こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2007年07月20日

関西シリーズをまとめてみる。

はい。

やっとそんな気分になれたので、簡単にまとめてみたいと思います、怒涛の5日間3本。
何時もよりも更に感想文でしかなく、ホントに感じたことしか書いてませんがそれでも良いと言う方は続きからどうぞ。

なお、

郡山のLIVEが良かったと思ってる方
この5日間こぼし続けた私のエントリを気持ち悪い、または痛いと感じた方

は、お読みにならないで下さい。

・・・いいえ、『読んで欲しくありません』と言わせて頂きます。


では、どうぞ↓


◆12日 大和郡山
とにかく恐かった。以上。
最初のMCの声の低さにホンマに背筋が凍りつきました。
2列目であのRYUを見たのは正直、恐怖以外のなにものでも無かったです・・・出来ることなら二度とあんな体験は勘弁して頂きたい・・・。
無感情に無表情どころかほとんど目の焦点が合ってませんでした。
本編もアンコールもずっと。
なのに最後の曲終わってから1分もしない内にフラっとRYU再登場。
そしていきなりアカペラでLove is...歌いだしてびっくりした。
何なん??どうしたん急に?しかもちゃんと目の焦点合ってるし、つか客席ちゃんと見てるやん!(涙)
その後サポメンさん達を呼んで歌った深愛もマトモな目つきだった。
彼の中で一体何があったのか、全く理解出来ないまま多分ゆぅさんがドン引きするくらい号泣し、終了。。。

◆15日 明石
紆余曲折を経て、訳の分からん開き直りを持ってLIVEに挑むことが出来ました。
でも、11列目とはいえどセンターとか無理・・・しかもやっぱり出っぱなのテンション低いし。あかん・・・郡山よりかはマシとは言え、そんなすぐ立ち直る訳ないか・・・と思ったけど、恋する花びらの時に「クロちゃんです」(ギターのこと)とかくだらんこと言い出したから、ちょっと復帰の兆しが見えた。
それで、いよいよGlassのワンコーラス目ラストあたりでマトモなスイッチが入った様子のRYU。
なのに、何故かギターソロ終わってJE1960歌い出したらまたスイッチ切れてるとか意味不明すぎる。
それで凹んでたのに結局その曲のラストでまたスイッチ入るとかホンマにこの人大丈夫・・・?と真剣うつ病を心配しました。躁鬱の激しさに着いて行けん・・・。
とか思ってたら、MCが、個人的にもう、どっかから一字一句そのままのレポを引っ張って来て私の一生の宝物にしようと本気で思えるようなMCでした。
そっからはスイッチ切れることなく(セトリも元に戻ってた)ちゃんとTOMORROWまで歌いきりました。
しかもRYUがチラチラと笑顔を見せ始めて、またそれが嬉しくて号泣とか・・・アホです。
誰のためでもなく〜とかもう苦しすぎて意識が薄れそうでした(ぇ;←おそらく過呼吸。
アンコールでは、もう僕はの前のMCが「卒業」から「決意」に変わってました。
それからI love youでも笑顔が・・・。
挙句の果てに、飛べない鳥をあんまりにも満足げに歌いやがるモンだから、もう嬉しい反面、何自分だけスッキリしてんねん!とうっかりイラッとするくらいでした(爆)

◆16日 大阪
あのぅ・・・え?別人??(爆)てなりました。
なんか知らんが昨日の続きかのように吹っ切れとる!ばんざーーーーーい!!!(涙)
しかも、Glassではあり得へん声(凄すぎるという意味です)出すし・・・もうホンマ倒れそうでした。名古屋より何倍もカッコ良かった!もうこの際、夏に降る雪終わりで波止場のオッサンみたいにジャケット肩に掛けて退場しても許す!
そしてゆぅさんギターソロも大サービス!背中弾き2回とか!!何回も何回もぎゅいんぎゅいんやってくれるし。
J.E.1960で出てきてもRYUはスイッチ全開らしく楽しそう・・・あぁ本当嬉しい。
ジュリアも笑顔が笑顔がー!かわいいっ!って思ってたらサビのところでいきなりまん前に来た!ぎゃー!思わず「りゅういちーーー!!!」て叫びながら拳を・・・って、拳?
そこで「キャー☆りゅういちーvv」って高い声出して可愛く手を振るくらいの演技(さすがに素では無理)がかませる人間だったら良かったんですが、そこは残念な子なのでどうにも出来ませんでした。
あと、TOMORROWでもゆぅさんは背中弾きをご披露下さいまして・・・あまりにいろいろ嬉しすぎていっぱい過ぎたので、正直もういい、もう終わりでいいと本気で思いました。
もう何かいっぱいいっぱいすぎてしんどかった。
アンコールのI love youでも、RYUが笑顔・・・この人が笑顔で歌ってることがこんなに素敵だなんて大切な事、忘れかけてたのかも・・・。
最後、飛べない鳥も気持ち良さそうで本当良かった。
なのにWアンコで出てきて・・・もうマジで出て来てくれたことに嬉しすぎて号泣。
しかも!タイトルコールした曲が「once again」
はい。もう駄目です、イントロで号泣ですから。
こんなアレンジになったんや・・・私が最後に聞いたのは「封印します」って言ったカウントダウンやから・・・3年半ぶりくらい?
もう、この5日間は、この瞬間の為にあったんじゃないかと本気で思うくらい、真剣に感動しました。


本当に良かったね。
だって、歌えなくていちばん辛いのは、RYU自身だものね。

これからも、あなたが本当に満足できる歌を、あなたのために歌い続けていって下さい。
そして出来るならば、もう少しだけ自分を大切にして下さい。
身を削ってまで歌うくせに、勿体無いことをしないで下さい。

どうしようもなくなった時こそ、何よりも、あなた自身を大事に守ってあげて下さい。
お願い、しときます。



実は、もっと本気の戦いの記録があるのですが、それはみくしぃの方に。
だって叩かれたくないもん。恐いもん。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲