こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2008年05月30日

河村隆一 Tour2008『“evergreen”〜変わらない歌〜』@文化パルク城陽プラムホール

必死に仕事を終わらせて(しかも半分無理矢理)会社を30分早退したというのに、残念な学研都市線は10分以上遅れていました_| ̄|○
運良く1本前の電車に乗れて事なきを得ましたが・・・ホント何やってくれてんだ・・・
危うくみんなの分のチケットも持ってるのに遅刻するところでした(汗)

実はツアータイトル発表時点で既にやる気3割減だった(爆)んですが、そんな日の感想文とか書いてみます。
なお、今回は特定のファン1人に対してかなり不適切な表現が見られます。
もちろんネタバレも満載です。
(しかし相変わらず曲順は分かりません!←自慢してどうする。)
それでも大丈夫という方のみ↓からどうぞ。

今日の席は、どセンターちょい下手寄りの真ん中らへん。
大していい席でもなく悪い席でもないと思ってゆるい感じに構えていたら、どうも会場の造りが途中から急勾配になっているらしくRYUの足先まで丸見えでした(笑)

本日の衣装はグレーのフリルシャツ(らしい。フリルは後ろからだとイマイチ分からず)と黒のスリムパンツにピカピカすぎる(笑)エナメル?の靴と丈の長めなジャケット。
そして、マイクスタンドには謎のヒラヒラ(苦笑)

・・・意味不明。

後程それがグッズにあったストールと判明。
しかし何故にマイクスタンドに据え付けられているかは未だに不明・・・

ちなみにアレですよ!
ウワサ通りの激痩せでした!!!
どうしたらそんなキレイに絞れるんですか!?
その秘訣、是非教えて下さい・・・(笑)


LIVEは1曲目が尾崎のI love youでした。
それからモノマネ桜坂、そして突然のBEATと続きます。

だからいきなりそのテンション違いの曲はやめなさい!←

そしてMCへ。
此処で下手側前の方で何か叫んだ人がいたらしく(内容は後で聞いて知ってますが、聞き取れなかったことを書くのはアレなので詳しくは検索してみて下さい。結構無茶言ってます)RYUが「今日はLUNA SEAじゃないからね」と言いました。
その後もまだ何か言ったみたいでもう止めてくれと。
男ですよ、男。
何考えてるんだばーか(コラ

で、この辺りまでで実はずーーっとキモチ悪くて仕方が無くて・・・。
何か、違和感なんですよ。・・・RYUが。
いや別に、声が出てないとか具合が悪そうとかそう言うのじゃなくて、何かキモチが悪いんです・・・。
モヤモヤしたまま聞いてて、ずっと感じてたその違和感の正体に気付いたのがジュリーの曲でした。

なんだこの人!
歌い方がLUNA SEAモードだよ・・・(汗)

だからどうにもこうにも、甘い感じの曲と微妙にちぐはぐして聞こえたみたいです。
とっても納得。
そして同時に、ホントしっくり来なくて気持ちが悪いので(失礼)出来れば早くモードチェンジしないかなぁと思っていたら、秋桜でようやくチェンジしたみたいでした。
やっぱり、曲に合った歌い方がいいですよね。
いくらLUNAモードのRYUが好きでも曲と合ってなかったらせっかくの歌が勿体無いもん。

抱きしめたいはミスチルファンの私としては複雑でございます・・・桜井さんの生で聞いたこと無いのに(笑)
期待していた雪の華はイマイチさらっと流されてしまい残念。
それもコレもあのKY男のせいかと思ったら本人は至ってご機嫌そう。意味が分かりません。

SELAFINEはキターって感じで。
ホンモノホンモノ!
ホンモノのYOUさまのギターでございますわよ奥様ッ!!←
そしていきなりモードチェンジするRYU・・・ををを目つきがっ
ふふふふ・・・

萌え倒しているうちにRYUはさっさと退場、YOUさんのギターソロタイムへ♪

・・・もうね、アニーさん!(何
一瞬ドラムソロ的な感じでライトがバーンって当たった時、トキメキすぎて叫んでしまいました

何あの格好いい人。
何あの格好良すぎるドラムの人はッ。

思わず今日いちばんの盛り上がりを見せてしまいました。・・・勝手に。
だってー。
普通に格好良過ぎるんだもん。
今回のソロタイムはがっちゃん→YOUさん→小泉さん→ユカリさん→アニーさん→SELAFINEの後奏に戻るという流れで、・・・あれ?ウッディーさんは?と思いちょっと残念。
でも相変わらず燃えさせて頂きました!
いつもありがとうございます

ソロ明けはいつまでも変わらぬ愛を、だったかな?
そのあとMCで、またあのアホ男が今度は「RAYLAさんー」とか叫び出して本気ギレしそうになった。いや、私が。←
多分目の前の席にいたら靴で殴ってるか後ろから口を押さえてるね。
だって私、瞬間湯沸し器的だから☆えへ(マテ

てゆーかホントにマジでムカつく!
てゆーかホントにマジでつまみ出したい!!
RYUが歌うのを邪魔する奴はファンなんて認めない!
絶対に許さない!!
そりゃ確かに?私も97年とかはRYUに真正面から顔向け出来る立派なファンとはお世辞にも言えない行動を取ってましたが、それにしたって酷いよ・・・。

おかげでその後のFLOWとかはRYUの表情が一瞬引き攣ってて、元々あんまり弾けてない(酷)ギターがますますめちゃくちゃになってしまってました。
もう、キレなかったRYUにありがとうと心から言いたい。
それからゴメンねとも・・・。

本編はI love youで終わりでした。
ものすごい不完全燃焼でどうしていいかわかりません。
上がるところも入り込むところもない平坦なLIVE・・・正直、個人的にはかなり微妙。
勿体無いなぁ。
せっかく調子良さそうなのになぁ。
ホント・・・なんでエバグリなんだろ。

あっ、ちなみに本編でも新曲やってました。
『裸足の天使』でしたっけ?何方様かに提供した曲。
何処に向かってるんですかと聞きたくなるようなポップな曲で、繰り返しが多い曲でした。
RYUの声にRYUの声を重ねるとひつこいなぁとかファンとは思えない感想を持ちました←


アンコールは未来予想図からだったかな?
個人的に大好きな曲なので歌いたくなります
続けてsugar ladyなんですが・・・あの・・・アニーさん?
全然可愛くないよっ!!(笑)
何ですかそのロック過ぎるsugar ladyは!?
あまりの格好良さに逆に笑ってしまいました・・・何この格好いいドラマーさん!!
素敵過ぎる!!!

ここで1回引っ込んだ?
印象薄くて(爆)覚えてません・・・だから2daysっぽい日程はニガテなんですよね・・・。


次は生歌Love is...からだったと思います。
結構サラリとした印象で、やっぱり勿体無いというか・・・。
でもでも、何かRYUがるんたった♪って感じで(謎)楽しそうに歌ってて、それを見ていたら嬉しくて泣けて来てしまいました。
この人が楽しいなら何でもいいやもう、別に私が微妙とか言ってる場合じゃないや、楽しいんだったらそれで満足だよ・・・って思えて。
去年のいろいろとかもあって、やっぱりRYUが笑顔で歌ってくれているのがいちばん嬉しいのかもしれません。
・・・ただの過保護なので放っておきましょう。

その後メンバー紹介があり(YOUさん可愛すぎる!)、それから新曲『抱きしめたい』
んー。
RYUっぽい(笑)
何か盛り上がっていきそうなトコロでいきなりバッサリ切れる感じが妙な曲だなぁと言う印象でした。
でも、最後らへんの『壊れそうさ〜♪』っていうところの歌い方は好きな感じでした。

ラストは深愛
いやホント、無事に終わって良かったなと・・・。
そしてあらためて、RYUが好きで仕方がありません
完全に不完全燃焼(日本語変)でしたが、それでも本人が楽しいならいいやって思ってしまえる残念な感じのRYUスレですみません。
でもホントに心からそう思います。

明後日も、RYUが気持ちよく歌えますように。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

1. Posted by ☆lunaryu☆ 2008年06月04日 22:38
ぴかぴかでひらひらは靴とストールでしたか(笑) 
今回のツアーは悩んでいない明るいRYUだから安心していたのに、城陽は大変だったそうで、残念ですね^^;
カウントダウンの時のMCで、今年は全会場、何も残さない、全部を出し切って終わる、と話していたRYU、昨年は、全会場で一度死んで、なんて本人以外、簡単には理解不可能なこと言って、しかも暗い表情(メンバー全員が集まって復活が本決まりになった直後でしたが、それは関係なく、自分自身と闘っていただけなのかな?)明石で少し浮上して、大阪で一気に浮上、その大阪厚年で頑張ったのが、るあさんですよね?!
あの光景には感動しました。タイミングの良い企画は最高です!! 
愛がなくてはぜったい出来ないことだから・・・。RYUも気分よくWアンコに応えてくれて、嬉しくてみんな大絶叫〜〜。今でもハッキリ覚えてます(^^)/


2. Posted by るあ 2008年06月08日 18:38
>lunaryuさま
そうですね・・・何か妙にハイテンションである意味恐かったりするんですが、去年のオチまくったRYUに比べたら全然マシだと思えました。
私は何にも頑張ってませんよ・・・ただ自分のエゴを自分勝手にRYUに投げ付けただけです(苦笑)
しかも聞こえる距離で。←
今年は最後まで楽しんで歌って行って欲しいですね☆

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲