのかもしれません。

RYU・・・ゴメンね。
次の大阪では、もっと・・・心から楽しみたいと思います。
そして何かを返せたら・・・本望かもね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲