こちらは主にLUNA SEA、SIAM SHADE、ЯK、Tourbillon、プロ野球、ネイル、ゲーム等を愛する無節操多趣味人間【みさつき るあ】が、好きなものについて好きなように書き連ねている自己満足blogです★
2005年12月30日

Tourbillon Tour2005『HEAVEN』@東京国際フォーラム ホールA

あぁ・・・ついにやって来てしまいました2年ぶりの東京国際フォーラム。
正直、東京は大嫌いです(爆)
でも、今回はいつもなら絶対に東京なんかに来ないであろう友も一緒なので、頑張って行きたいと思います(気持ちだけ

・・・なのに、今日のLIVEはマジでアレな感じでゲンナリ。
そして、今さっき感想書いたのにフリーズしてさらにぐったり。。。
微妙な毒を交えながら、保護者視点でお送りします・・・よろしければドゾ↓

ちなみに今日は洞窟(苦)でした
注:フォーラムは2階席が低く作られているので、その下になる1階席はまさに閉鎖的な洞窟状態になり、音が超こもる(汗)これを洞窟と言ってます。もし今後、一般でチケを買うことがある方には、1階の30列より後ろしかなかった場合、2階席を激しくオススメしますvvv2階はビックリするほど音がイイです☆

1曲目、バラは散る為に。やっぱり洞窟効果満点(泣)で音がこもってます・・・そしてどうやらRYUの声も完治には程遠い様子。不安が過ぎる。
2曲目、Hyper na blue・・・ここであのシャウトが今日は何故か爆裂(笑)IMAGEの頃を髣髴とさせる勢いで何か吐き出しそう(爆)でした。おぉぉぉおっ!と思わず絶叫。カッコいいしかしその声、まだ出るんですかカワムラさん。
続いて、Replica・・・低音が響くぅ〜あぁもう、何で洞窟なんだ(ひつこい)しっかし、TOKIEさんはホントに素敵です。ウッドベース最高

さて、MCを挟んで(内容は忘れた/汗)水と風と君に〜杞憂なんですが、この辺りですでにRYUの声に暗雲が(苦)高音が苦しそう。特に歌い上げ系では。非常に恐い
続いては、。これは大好きなので聞けて嬉しいしかも、今日の席は葉山っちとTOKIEさんがいっぺに視界に収まるベストな角度(笑)2人とも素敵過ぎる・・・特に葉山っちは後半、頭とかぐわんぐわんさせながら(笑)弾いててカッコいい
そして、照明が一旦落ちて・・・ちゃきーん(すいません)っていうSEが・・・!!やったー!かげろうの謳キター!キャー!(≧▽≦)
しかもギターは御大井上様じゃないですか・・・ぶるぶる。あぁ、幸せすぎて身震いが(笑)土屋さんの刺さってくるようなギターも大好きですが、それとはまた違って、やわらかーいタッチでこっちも素敵この曲はギターも大好きなのでホントに嬉しかったです
・・・なのに・・・RYU・・・マジで声が(泣)絶対大丈夫じゃない・・・凹むそのまま続くRhapsodieでもイマイチ声が出てなく、客席に歌わせるシーンも多くなって来た。不安。

そして、MCを挟んで(MCの内容は完全に忘れました)のLost itで、凹みは最高潮に・・・(泣)
だってサビをほとんど歌わないんだもん。よっぽど辛いと見た(苦)この辺りからはもう、RYUが自分が歌えないことに対してかイライラしてるし、その上何とかしようとスタッフに指示しまくりだから全然LIVEに集中出来てない感じだしでもうぐだぐだ i||i_| ̄|○i||i
fightですらテンションだだ低でした
・・・そして唯一美味しかったシーンは特効師つっちーの陰謀により(違)スモークの向こうへ・・・_| ̄|○ あぁその中では一体何が!?あんなことやこんなことが行われていたのではないかと妄想は膨らむばかりです(死にさらせ)
そんな訳なのでもう一度君にも苦しそうで、もうある意味かわいそうでした

正直、もうアンコールしなくていいよ・・・帰って寝ろよ・・・と思っていたのですが、大人の事情もあるんでしょうねぇ再び登場。いきなりHEAVENを演りだした(汗)
この時、実は「1曲で帰るんだ!えらい!今日は仕方ない。」と思ったんですが・・・やっぱ無理なんでしょうねぇ・・・。your placeまで一応やって終了。この曲でやっとRYUの笑顔が見れた感じでした。ウエ様とマイク1本で歌ったしかも今にもちゅーしそうなくらいの至近距離・・・

しかしまぁ、全編通してRYUはアレだし、そんな状態だから井上様のテンションも上がりきらずかあまり美味しいシーンも無く、今日はだいぶ残念な結果に終わりました
「よく頑張ったね、えらかったね」と言ってあげたい気もするけど・・・でもそこはやっぱスケジュールミスとしか思えないので・・・。(以下超個人的な見解です。隠し処理。)
河村ソロなら、自分の好きな音域、メロディーだし、周りの演奏も「RYUの歌のため」のバックミュージックの域を越えない程度。それでLIVEを重ねるのと、Tourbillonのように周りもガッチャガチャ(言葉悪くてスイマセン)、歌と演奏がイコールの世界でLIVEを重ねるのでは、やっぱり気付かないうちに負担がどんどん大きくなっていたんじゃないのかなと思いました。
ホントに言い方悪いですが、RYU自身、久々のこういう世界のLIVEを「なめてた」んじゃないかと・・・。
来年以降は、LUNAの時のように、もっと余裕を持った日程で臨んで欲しいなと思います。


とりあえずは、目の前の難関。
明日のLIVEは頑張れRYU!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Back to Blog Top
Page top ▲