こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、自分のために好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2006年03月17日

ギターソロに3800エン。

と、いうことで本当に行って来ましたThe FLARE。
ガラガラだと踏んでいたので、MUSEがいっぱいで本気でビックリしました(暴言)

で。

ホントにSUGIちゃんだけを眺めて来ました。FLAREファンの方、すいません完全に視界はSUGIちゃんのみでした。重ね重ねすいません
ボーカルの方が、個人的にちょっと合いませんでした。本当に申し訳ありません。

以下、“LUNA SEAのSUGIZO”というイメージにとらわれたまま、前に進めていないダメなSLAVEがうだうだと暗いことを書いています。
The FLAREという個体としてお好きな方は、絶対にお読みにならないようお願いします・・・。
警告致しましたので、読まれて不快になられたりしましても、一切責任は持てません。また、攻撃的なコメントを残されても、荒れ防止策として削除させて頂きます。ご容赦下さい。

それでは、本当に大丈夫と言う方だけ、どうぞ↓

すいません。
ぶっちゃけていいですか?

ボーカルの方、薄っぺら過ぎる・・・(暴言

MUSEなんて、超ちっさいハコです。なのにマイクの音量、超デカいし。それなのに、ホントになんてゆーか・・・迫力?とかがなくてダメでしたただ音がデカイだけっていうか・・・。
声は、何かD=SHADEのHIBIKIくんみたいな感じで大丈夫なタイプなんですが(D=SHADEは結構好きだったし)、やっぱその・・・あの・・・軽いってゆーか・・・薄いってゆーか・・・。

ゴメンなさい

そんなワケでSUGIちゃんしか見てません
でもでも、そんなSUGIちゃんも、出てきた時はすっごいテンション上がった(何しろ約5年ぶり)んですが・・・なんだか途中から1人で凹んできてしまって・・・
何に凹んだかって言うと、SUGIちゃんが、こんな小さなハコで弾いている事にです。
今まで、それなりに小さなハコでRYU、Jくん、ウエ様と見て来たけどこんなのは初めてでした(RYUはグランカフェ、JくんはON AIR、ウエ様はガラガラのBIG CAT)もっと言うと、HIDEKIはバナナホール、KAZUMAなんかON AIR WESTにロケッツですよ?(爆)しかも微妙な客入りやし。

・・・でも、こんな感じは初めてでした。

私の中でSUGIちゃんは、コスしていたこともあってか、いちばん遠くに居て欲しい存在だったのかもしれません。
あの、きらびやかなあのイメージのまま、6年前のまま、時が止まっているようでした。ソロSUGIちゃんにメンエキが無さ過ぎた私は、あんな狭いところで弾いているSUGIちゃん、という事象が受け入れられませんでした・・・。

しかも、曲がだいぶイメージと違って、ちょっとアレだったんで余計にいろいろ考えてしまいました。
SUGIちゃんがSUPER LOVE出した時も動揺しましたが(買いましたが)、それ以上になんてゆーかちょっと待って!みたいな。微妙にラルクっぽく感じました。
途中、みんなが手拍子?してた曲はホントに無理で泣きそうでした
「こんな曲でSUGIちゃんがギター弾いているなんて耐えられない!」と危うく帰りそうになりました(爆)
拳を握って煽っている姿も凹むには十分すぎる出来事でした・・・「SUGIちゃんは、そうじゃないの!」みたいな勝手なイメージが、受け入れることを拒むんですよね・・・

唯一救われたのは、本編ラストの方のSUGIちゃんのギターソロっぽいコーナー
ホント、泣きそうでした。美しくて杉様のギターソロってゆー感じで。動きも、音も、全てが私の中の杉様のまんまだった。
来て良かったと初めて思えた、そんな瞬間でした。
・・・だからココに4800エン中3800エン(爆)

あと、ちょろちょろっとSUGIちゃんがしゃべった時、めっちゃ可愛かったですそうそう、その声久しぶり!みたいな。
他にも、くしゃくしゃの笑顔とか、口唇とがらせてる仕草とか、ギター弾いてる時右手をひらひら優雅に動かすのとか、いきなりポージングするのとか・・・やっぱSUGIちゃんや!って思うところもいっぱいあって。


・・・でも、過去に重ね合わせることしか出来なかった。
   「今」のSUGIちゃんを、感じてあげられなかった。


ごめんねSUGIちゃん。
私は、“LUNA SEAのSUGIZO”っていう虚像にとらわれて、離れられないの。
きっと、SUGIちゃんがいう「もう友達じゃない人」だよね。

許してね。

あなたが、もしまた大きなステージでギターを弾く時が来たら・・・また見に行っても、いい?
それまでは、遠くから、見守らせてね・・・。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲