こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2009年12月31日

RKF MEETING Vol.25『2009 Last Talk&Acoustic Live』@赤坂ACTシアター

さてさて2日目。
とりあえずForever21で買い物するのがメインみたいになってたりとか(爆)Bizタワーで遅いランチを食べてたら隣の席にフレとSLAVEさんが混ざった(予測)4人組がいらっしゃって、大きな声で無茶が言えなくなったりしてました……。

ちなみに今日は昨日と反対側の3列目。
またしても2階だよ!!
馬鹿正直に発券した方が損してんじゃないのかと疑いたくなる仕打ちですよね_| ̄|○

以下はネタバレ満載のうろ覚えレポ。
トークショーなので珍しくレポっぽい仕上がりではありますが(笑)結局のところ主観に基づく推測と裏読みの山ですので、ご自身の責任でお願い致します。
今回のお相手は羽積さんでした。テンション上がる……!
RYUは黒のデニムっぽいパンツ(ゴールド?のステッチが裾と内側のサイドに入ってた)と黒のジャケット、白いシャツに変わった色(爆/ブロンズ??)のちょっとラメっぽい靴を履いてました。
そして髪は全くセットしてないぺったんこ。抜きすぎだと思います。いろいろと。

トークショーは入口で配られた河村新聞(久しぶりだねコレ)を片手にヒロインの話から始まって、香港公演、オーチャードのマイクレス、ピアノツアー、太宰イベント、エイベ移籍、ブリスタ発売、厳島神社公演、ディナショ、オペラシティのマイクレスという感じで2009年を振り返っていく形式。

全体的に結構真面目な内容で聞きやすかったように思いました。
でもRYUのテンションが低くめで、ついでに声も低いのは一体なんなのか。
その代わりと言っては何ですが羽積さんが妙にテンション高いのも謎(笑)

香港のファンの方はやっぱりすごいらしいです。
日本(というか東京?)のファンはお上品過ぎるって言ってました。
あと会場とか汚いそうです(汗)お掃除より内容を詰める方に時間を割くからって言ってたけど違うだろ絶対……。

オーチャードの話に関連しては、日本全国にあるクラッシックコンサートとかをする会場に興味があると言ってました。
ぜっ、是非大阪が誇るザ・シンフォニーホールにもう一度いらして下さいっ!!←
てかまた関フィルとやって欲しいなぁ……関フィルさんのアレンジ凄い好きですvvv

ツアーの話では、全国のホールが減ってるってことにも触れてました。
その時「大阪とかほんとヤバくてね……」って言ってて、もしかしてRYUも厚年好き!?って嬉しくなりました。
大阪厚年はオ●ックスが落札したというウワサがあるので(しかも『ホール機能を残すこと』って要請されてるとかいないとか……)是非是非存続でお願い致します!
あと自分もC.C.LEMONホールでやった癖に、渋公と言い張るのに萌えvvv(笑)
そう言えば今回このCTシアターを借りられたコトにも触れてて、普通は大体「隣(赤ブリ)に行って下さい」とお断りされるらしいんですが、CHICAGOのよしみもあって特別に貸してもらえたそうです。
RYUも「そこ(舞台袖)の梯子がくるんって回ってロープが落ちて来そう」って言ってました。

太宰イベの話では、着物の話へ波及。
今度やることになるだろう新しいお仕事(ネットに書いちゃ駄目って言われたので一応自重)で海外に行くことがあったら、着物着て出たいとか言ってましたね。
背筋がシャンとする感じがお好きらしいです。

エイベ様への移籍の件に関しては、ものすごい言葉を選んでましたね。
ブリスタが数年ぶりにタイアップ曲で、しかもCMにまで出てアクセサリーのデザインしたり……充実してるって言ってはいたけど、その裏にはなんだか影が見え隠れ。
この辺りからあれ?って違和感を覚え始めました。

厳島神社の話では、「皆さん野外はお好きじゃないんだなと」って言ってました。
……うん。勘弁して。←
暑かったり寒かったり両極端な春も寒すぎる秋も嫌だし、真夏の野外なんてもう絶対頑張れないしってか真冬とか無理です(苦笑)
寒い時とか、音は良いんだけどね……こっちの身体がもたないです_| ̄|○

東京のディナショで「30代の女性が好き」とか堂々と言ってのけ、ドン引きされた(笑/当たり前です。)て言ってたのはトークショーでしたか?
いやー素直でいいじゃないですか。カワユスな。家庭円満結構結構。(誰?

あとオペラシティの話ではまた頭蓋骨が痛かった話をしてました。
こんなに何度も言うってことはよっぽどキツかったんだろうなって思う。
なのに行きつけの耳鼻科に言ったら、ディナショ後よりオペラシティ終わりの方が声帯の具合がいいって言われてびっくりしたそうです。
なんか小さいカメラ?みたいなのを喉に入れて(恐い……)アーとかウーとか声出しながら検査するんですって。
良かった、ちゃんとメンテしてるんだ……ボーカリストってある意味とことん肉体労働ですもんね(苦笑)
本当に、本当にご自愛下さい。お願いします。

そう言えば此処かオーチャードの話の際に、「終幕の時に、こんなに歌ってもう限界だって思っても倒れないんだって知ってしまった」って言ってました。
以前から何度かこの類の話を聞いたことがあるんですが、RYUにとってもFAはあの時点でのベスト以上だったんだなって思わずにはいられなくて……なんか泣けます。
FAラストのWISH、声ひどいことになってるもん。1日目最初のと比べたらほぼ別人。
でもそれでも音程外さないところがRYUで、7年経ったONDでさらにその先に行っちゃうのがRYUなんだよねぇ。

……あ。自分で書いてて「どんなけ好きなんだ?」とツッコミたくなって来た。気持ち悪い。←

2009年を一通り振り返った後は2010年の話。
まずはとりあえず抱きしめてのプロモーションから。(違

コラボ小説とかジェムケリーのタイアップとかレコチョクとか……盛りだくさん過ぎて若干RYU自身が食傷気味?
お歌本体より付随してくる仕事の方に少し疲れているように見えました。
特にレコチョクとか絶対興味ないと思う←
あのチラシの赤くて薄いケータイは私物?
でもあれSoftbankだし(しかもSHっぽい)……確かこの人ってDocomoじゃなかった?(要らない情報)

興味無さそうと言えば、BeeTV?
Docomoでしか見れない動画配信のやつ。
あれの紹介をしてる時、RYUったら「撮ったテープを巻き戻さずに“よこせ”って言うんですよ」って言ったんです。

……。

ちょwww本音wwwww

って、普段絶対使わない表現を使いたくなるくらいウケました←
だってだって、RYUって自分がお世話になってる人や会社etcに対して乱暴な言葉を使うことってまずないのに、まさかの『よこせ』発言ですよ?
しかもプライベートのどうでもいい(コラ)光景を自分撮りしなきゃならないらしく、「歯を磨いてるところを撮れ」とか「ご飯食べてるところを撮れ」とか「目だけアップにしろ」とか言って来る、とも……。

あぁぁ言葉の端々に本音の部分がだだ漏れすぎる!!
素直すぎるだろうがよぉ……嫌なんだろほんとは!!!(笑)

……りゅーいちのそういう大人になり切れないところ、大好きですvvv←

でも自分撮りするために「こうじゃないなー。とかって悩みながら撮った」って言ってたのは真面目にかわいかったです。
というかこの企画は正直腐った女子向けなんじゃないのかと……。(違います。
歯磨きとか見せられても困る。
なんか初回配信はスタジオでランチ食べてるところらしいですが、私はSoftbank歴10年越えの愛用者なので見られません。
そのうち誰か神が降臨召されてゆぅちゅぅぶさんとかに上げてくんないかなー。

あとは此処に書いちゃいけない来年の予定の話と、アルバム出ますよって告知を挟んでCHICAGOの話題へ。

前回最初の打ち合わせ時にブロードウェイのスタッフに堂々と「ぼくおどりたくないんですけど」(敢えての平仮名表記/笑)って言ったらしく、ツワモノすぎると思いました。
やる気あんのか。←
あと、稽古中We both reached for the gun(米倉さんが操り人形な記者会見シーンの曲)のロングトーンをやりすぎて怒られたらしい。
それで公演中はおとなしくしていたらしいんですが、最終日だけ自分の気の済むまで延ばしてやったとか……子供か!!(笑)
あの曲好きすぎるんですよね……あの変な作り声超かわいいと思うんですけどどうですか。
ってかあまりにもりゅーいちビリーが萌え対象過ぎて(ぇ)関西公演毎日通ってやろうかと本気で思う勢いです(落ち着け。

とまぁ一通りこの辺りまで話したところで、最後に質問タイム。

最初に当てられた男性はまあ置いとくとして(RECALLとはまたマニアックだね。)あとはいい質問ばっかりで(最後にLUNAの話を振ったお姉さんも個人的には完全にナシですが)びっくりしました。
羽積さん、人選ぐっじょぶです☆

特にびよんやらないんですかって聞いてくれたお姉さんはありがとう!
しかも「INORANさんも、曲はあるって言ってたんですが」って言ったらすかさずRYUが「あ、INORANそう言ってた?」って笑ってました。
びよんをやれない大人の事情があまりにも悲しすぎて落ち込みました。
ぼくのファンが100人いて、いのらんのファンも100人いたとして……じゃあTourbillonのファンが200人になるかって言ったらそうはならなくて、120〜130人くらいにしかならないから、だそうです。
なんていうかやりきれない。あまりにもストレートにぶっちゃけすぎてて余計痛いよ……。

他の質問は、

☆男性から→『彼方まで』の映画はDVDにならないんですか?
答え:いいアイデアをありがとう。考えます。的な感じ。
作品の存在を覚えててくれたのが嬉しかったのか、RYUの声も明るかったです。

☆女性から→3歳になる甥っ子もファンなんですが、小さい子を連れて来られるようなイベントはやりませんか?
答え:静かなところで泣かれても困るし、逆に煩いところに連れて来るのもいいのかわかんないよね。
自分もパパになったからかなんだかほんわかと回答していました。

☆男性から→『裸足の女神』が好きなんですけど、アルバムに入る予定は?
答え:もうアルバム作っちゃったし。的な苦笑を交えつつ、今回のアルバムには入りませんとのこと。
でもレコーディングはもうしてあるらしいです。
どうせなら提供曲セルフカバーアルバム出せばいいのに。ЯKSとかЯKSとか!!←

みたいな感じでした。

RYUも最後に自分で言ってたけど、とにかく全編通してやたらと「大人の事情」という言葉を乱発してました。
もしかしてエ○ベってびっくりするくらい細かいんだろうかとか心配になりました。
それにどっちかっていうと仕事の虫みたいに動き回るのを苦にしないRYUが、今まで見たことがないくらい「休みたい」って連呼してたのも気になります。
どうかお歌に支障が出るようなことがありませんように。

此処でとりあえずトークショーは終了。
羽積さんとRYUが一旦捌けて暗転、セットチェンジ後サポメン様登場という流れでした。

アコライヴのサポメン様はガッちゃん、小泉さん、KENTAくんに加えて結城くんというチェロのイケメン☆←
お名前間違ってたら失礼なので今調べてみたら、ご自身のblogを発見したんですが……まさかのオトメン風(笑)
どうやらオーチャードからずっとRYUに狙われ続けてる様子なので、アコライヴ常連になる日も近いね。

1曲目、今日もBrilliant Stars。
ブリスタとアコって合わないと思うんですけど……。

ここでまさかのガッちゃん以外のサポメン様退場→またしてもガッちゃんイジりタイムへ。
今日は昨日ほど寂しげなオーラとか出してなかったけど、やっぱりちょっと変なのは何??
ほわほわと浮遊感溢れまくる喋り方でガッちゃんにひたすら絡んでました。

しかし、続くマイクレスLove is...はさすが。
此処まで終始けだるそうにぼんやりした空気を纏っていたRYUですが、ゆるい中でもきちっと押さえるべきところは押さえてきて、大人になったなぁと。
逆に力が抜けてて気張り過ぎなかったのか、気持ち良さそうでした。

サポメン様を再び迎えては、confession。
うわぁぁぁぁキタぉ!!!超嬉しくて思わずガッツポーズとか(笑)
しかも歌い方がすっごい優しくて、優しすぎるくらい優しくて、いつもみたいに気合十分!な歌い方もいいけどこういう柔らかいのも嫌いじゃないなって思いました。
ほんとふわふわした。ゆるやかなぬくぬく加減でしたvvv

ラストは抱きしめて。
ここまで来る頃にはいつもの様子に近くなって来てました。
ってかこの曲、聞けば聞くほどハマって来る……いろんな音域が出て来るからかな?
歌い方もいろんな表情が混ざってるし。今後LIVEでどう化けていくのか楽しみです。


何だかんだ言って、結構楽しめたみーちんぐでした。
本気で痛い質問とかなくて良かった……。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲