こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、ЯK、Tourbillon、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2007年11月18日

HEART OF ROCK...

行って来ました、日本武道館。

本当に、終わってしまいました。
すっかり首だけが痛くて、声も枯れてて。
今も、SIAMを聞いてるけど・・・やっぱり、好きだなぁって心から思える。

もう、今度こそ・・・2度目は、ないかもしれないけど。

それでもやっぱり私は、あの5人の音楽が、あの5人のSIAM SHADEが大好きでした。
・・・ううん、大好き『です』。


―――歌詞を飛ばしまくり、リズムがずれてて、コーラスが主旋律歌ってたり、ベースの音がほとんど聞こえなかったり、ギターがキンキン言ってたり。
上げたらキリがないほど、多分演奏は良くなかった、とシロウト目にも思います。

でも、でも。
それでも、私は。

2007年11月18日という日に、日本武道館にいられて本当に幸せだったと思います。
だから私は、このバンドが好きなんだなって、思えました。

ありがとう。
本当に、ありがとう。

新一さんに、素敵な思いが届いてますように・・・。


私信:
アリーナUブロックのお兄さんたち、本当にありがとう。
上げ底ブーツでアタマ振りまくってた女です。とても楽しかったです。


以下は感想文。レポにはなりえない・・・↓

1曲目はNO CONTROLからでした。
マジでか!とさっそくわめきらしてました。すみません。
考えられない大声で歌っててすみません。
もう何かいろいろすみません。

Imaginationも大好きです。
KAZUMAにーやんの歌が本当に上手くなったなって思いました。本当に。

RAIN。嬉しくてね。『あなたと出会えた喜びは今も感じているよ』って本当に思います。

CAN’T FORGET YOU。ヤバイめっちゃやって欲しかった1曲なので暴れすぎて首が・・・_| ̄|○
しょっぱなからこんなんで大丈夫かいな、と不安になりました。

Why not?・・・来たーKAZUMAキターーー!!!ってもうガン見(笑)
ダンスやってくれて本当嬉しかった。マジで。

LOVESICK。正直、えぇ!?もう??って思ったけど、みんなの歌声が大きくてキレイやった。

Dear...は、これこそまだ早いやろ!って思ったんですよね・・・。
この辺りで、1から順番なことに気付き始めました(遅)
これは、本当にいい曲ですよ。是非いろんな人に聞いて欲しいです。

PASSION。私がSIAMを知った曲。←浅。
嬉しかったです。また聞けるなんて。

曇りのち晴れ。これは散々友とカラオケでハモリまくった曲なので(笑)今日ももちろん栄喜パートで。

大きな木の下で!もうね、ほんっとKAZUMAにーやん歌上手くなった!
ほんとにほんとに。すごく良くなった!いや、ひいきじゃなく(笑)

solmon’s sealはおぉぉキタァ!てなるんですよね・・・DAITAくんのギターで。
しかも淳士のドラムソロでアレ(チャッチャッチャチャチャーってやつ)やってくれて嬉しかったし
なんかKAZUMAが一瞬1人で弾いたのもカッコよかったし
DAITAくんの煽りもちょっとトキメきました(´∀`*)

GET OUTは予想外でびっくりしました。
叫びましたよ、そりゃもう(笑)

NEVER ENDはめっちゃ好きなシングルなので嬉しかった。
んでもって変拍子だからノッてる途中でずれてくるというかわいそうな私←最低。

shout outは友がめっちゃ好きな曲なので、イントロ来た時にびっくりしました!
そして火が!火が!火がぁ!!(笑)
すごい特効でした。本当すごかった。アリーナ最後尾辺りまで熱かったですからね

PRIDEあたりからアタマ振りすぎて脳がシェイキングされすぎて記憶が。。。
周りのお兄さん達めちゃめちゃな人ばっかりで、叫びまくってて楽しかったです。
まぁ私も負けませんけど(笑)

続いてPRAYERだったのは当然そうでないと困る(笑)ってやつ。
でも本当、この曲大好きだなぁ・・・。
『この涙の 数だけいつか 笑えるはずさ』・・・ってね。

そしてGET A LIFEが・・・。
うわぁ・・・ついに来たよコレ。死にそうになりながらヘドバンして拳振り上げました。
死ぬから、マジで。フラフラですよ(笑)

最後、Life
この曲はね、本当にすごくすごく重い曲なんですよ。
今回、追悼ライヴであることも手伝って、本当にずっしりとキましたね。
『みんな、生きて下さい』って言うMCも、泣けました。

MCではあとね、最初のMCで
「SIAM SHADEの栄喜です。
 今日はSIAM SHADEのDAITAも、
 SIAM SHADEの淳士も、
 SIAM SHADEのなっちんも、
 SIAM SHADEのKAZUMAもいるから」
って言われて泣きました。
“SIAM SHADEの”5人がいることが嬉しくて。


アンコール。
「飛び道具を聞いて下さい」というMCから1/3の純情な感情
・・・飛び道具!?
某Rさんの意味不明MCに慣れてる私ですら意味が分かりませんが。
その上この曲は特に噛みまくってましたね・・・。

続いてDreams。前を向いていかないといけない気持ちになります。
この後、「まだまだいけるかー?」とか何とか煽ったのに引っ込んで行ったのが謎過ぎましたが・・・?


Wアンコ。
D.Z.IDon’t Tell Liesという流れは殺されるかと思いました・・・(汗)
無理無理無理無理・・・。
脳震盪起こしそうなりました(爆)
何かもう、申し訳ないけど周りとか構ってられなくて、とにかく『自分が後悔しないこと』だけを目標に精一杯、暴れて来ました。

・・・でも、それで良かったんだと思います。

最初に書いたように、LIVEの完成度としては多分悪い方に入るとシロウトながらに感じました。

2人とも歌詞飛ばしまくりやし。
栄喜はこの5年で高くてきれいな声が出なくなったんじゃないかと思うくらい声が掠れてたし。
DAITAくんは何かちょっと8割くらい?で弾いてる感じがしたし。
NATINの音はほとんど聞こえてなかったし。
リズムと歌とギターがバラバラだったり。
入りが揃わなかったり。
お客さんのノリがどうの、とか。

言い出したらいくらでも、悪いところなんてキリがない。
でも、誰にとっても100%最高、なんてあり得ないことは自分がいちばん良く知ってるから。

私はコレでよかった。
自分が好きな曲をまた聞けて、その曲で暴れられて、叫んで、歌って、ヘドバンして。
そして何より、5人が並んでいる姿が、また見れたから。


最後、5人がドラムの前に並んで座っていた時。
あぁ、これだ・・・って思えました。
「SIAM SHADE大好きー!!」って、気付いたら叫んでました。

5人が手を繋いで、礼をしているのを見て。
今日という1つの夢の終わりを知りました。

―――ありがとう。

サヨナラはまだ早い気がする。
だって、まだまだ生きるんでしょう?みんな。
生きてるなら、また逢えることもあるかもしれないから。


新一さん、ありがとう。
5人の想いが、みんなの想いが、届いてますように。

これからも5人を、見守ってあげて下さいね。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲